2014年02月09日

Thunderbird+Lightningを使ってみる

サイボウズLiveのカレンダーを使っているのですが、外部連携ができずに、ネットワークが切れるとPCで確認できずに不便に感じています。
外部連携ができるものとしては有名どころではGoogleカレンダーですが、オープンソースのサーバー側カレンダーアプリもいろいろとあるようです。
https://www.moongift.jp/tag/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

今回、まずは、クライアントPC側のDebian wheezyにてThunderbird+Lightningを試してみました。
Debianでは、商標の関係から"Thunderbird"は"Icedove"、"Lightning"は"Iceowl"という名前になります。

■インストール
Icedoveはインストールされていたので、DebianパッケージのIceowlをインストールしました。
$ sudo aptitude install iceowl-extension 
以下の新規パッケージがインストールされます:
calendar-google-provider{a} calendar-timezones{a} iceowl-extension

■Icedoveの起動時にアカウント作成画面を表示させない
以下を参考に、Icedoveをオフラインにしてアカウント作成ウィザードでダミーアカウントを作成しました。
* Thunderbirdをメール・クライアントではなくカレンダーとして使用する設定例
オフラインにすることがポイントでした。

■休日カレンダーの追加
Firefoxヘルプ「休日カレンダーを追加する」を参考に以下の手順で追加しました。
1. Icedoveを起動し、「Calendar」タブを選択する
2. 左側にある「Calendar List」で右クリックして、「New Calendar」を選択する
Calendar
3. 「Create a new calendar」ウィザードで、「On the Network」を選択して、次へをクリックする
4. フォーマットで「iCalendar (ICS) 」を選択して、以下を入力
http://www.mozilla.org/projects/calendar/caldata/JapanHolidays.ics
Calendar
5. 色はピンクなど適当選んで進む

■カレンダー部分のフォントサイズを変更する
カレンダーを月表示で使いたいのですが、元のフォントサイズではどんな用事なのかわからないので、フォントサイズを小さくしました。

以下を参考に、「スタイリッシュ」(Stylish)拡張機能や「設定エディタ」を試してみましたがうまく設定できず、最終的にはuserChrome.cssに記述することで出来ました。
* サンダーバード(Thunderbird)のみためをカスタマイズ!
* Here and There Blog 「Thunderbirdでの表示フォントの統一」

■Stylish
最新版を入れたのですが、Icedoveのバージョンが古いせいなのかうまく動作しませんでした。
userchrome.cssを再起動せずに反映・管理 「Stylish」と比較すると、「新しいスタイル」ダイアログで文字が入力できませんでした。
StylishのDebianパッケージとしてはsidとjessieにしかないようです。
http://packages.debian.org/ja/sid/xul-ext-stylish

■Icedoveの設定エディタ
設定エディタでcalendarでフィルタしてみても設定できそうなところはなく、font.size.fixed.-- を10に揃えてみても効果はありませんでした。
設定エディタの起動方法
1. メニューから[編集]-[設定]を選択する
2. 「詳細」の「一般」タブを選択して、高度な設定の「詳細エディタ」ボタンをクリックする


■userChrome.cssを変更してフォントサイズを変更する
以下を参考に
* Lightning Todo詳細表示部分のフォント変更
* How to fix short event rendering in thunderbird lightning

以下をしらべて設定しました。
/usr/lib/icedove/extensions/{e2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103}/chrome/calendar/skin/calendar/common/calendar-views.css

プロファイルディレクトリの直下に、chromeディレクトリを作成して、そこにuserChrome.cssを作成します。
$ mv/home/ユーザー名/.icedove/文字列.default/
$ mkdir -m 755 chrome
$ vi userChrome.css
現在のuserChrome.cssの設定
namespace url(http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul);
#calendar-task-details-description {
font-family: sans-serif !important;
font-size: 14px !important;
}
.calendar-event-box-container {
margin: 0px !important;
}

calendar-month-day-box {
padding: 0px !important;
margin: 0px !important;
font-size: 13px !important;
}

.calendar-month-day-box-item-label {
padding: 2px !important;
# margin: 0px !important;
font-size: 11px !important;
# font-color: #333333 !important;
}
設定前
Icedove
設定後
Icedove

■DOM Inspector で要素を調べる
userChrome.cssを設定する際に要素の名前がわからなかったので、格調機能のDOM Inspectorをインストールして調べました。
肝心の月表示のカレンダー部分がうまく選べずに今回は役立てることができませんでした。
イベント追加ダイアログのところは、chrome://calendar/content/calendar-event-dialog.xulだとわかったのですが、以下の一覧をみてxulファイルをいろいろと入れてみましたが、分かりませんでした。
http://packages.debian.org/wheezy/i386/iceowl-extension/filelist

■iceowl-extensionの日本語化
debianではsidとexperimentalにパッケージがあるようです。英語でもそれほど困っていないのと、sidのパッケージを混ぜた場合にどうなるかわかっていませんので、今回は入れませんでした。
http://packages.debian.org/sid/iceowl-l10n-ja

■メニューを非表示に
メニューから[表示]-[ツールバー]-[メニューバー]のチェックを外して非表示にしています。
表示させるにはメニューボタンをクリックして[設定]-[メニューバー]にチェックを入れます
ラベル:Lightning
posted by 端っこなひと at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

Debian wheezyでUSBメモリをフォーマットする

Debian wheezyで古いUSBメモリをフォーマットしようとして少し手間取ったのでメモしておきます。

■fdiskでみてみる
USBメモリを刺すと自動で認識されました。
mountコマンドでみるとUSBメモリは/dev/sdbのようでしたので、fdiskで見てみます。
$ sudo fdisk -l /dev/sdb
Disk /dev/sdb: 262 MB, 262144000 bytes
9 heads, 56 sectors/track, 1015 cylinders, total 512000 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x6f20736b

This doesn't look like a partition table
Probably you selected the wrong device.

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 ? 778135908 1919645538 570754815+ 72 Unknown
/dev/sdb2 ? 168689522 2104717761 968014120 65 Novell Netware 386
/dev/sdb3 ? 1869881465 3805909656 968014096 79 Unknown
/dev/sdb4 ? 2885681152 2885736650 27749+ d Unknown

Partition table entries are not in disk order

■Gnomeの「ディスク・ユーティリティ」
最初からインストールされていたディスク・ユーティリティを試してみました。
「アプリケーション」-「アクセサリ」-「ディスク・ユーティリティ」を選んで起動。
「ドライブをフォーマット」と「パーティションをフォーマット」の2つがあり、「ボリュームをアンマウント」してから「パーティションをフォーマット」しました。
FATを選んでフォーマットしたら16bitのFATになったようです。
32bitのFATにする方法がわからず、あきらめてgpartedを入れてみます。

■gparted
$ sudo aptitude install gparted 

1. 「gparted-pkexec」と入力して起動
2. /dev/sdbを選ぶと、未割り当てになっていたので、右クリックして「NEW」を選択
3. 「FAT32」を選択して「追加」をクリック
4. チェックボタンをクリックして適用
これでFAT32でフォーマットできました。

2014-02-08_gparted

2014-02-08_gparted

$ sudo fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 262 MB, 262144000 bytes
222 heads, 62 sectors/track, 37 cylinders, total 512000 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000286d4

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 2048 511999 254976 b W95 FAT32
posted by 端っこなひと at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sylpheedの本文以外のフォントサイズを変更する

先日、SylpheedからフォークしたClaw mailを入れてみたときに、サマリービューやフォントビューのフォントサイズが小さくて一覧性が高いと感じましたので、Sylpheedでも真似をしたいと思いました。

Claw mailでは設定画面から変更できるのですが、Sylpheedでは設定ファイルに記述するようです。
Operation Normal ?「Sylpheed 3.0.x でメニュー等のフォントを変更する」や、BBSを参考に以下のようにすると、フォントサイズを変更できました。
$ mv cd /home/ユーザー名/.sylpheed-2.0
$ vi gtkrc
style "user-font"
{
font_name="IPA UIゴシック 10"
}
widget_class "*" style "user-font"


ちなみに、本文(メッセージビュー)のフォントやフォントサイズは設定画面から変更できます。
1. メニューから[設定]-[全般の設定]を選択する
2. [表示]タブの[一般]タブを選択する
3. 「テキストフォント」のところをクリックしてフォントやフォントサイズを変更する
ラベル:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

Debian wheezyでClaws Mailを利用してみる

Debian wheezyでメーラーにはSylpheedを使っていますが、そのSylpheedからフォークしたClaws Mailをインストールしてみました。
$ sudo aptitude install claws-mail

パッと見たところほとんど同じですが、UIに関しては、Claws Mailの方がメニュー部分の文字が小さめだったり、検索バーの配置が邪魔になりにくくてよさそうに感じました。

ただ、PlalaのIMAPサーバー接続しようとすると、「未知のSSL証明書」と警告されます。
「Cybertrust Japan Public CA G3」が署名しているようですが、なぜSylpeedと動作が異なるのかが理解できていません。
Sylpeedでは「ca-certificates」パッケージを利用するようで、以下のインストールされていますが、Claws Mailでは利用していないのかもしれません。
$ aptitude show ca-certificates
パッケージ: ca-certificates
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: はい
...

posted by 端っこなひと at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

SylpheedでのぷららのIMAPの設定

SylpheedでぷららのIMAPの設定をしたときのメモです。
得に面倒な設定は不要なのですが、最初にパスワードをうちまちがえたようで、少しはまりました。

ぷららのメール設定・マニュアルのIMAPのページ
を見ながら設定しました。

1. メニューから[設定]-[新規アカウントの作成]を選択する
2. 「新規アカウントの作成」ダイアログが開いたら、「IMAP4」を選択して「進む」をクリック
3. 「表示名」と「電子メールアドレス」を入力して「進む」をクリック
4. 「ユーザID」にID(plalaのメールアドレス)
「IMAP4サーバ」に「imap.plala.or.jp」を入力して「SSLを使用」にチェックして「進む」をクリック
「SMTPサーバ」に「secure.plala.or.jp」と入力して「SMTP認証を使用」と「SSLを使用」にチェックして「進む」をクリック
パスワードが求められるので入力すると、imapサーバへ接続して、ディレクトリのツリーが表示される

最初にパスワードを間違えた場合に後で修正してもツリーが表示されませんでした。
ステータスバーのアイコンをクリックして、オフライン->オンラインにしたあと、左側のツリーペインで設定したアカウントを右クリックして、「フォルダツリーの再構築」を選ぶとディレクトリツリーが出てきました。
ラベル:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

DebianへのLibreOfficeのインストール

以前にもDebianへ(TDF版)LibreOfficeのリリース候補並行でインストールしていましたが、今回は4.1.1をインストールしました。

1.ダウンロードページから3つのパッケージをダウンロード
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb.tar.gz
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_langpack_ja.tar.gz
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_helppack_ja.tar.gz

2. パッケージを解凍
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb.tar.gz 
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_langpack_ja.tar.gz
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_helppack_ja.tar.gz

3. ディレクトリへ移動してインストール
$ cd LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb/DEBS/
$ sudo dpkg -i *.deb

/opt/libreoffice4.1/以下にあった4.1.0を置き換える形でインストールされました。

4. 言語パック、ヘルプもインストール
$ sudo dpkg -i LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb_langpack_ja/DEBS/lib*.deb
$ sudo dpkg -i LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb_helppack_ja/DEBS/libobasis4.1-ja-help_4.1.1.2-2_i386.deb

5.設定ファイルを4.1系と4.0系で分ける
$ sudo chmod +w /opt/libreoffice4.1/program/bootstraprc
$ sudo vi /opt/libreoffice4.1/program/bootstraprc
UserInstallation=$SYSUSERCONFIG/libreoffice/4

UserInstallation=$SYSUSERCONFIG/libreoffice/4.1

最初、UserInstallation=$ORIGIN/..
としてrootでLibreOfficeを起動してみると、上位のディレクトリ/opt/libreoffice4.1/でroot以外の実効権限が落とされたのでやめました。
一般ユーザでLibreOffice4.1.1を起動すると、/home/ユーザ名/.config/libreoffice/以下に4.1ディレクトリと設定用ファイルが生成されています。
メニューから[ツール]-[プロパティ]で名前を入れてみると、以下のファイルに書き込まれていました。
/home/ユーザ名/.config/libreoffice/4.1/user/registrymodifications.xcu 
ラベル:LibreOffice
posted by 端っこなひと at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

iceweaselについてのapt-lineの変更

Debian WheezyがStableになって「Debian testing(Wheezy)にiceweaselのBeta版をインストール」の設定が古くなっていました。
aptitudeで以下のようなメッセージが出ているのを放置していたのですが、修正しました。
94% [Working]W: http://mozilla.debian.net/dists/experimental/Release を取得できませんでした: 期待されるエントリ 'iceweasel-beta/binary-i386/Packages' が Release ファイル内に見つかりません (誤った sources.list エントリか、壊れたファイル)

1. Debian Mozilla teamにアクセスして以下を選択する
stable(Wheezy),iceweasel,release
You need to add the following entry in /etc/apt/sources.list or a new file in /etc/apt/sources.list.d/:

deb http://mozilla.debian.net/ wheezy-backports iceweasel-release

You can install it with the following commands:

$ apt-get update
$ apt-get install -t wheezy-backports iceweasel

2. /etc/apt/sources.listを上記のとおりに変更
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
deb http://mozilla.debian.net/ experimental iceweasel-beta

deb http://mozilla.debian.net/ wheezy-backports iceweasel-release

3. アップデート
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade
依存関係を解決中...
以下の新規パッケージがインストールされます:
libmozjs23d{a} xulrunner-23.0{a}
以下のパッケージが更新されます:
iceweasel iceweasel-l10n-ja libnspr4 libnspr4-0d libnss3 libnss3-1d
libsqlite3-0
更新: 7 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
22.7 M バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 46.6 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?]


ラベル:iceweasel
posted by 端っこなひと at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

DebianへLibreOfficeの2つのバージョンをインストール

DebianにTDFの公式debパッケージをインストールしました。
衝突しないかと思いましたが、
安定版の4.0.4と、4.1.0RC版をそれぞれdpkg -i *.debでインストールすると
/opt以下にそれぞれインストールされました。

パスが通っているところに、シンボリックリンクを作成
$ sudo ln -s /opt/libreoffice4.1/program/soffice /usr/local/bin/libo41

ターミナルかAlt+F2"から、"libo41"と打って呼び出します。
なお、設定ファイルを共有しているためか、そのままでは4.0.4と4.1RCは同時に起動はできないようです。

(6/24追記)
並行インストール方法については、TDFのWikiに説明がありました。
https://wiki.documentfoundation.org/Installing_in_parallel
posted by 端っこなひと at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

Anthyの学習データのクリア

Debian wheezy の Anthy で変換ミスなどが学習されて使いにくいので一度クリアしました。
~/.anthy 以下の2つのファイルを削除
last-record1_default.utf8
last-record2_default.utf8
Anthyで変換すると、last-record2_default.utf8 が生成されました。


また、単語登録するため、 uim-dict-gtk3パッケージをインストールしました。
$ sudo aptitude install uim-dict-gtk3

以前インポートしたファイルは、 imported_words_default.d/dic.t にあり
uim-dict-gtk3で登録すると private_words_default に追記されました。
ラベル:Anthy
posted by 端っこなひと at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

デスクトップパソコンの電源が一時起動せず

以前にもあったのですが、デスクトップマシンの電源がまったく入らない状態になりました。CPUファンすらまわらない状態だったので、電源かマザーボードの故障も頭をよぎりました。
電源ケーブルの抜き差しをしてチェックしても効果はなかったのですが、

パソコントラブルと自己解決「電源が入らない」
電源ケーブルが抜かれた状態で、電源ボタンを何度か押してから、ケーブルを挿し直してみてください。
に従ってやってみたところ、無事起動しました。
posted by 端っこなひと at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする