2015年05月19日

VirtualBoxでVMWareイメージを使う

数年前に利用していたVWMVare Player(Serverだったかも)のイメージをVirtualBoxで起動してみたときのメモです。
VirtualBoxで新しい仮想マシンを作って、VMDKファイルを割り当てることで利用できました。

1.VirtualBoxにて、「新規ボタン」をクリック
 メモリはVMWareで設定していた容量に合わせる(.vmxファイルに書いてある)
 「仮想ハードドライブを追加しない」にして作成する

2.ストレージの設定
 「ストレージ」タブで、コントローラーIDEを右クリックして「ハードディスクを追加」を選択する
 「既存のディスクを選択」->vmdkファイルを選ぶ
Webで調べている際にSCSIディスクを選ぶという説明をみかけましたが、IDEを選択しないとダメでした

3. その他の設定
 「システム」タブの「拡張機能」でI/O APICを有効化にチェック
  これがないと起動してこなかったです

なお、VMDKファイルを他にコピーして試した際には、ハードディスクを追加しようとすると「UUDI already exists」となって追加できませんでした。UUIDを変更すればいけるのかもしれませんが、元ファイルでうまくいったために試していません。

参考:VMware Player to VirtualBox for Windows7 移行メモ

posted by 端っこなひと at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

Becky!からSylpheedへのメールボックス形式の変更

Windows XPからDebian wheezyに移行した際に、メールクライアントをBecky!とSylpheedの併用から、Sylpheed単独へ移行した際のメモです。

利用しているプロバイダ(ぷらら)のメールアドレスではIMAPが提供されており、メインを除いてIMAPに移行しました。メールクライアントでIMAPサーバーに接続して、POPしたメールをサーバー側へコピーしました。コピーにはそれなりに時間がかかりますので、あらかじめ不要なメールはフォルダごと削除して減らしておきました。

メインのアドレスだけは既存のメール数やフォルダ数が多いため、POPのまま利用することにしました。この際、Becky!のメールをSylpheedのメールボックス形式(MH)に変換する必要があります。

以下のような流れで作業しました。
1. Becky!からmbox形式でエクスポートする
 (直接MH形式にエクスポートできないため)
2. エクスポートしたmbox形式のファイルをLinuxにコピーする
3. mewに付属しているincmコマンドでMH形式にする
 (Sylpheedで1つずつインポートするには数が多いため)
4. Sylpheedでメールボックスの設定場所を指定する

細かい手順は以下です。

1. Becky!のインストールされているWindowsにCircleBeckyプラグインをインストールする
 (Beckyのエクスポート機能ではフォルダ単位でしかできず、
 このプラグインで全部を再帰的にエクスポートするため)

2. Becky!を起動し、メニューから [ツール] - [プラグインの設定] - [CircleBecky Plug-In] を選択して、エクスポート形式のところでmbox形式を選択する
 (返信アドレスの調整についても念のためはずしておく)

3. Becky!のメニューから[ファイル] - [フォルダ] - [拡張エクスポート] を選択して、保存するフォルダを選択する
 これでmbox形式でメールボックス全体がエクスポートできました。
パーミッションで少しハマりました
現象:手順2でmbox形式に設定しても反映されなかった。
原因:Admin権限でCircleBeckyをbeckyのプラグインフォルダへインストールしたが、そこは一般ユーザ権限では書き込みできないため。
対応:一般ユーザに書き込み権限を付与した

4. エクスポートしたmbox形式のファイルをWindowsからLinux(Debian)にコピーする

5. Debianで、mewに付属しているincmをインストールする
https://packages.debian.org/wheezy/mew-bin
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude install mew

6. incmコマンドを使った以下のシェルスクリプトを実行する
$ cp -r 受信箱/ ~/work/
$ cd ~/work/
$ ./cv.sh 受信箱/ hoge/
送信箱も同様に作業した。
以下はcv.shの中身(ここのシェルスクリプトを利用させていただき、一部修正しました)
#!/bin/sh

mboxDir="$1" mhDir="$2"

if [ -d "$mhDir" ]; then
mv "$mhDir" "$mhDir"-back
fi
logFile="$PWD/log.txt"
if [ -f "$logFile" ]; then
rm -f "$logFile"
fi
touch "$logFile"
mailList="./mailLIst.txt"
if [ -f "$mailList" ]; then
rm -f "$mailList"
fi
find ./"$mboxDir" -type f > "$mailList"
dirList="./dirList.txt"
if [ -f "$dirList" ]; then
rm -f "$dirList"
fi
#sed s/.mbox//g "$mailList" > "$dirList"
sed s/'\/[^/]*.mbox$'//g "$mailList" > "$dirList"
for i in `cat "$mailList"`;
do
echo "$i" >> "$logFile"
exportDir="$mhDir"/"`echo $i | sed s/'\/[^/]*.mbox$'//g`"
if [ ! -d "$exportDir" ]; then
echo "create directory: $exportDir" >> "$logFile"
mkdir -p "$exportDir"
fi
# echo "$exportDir"
# echo "$i"
incm -b -d "$i" -i "$exportDir" | tail -n 10 >> "$logFile"
ls "$exportDir" | wc -l >> "$logFile"
echo >> "$logFile"
done

7. MH形式のファイルをメールボックスを置きたい場所へ移動
$ cp ~/work/hoge/受信箱/* ~/Mail/inbox

8. Sylpheedを起動して、メールボックスの場所を指定する
 メニューから[ファイル]-[メールボックス]-[メールボックスを追加する]を選択し、場所で「/home/ユーザー名/Mail」を選択する(~/Mail/以下に置いたため)

参考にしたページ
* 「BeckyのメールデータをWanderlustへ移行させる」
* Japanese workaholic!! 「ThunderbirdからWalnderlustに移行する その1」
* yzero.org 「becky から thunderbird」
* Sylpheedマニュアル 「他メールソフトからSylpheedへの移行」
タグ:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

Sylpheedの本文以外のフォントサイズを変更する

先日、SylpheedからフォークしたClaw mailを入れてみたときに、サマリービューやフォントビューのフォントサイズが小さくて一覧性が高いと感じましたので、Sylpheedでも真似をしたいと思いました。

Claw mailでは設定画面から変更できるのですが、Sylpheedでは設定ファイルに記述するようです。
Operation Normal ?「Sylpheed 3.0.x でメニュー等のフォントを変更する」や、BBSを参考に以下のようにすると、フォントサイズを変更できました。
$ mv cd /home/ユーザー名/.sylpheed-2.0
$ vi gtkrc
style "user-font"
{
font_name="IPA UIゴシック 10"
}
widget_class "*" style "user-font"


ちなみに、本文(メッセージビュー)のフォントやフォントサイズは設定画面から変更できます。
1. メニューから[設定]-[全般の設定]を選択する
2. [表示]タブの[一般]タブを選択する
3. 「テキストフォント」のところをクリックしてフォントやフォントサイズを変更する
タグ:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

SylpheedでのぷららのIMAPの設定

SylpheedでぷららのIMAPの設定をしたときのメモです。
得に面倒な設定は不要なのですが、最初にパスワードをうちまちがえたようで、少しはまりました。

ぷららのメール設定・マニュアルのIMAPのページ
を見ながら設定しました。

1. メニューから[設定]-[新規アカウントの作成]を選択する
2. 「新規アカウントの作成」ダイアログが開いたら、「IMAP4」を選択して「進む」をクリック
3. 「表示名」と「電子メールアドレス」を入力して「進む」をクリック
4. 「ユーザID」にID(plalaのメールアドレス)
「IMAP4サーバ」に「imap.plala.or.jp」を入力して「SSLを使用」にチェックして「進む」をクリック
「SMTPサーバ」に「secure.plala.or.jp」と入力して「SMTP認証を使用」と「SSLを使用」にチェックして「進む」をクリック
パスワードが求められるので入力すると、imapサーバへ接続して、ディレクトリのツリーが表示される

最初にパスワードを間違えた場合に後で修正してもツリーが表示されませんでした。
ステータスバーのアイコンをクリックして、オフライン->オンラインにしたあと、左側のツリーペインで設定したアカウントを右クリックして、「フォルダツリーの再構築」を選ぶとディレクトリツリーが出てきました。
タグ:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

Adobe Rederで印刷しようとするとファイルに保存する

Adobe Readerで印刷しようとしたときに、prnファイルとして保存してしまった。
以前に設定を変更したのか、アップデートで仕様が変わったのかと思って検索したら、Yahoo知恵袋の質問でも設定だよという話がみつかった。

最近UIが変わって戸惑ったが、以下の操作で印刷する設定に変更した。
1.印刷ダイアログで、「詳細設定」ボタンを押す
2.詳細設定ダイアログが表示されるので、「ファイルに出力」のチェックを外す
posted by 端っこなひと at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

Cygwin上でrsyncを試してみた

Windowsから外付けHDDへの同期をどうするか考えていたが、Cygwin+rsyncを試してみたのでメモ。

以前Cygwinをインストールしていたので、setup.exeを実行してrsyncをインストール。
 Net -> rsync

●rsyncの使い方を復習
 以前のメモ
 ITmedia「はじめてrsyncを使う方が知っておきたい6つのルール 」

 rsync [オプション] コピー元 コピー先
 同期したい:「--delete」オプション
 転送内容の確認を行う:「--dry-run」オプション

 例:hogeフォルダから、Gドライブのtest-dirへ
 $ rsync.exe -av hoge/ /cygdrive/g/test-dir/

まずデータを上のようにコピーして、ファイルを削除して「--delete」で同期先も削除されることを確認した。
posted by 端っこなひと at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

CVSでファイルを以前のバージョンに戻す

先日、CVSでファイルを以前のバージョンに戻したのでやり方をメモ。

参考
 こうしたい時はこのCVSコマンド「恒久的に古いファイルを復活させる方法」
 バージョン管理システム CVS を使う「特定のファイルを前のバージョンに戻す」
 入門 CVS Q&Aページ

$ cvs log ファイル名
$ cvs update -p -r 戻すリビジョン ファイル名 > ファイル名
$ cvs update
$ cvs commit -m "back to リビジョン番号"

posted by 端っこなひと at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

OpnSSHの鍵をPoderosa用に変換する

Debian lennyでOpenSSHの鍵を生成し、Poderosaで使ってみたのでメモ。

以前はPoderosaで作成した鍵をPuTTYのputtygenを使ってOpenSSH用に変換したことがあったけど、逆もできた。

jordan_beth の日記「OpenSSH と Poderosa でハマル」
eto.com/d「Poderosa」
などを参考にする。

●PuTTYで秘密鍵を変換
1、PuTTYのサイトから「puttygen.exe」のみをダウンロード

2、「puttygen.exe」をダブルクリックで起動して
   [Conversions]→[Import key] でOpenSSHで作成した秘密鍵をインポート

puttygen01.PNG

3、[Conversions]→[Export ssh.com key] で秘密鍵をエクスポート
posted by 端っこなひと at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

フレッツ光プレミアムのセキュリティ対策ツールのエラー

フレッツ光プレミアムについているセキュリティ対策ツールVer.16で、パーソナルファイアウォールの設定を行おうとするとエラーになった。
OSはWindows XP Pro。

1、一般ユーザで、セキュリティ対策ツールを起動
2、「不正侵入対策/ネットワーク管理」をクリック
3、「パーソナルファイアウォール」の「設定」をクリック
  現在のプロファイル:家庭内ネットワーク1
  セキュリティレベル:中
4、セキュリティレベルの「詳細設定」をクリック
5、例外ルール(プログラム)タブ、もしくは例外ルール(プロコトル)タブをクリックすると、以下のエラーメッセージがでてセキュリティ対策ツールがフリーズしてしまう。

「設定の読込に失敗しました。コンピュータを再起動して再度実行してください。」
「エラーにより実行中のタスクが中断されました。プログラムを再起動してから再度実行してください。」

Windowsのタスクマネージャで終了させるしかなかった。
posted by 端っこなひと at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

Ploneでのフッタの修正

Ploneのフッタでコピーライトの年を修正したときに場所を忘れていたのでメモしておく。

Zopeの以下を修正
/portal_skins/custom/footer
posted by 端っこなひと at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

Debian EtchにてOpenOffice.org3.0上で日本語入力しようとするとフリーズする

Debian GNU/Linux の Etch にて、本家のビルドの OpenOffice.org3.0 で日本語入力しようとするとフリーズする。
隣に座っている人のEtchのマシンで、SCIM+Anthyの日本語入力をオンにしたとたんにOpenOffice.orgがフリーズしていた。

そんなあほなと思いつつググッたら他にも発生しているらしい。
J備忘録「OpenOffice.org3.0.0のフリーズを回避」
ここに書かれているように、/opt/openoffice.org3/program/sofficeの92行目をコメントアウトをはずすとフリーズしなくなった。

元ネタはユーザー会のQ&Aサイトとのこと。
posted by 端っこなひと at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

Inkscapeで矩形の角の角度を変更する

Inkscapeの矩形の角の角度を変更する方法を忘れていたのでメモ。

水平半径、垂直半径を変更すれば角の丸みを変えられる。
スクリーンショットに赤で囲みを入れるときに丸みをいれていたのだけど、直角にする方法がとっさに思い出せなかった。
posted by 端っこなひと at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

Sylpheedのメールボックスの移動

WindowsXP同士で、ほかのマシンからSylpheedのメールボックスを持ってきて設定したのでメモ。

1、設定データを移行
  C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Sylpheed
  以下をコピー
2、メールデータを移動
  データフォルダを移動して、1の設定データの中のfolderlist.xml を書き換え
  <folder type="mh" name="Mail" path=""> の部分

  ※参考:
   bonbonniere「メールボックスの場所を変更した(Sylpheed)」
posted by 端っこなひと at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

WordPressのインストールメモ

Debian etchに WordPress をインストールしてみたのでメモ

以下を参考
/usr/share/doc/wordpress/README.Debian
ebi's webpage「Debian etchへのwordpressの導入」
metalglue「wordpress の設定」

●インストール
$ sudo aptitude install wordpress
$ sudo aptitude mysql-server

当初、wordpressだけいれたらmysql-serverが入っていなかった。

●wp-config.phpの編集
$ cd /etc/wordpress/
$ sudo cp wp-config.php wp-config.php.dist
$ sudo vi wp-config.php
----
require_once('/etc/wordpress/config-'.strtolower($_SERVER['HTTP_HOST']).'.php');

require_once('/etc/wordpress/config-localhost.php');
----
●スクリプトでDBを生成
$ cd /usr/share/doc/wordpress/examples/
$ sudo ./setup-mysql -n wordpress localhost
→/etc/wordpress/config-localhost.php とDBが生成される

●リンク作成
$ sudo ln -s /usr/share/wordpress /var/www/wordpress

●ブラウザでアクセス
 install.phpの設定画面へすすむ


---
うまくいかず、DBをけすときにpurgeだけではだめだった
aptitude purge mysql-server
/var/lib/mysql以下を削除
aptitude install mysql-server

●なぜか管理画面が英語
 まあ、とりあえず使う分には問題ないけど





posted by 端っこなひと at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

qwikの設定メモ

qwikのMLの設定を忘れないようにメモ

QuickMLの使い方
qwikWeb設定項目詳細
QuickML
kuni92の日記「qwik覚書」

●MLの作成
 作りたいml名@qwikサーバのドメイン名

●メンバーの追加(2つの方法)
 CCに新メンバーのアドレスを書く
 「編集」→「グループメンバー」から追加

●MLの自動消滅設定をやめる
 「編集」→「メーリングリスト設定」
 permanent:trueに変更
 ORCA−BOX−ENV「qwik設定」

posted by 端っこなひと at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

フレッツ光のセキュリティ対策ツールのインストール

レッツノートのXPに入れていたウイルスバスター2008のライセンスが1月末に切れた。
2月の8日くらいまでは使えたが、その後期限切れで使えなくなったので、迷った末に、ライセンスがあまっていたフレッツ光プレミアムのセキュリティ対策ツールをインストールした。

1、トラブルに備えてAcronis True ImageでCドライブをバックアップ。

2、ウイルスバスター2008をアンインストール。

3、NTT西日本のサイトからスタートアップツールをダウンロード
  光プレミアムのVer.15(InstTool5.04_EX.exe)

4、スタートアップツールのインストール
 IPv6がインストールされていません。
 IPv6をインストールする必要があります。インストールしますか?

 (IPv6 Helper Serviceを無効に設定します。IPv6 Helper Serviceを無効にしても、通常のインターネット利用や、NTT西日本が提供する各種アプリケーションの利用については本機能を利用しないため、影響はありません。)

 ということでIPv6がインストールされてしまった。

 インターネット接続(ISP接続)設定
 →設定せずに次へ
 ◆手順2:コミュニケーションツール(テレビ電話ツール)のインストール
  →インストールせずに、次へ
 ◆手順3:
  1、セキュリティ対策ツールのインストール
    シリアル番号の入力
    NTT西日本よりお知らせした<お申し込み内容のご案内>に記載されています。
    Windowsパーソナルファイアウォールを無効にされる
    →インストール後に有効にしておく
  2、セキュリティ対策ツールのオンラインユーザ登録
    WiresharkでみていたらIPv6でHTTPS通信している模様

●通信が出来ない
 tratermなどで通信できない。
 またpingもできない。
 →パーソナルファイアウォールの問題だった。
 下記の問題で、一般ユーザでは許可するかのポップアップが出てこなかったのではまった。Administrator権限だとポップアップで聞いてくる。

●一般ユーザ(Users)でログインすると、セキュリティツールが起動してこない
 正確には右下にアイコンが出てこない点と、起動するとシリアル番号の登録を求められる。
 ただし、タスクマネージャでみるとPcCtlCom.exeやPcScnSrv.exeのプロセスは動いている模様。
 サポートページにはguestアカウントではサポートされていないのでUsers以上でと書いてある。

 おかしいな?と思って「NTT西日本セキュリティサポートセンタ」に電話してみる
 ウイルスバスター2008が過去にインストールされているとこの症状が起こるらしい。
 セキュリティ対策ツールを起動しようとするとシリアル番号の登録を求めてくる画面が表示される。
 修正モジュールを当てると解決した。

 ちなみにどこを修正しているのか聞いたがいまいちよくわからなかった。
 32bit guid にウイルスバスター2008が登録していると、対策ツールが30bit の方に登録してしまうらしい。それで問題が起こるとか
 →それってどこ?
 C:\Program Files\NTTW\Security_Ver15\PcCtlCom.exe
 が変更されるとか。

●ついでにいろいろ聞いてみた
 かなりうるさいやつだと思われたはず(笑
 ◆セキュリティ対策ツール15はウイルスバスターの2007に相当?
  →はい
 ◆ウイルスバスター2008相当にアップデートされるのはいつごろ?
  →未定
 ◆セキュリティ対策ツール15とウイルスバスター2007の違いは?
  →v6を通さないとアップデートできない
  →メール検索のツールバーが違う
 ◆IPv6にしている理由は?ウイルスバスターをお金をかけてカスタマイズする意味は?
  これは聞きにいっていた
  →v6網のほうにサーバがあるため
 ◆ノートPCにインストールしたがフレッツ光プレミアム以外の回線につなぐのは規約違反なのか?(IPv6にした本当の理由はよその回線で使わせないためだと推測したため質問)
  →違うはず
  →ただしアップデートできない

●さらについでに
 C:\Program Files\NTTW\Security_Ver15\pccmain.exe
 管理画面が一般ユーザで出てこないならセキュリティタブをいじればいいと思ってみたら、セキュリティタブがなかった。
 で、電子署名がついているので多分それが理由だろうと。

 右クリック→プロパティ→デジタル署名→詳細→証明書の表示
 →ベリサインから発行されているのだが
  有効期限 2006/12/12 - 2007/12/13
 となっていた。

 ◆電子署名の有効期限が過ぎているが問題ないのか?そもそもなぜ電子書名をつけているのか?と聞いてみた
  →よくわからない
  →ここでは答えられない
  →特に問題となったことはない
---
 あとでよく見ていたら、副署名の有効期限は過ぎていなかったけど、私はいまいち仕組みがわかってないなあ。

●IPv6
 ipconfigでみると「Tunnel adapter Teredo Tunneling Pseudo-Interface:」というインターフェースが見える
 これはなんだろう?とぐぐってみたら「トンネル アダプタの Teredo トンネリング擬似インターフェイス」らしい
 http://www.microsoft.com/japan/technet/itsolutions/network/ipv6/ipv6config.mspx

 →リンクローカルのみ有効になっていたし
posted by 端っこなひと at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

Vimでのファイル間コピー

Vine Linux 3.2 の Vim 6.3.82 にて別のファイルへコピー&ペーストをしようとしたときに困ったので、忘れないようにメモ。

vimの使い方が理解できていないなあ。


1、ファイル1にて"v"でヴィジュアルモードにてコピー
2、ファイル1終了
3、ファイル2を開いてペースト
→ヤンクされたデータのうち、始めの49行しかペーストされず。

2つのファイルを同時に開いてコピー&ペーストすれば問題なかった。
1、ファイル1を開いて"v"でヴィジュアルモードにてコピー
2、":new ファイル2"でファイル2を開いて"p"でペースト
# 2つの画面の行き来は"Ctrl-wk","Ctrl-wj"

参考
Vimの使い方(入門)「文字をコピーする」

JVim3非公式ガイド・希望のファイルを自由自在に開く
posted by 端っこなひと at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

WebをCVSで管理

"CVSのloginfoでWebの更新"をテストしたときのメモ

---------------------------------------
●構成を以下とする
---------------------------------------
 作業ディレクトリ: /home/hoge/cvs-tmp/
  ↓
 (cvs commit)
  ↓
 リポジトリ: /home/hoge/cvsroot/
  ↓
 (loginfo経由でcvs commit)
  ↓
 Web本番ディレクトリ: /home/hoge/www/

---------------------------------------
●Debian Sarge にCVSのインストール
---------------------------------------
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -u upgrade
$ sudo apt-get install cvs
→設定画面が出るがCVSROOTのデフォルトディレクトリを消してOK

---------------------------------------
●リポジトリ作成
---------------------------------------
$ cvs -d /home/hoge/cvsroot/ init

---------------------------------------
●プロジェクト(モジュール)作成してインポート
---------------------------------------
 ソースのトップディレクトリへ移動して
 $ cvs import -m "ログメッセージ" プロジェクト名 ベンダータグ リリースタグ

$ cvs -d /home/hoge/cvsroot/ import -m "initial" cvs-test hoge start

---------------------------------------
●作業用ディレクトリへチェックアウト
---------------------------------------
$ cvs -d /home/hoge/cvsroot/ checkout -d /home/hoge/cvs-tmp cvs-test

---------------------------------------
●Web本番ディレクトリへチェックアウト
---------------------------------------
$ cvs -d /home/hoge/cvsroot/ checkout -d /home/hoge/www cvs-test

---------------------------------------
●loginfoを編集する
---------------------------------------
 直接ではなくCVSROOTをチェックアウトして編集
$ mkdir /home/hoge/Cvsroot-checkout
$ cd /home/hoge/Cvsroot-checkout
$ cvs -d /home/hoge/cvsroot/ checkout CVSROOT
$ vi /home/hoge/Cvsroot-checkout/CVSROOT/loginfo
以下を追記
 cvs-test /home/hoge/bin/cvs-update.sh

---------------------------------------
●cvs-update.shファイルを作成
---------------------------------------
$ mkdir /home/hoge/bin/
$ cd /home/hoge/bin/
$ vi cvs-update.sh
 以下を記述
 ----
 #!/bin/sh
 /home/hoge/bin/autoUpdate.pl /home/hoge/www
 ----
$ cvs update -dP
$ cvs commit -m ""

---------------------------------------
●/home/hoge/bin/autoUpdate.pl を作成
---------------------------------------
$ vi /home/hoge/bin/autoUpdate.pl
引数のディレクトリへ移動して、cvs -q update -dP するように記述


参考サイト
 CVS--Concurrent Versions System (in Japanese)
 CVSの基礎練習
 バージョン管理システム CVS

参考書籍
 CVSによるオープンソース開発
posted by 端っこなひと at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

「TrueCrypt」で仮想暗号化ドライブを作成

暗号化したファイルを個別に扱うよりも、暗号化した仮想ドライブをマウントしたほうが運用的には楽。

仮想ドライブを使うには「PGP Disk」が便利だと聞いたのだけど、よくわからないので調べていたら、WindowsとLinuxどちらでも使える「TrueCrypt」があることを知った。

以下のサイトを参考にインストール。
 @IT「USBメモリに暗号化した仮想ドライブを作成するには」
 tcjpdoc @Wiki
 MOONGIFT「TrueCrypt レビュー」


●インストールしたときのメモ
1、TrueCryptのダウンロード
  本家のサイトのダウンロードページからWindows版の"truecrypt-4.2a.zip"をダウンロード

2、TrueCryptのインストール
  ダウンロードしたファイルを解凍して、"TrueCrypt Setup.exe"を実行

3、日本語ランゲージパックのダウンロード
  Language packsのページより"langpack-ja-1.1.1-for-truecrypt-4.2a.zip"をダウンロード

4、日本語ランゲージパックの適用
  ◆ダウンロードした日本語ランゲージパックを解凍、"Language.ja.xml"をTrueCryptのインストールしたフォルダへコピー
  ("TrueCrypt User Guide.ja.pdf"を参考にして以後の作業を進める)

  ◆TrueCryptを起動
  「Settings」→「Language」で日本語を選択

5、ボリュームの作成
  ◆ファイルの選択→マイドキュメントなどを指定、ファイル名をつける
   ※なぜかDドライブを指定したときはエラーになった
    |このファイルにはアクセスできません。
    |ネットワークドライブに対するセキュリティ特権を調べてください。
  ◆暗号はデフォルトのまま
  ◆ボリュームサイズ:2,000MB
  ◆フォーマット:FAT
  →100秒程度でフォーマットできた

6、ボリュームのマウント
  ◆ファイルの選択で先ほど作ったファイルを指定
  ◆ドライブを選択
  ◆マウントボタンを押す
   ※NAS上のボリュームファイルのマウントもできた

7、パスワードの変更/キーファイルの使用(ユーザーズガイドP.47)
  ◆ファイルの選択で、アンマウント状態のボリュームファイルを選択
  ◆「ボリューム」→「ボリュームパスワードの変更」
  ◆現在のパスワードと新規パスワードを入れる
   そのときにキーファイルを指定することも可能
   ■「キーファイルを使用」にチェック
   ■その右の「キーファイル」ボタンを押して
   ■「ファイルの追加」で選択
    「ランダムキーファイルの生成」でキーファイルをつくってもいい

----
(2007/1/28追記)
上野さんがわかりやすく記事を書いてはったのでリンク
暗号化仮想ドライブで手軽にファイルを暗号化
うさぎ文学日記 
----
(2007/2/26追記)
Open Tech Pressに「TrueCrypt」についての記事が載っていたのでリンク
TrueCryptを使った混成環境におけるファイルシステムの暗号化
posted by 端っこなひと at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

Illustratorでの2色刷りデータを作成したときのメモ

Illustratorで2色刷りデータを作成した時のメモ。

慣れないことをしたので大いに・・・苦戦。

そもそも2色刷りのことを理解していなかった。
CMYKのうちの2つの組み合わせで作るものと思っていた。

間違いとはいえないけど、どうやら特色を使うケースが多いとか。
特色はDICカラーで指定。大抵の印刷屋さんはこれらしい。

ということで今回はブラック×特色(DIC579)にしてみた。

データ作成手順としては
1、特色の部分をCMYのいずれかの版で作っておく(今回はDIC579をシアンの版で作成)
2、印刷屋さんへDICカラーの番号を伝えて特色へ置き換えて印刷してもらう


●データ作成時の画面での色の確認にIllustratorの「スウォッチライブラリ」を使用
(※Illustrator7.0以上の機能らしい。印刷屋さんがスポットカラーデータに対応していればこれで作ったもので入稿も可能だとか)

1、使用する特色を選択 
  「ウインドウ」→「スウォッチライブラリ」→「DICcolor」を選択
  数字などを入力して色を選択して適用。
 (※2桁以上の数字の場合、すばやく入れないとまたはじめからになってしまった)

2、色の掛け合わせ
  掛け合わせるもの(上になっている方)を選択して「属性」→「塗りにオーバープリント」にチェック

3、確認
  「画面」→「オーバープリントプレビュー」
(やたら重くなったけどw)

4、もとに戻す
  スポットカラーをプロセスカラーであるCMYのいずれかの版に戻しておく


参考書籍
 現場の必須テクニック ILLUSTRATOR10の仕事術 for Macintosh/Windows
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839906998

 DTPWORLD 2003年1月号
 http://www.wgn.co.jp/store/dat/0055/


●その他雑感
古い雑誌を置いておいてよかった。というかよくDTPWORLDなどのお門違いの雑誌を買っていたものだなあ。見ているだけで楽しいのは確かだけど。

同じ色のものは同じレイヤーにしておいた方が作業が楽だった。今までそうしていなかったのが大間違い。

表組はブレンドツールが楽かと思いきや、中身によって段の長さを変えたのでorzなことに。

手持ちのフォントがほとんどなくて、タイトルを「DFP平成ゴシック体W7」、本文を「DFP華康ゴシック体W5」で作成。
なんだか結構いい加減だった気がする。
本文の英字の部分もそのまま日本語フォントに含まれるものを使っちゃっていたし。
まあ全体的にそんな調子だからいいか。

posted by 端っこなひと at 03:01| Comment(0) | TrackBack(1) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

GIMPでのロゴの縮小したときのメモ

GIMPでロゴを縮小したときのメモ。少しはまったので忘れないようにメモしておく。

●いままで「GIMP for Windows」を使っていたけど、「GIMP2 for Windows」もあることを知った。

●GIMP2で、GIFファイルを開いて、[画像]→[拡大縮小]をするとギザギザになってしまう。

解決方法は、
[画像]→[モード]→[RGB]で、RGBモードにしてから[画像]→[拡大縮小]をする。
その時、「補間の種類」を「線形」から「キュービック(最良)」にすると綺麗にアンチエイリアスが効いた形でロゴが縮小できた。


posted by 端っこなひと at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

メール受信時・ウイルスバスター2006のエラー

メールの受信(POP3)をしているときにウイルスバスター2006がウイルスを検出したのだけど、エラーを吐いていた。

「TmProxyモジュールで重大な問題が発生しました。ウイルスバスター2006を再インストールしてください。内部エラー[-14/PH1/ENG00010000]」

ちなみに検出したウイルスは「WORM_SWEN.A


トレンドマイクロの製品Q&A
ウイルスが添付されたメールを受信するとTmProxy 内部エラー --14 が発生
に従って、サービスパックをあてた。
「VB2006SP3_1411_1017JP.exe」をダウンロードして実行。

サービスパック適用前
 メインプログラム:14.10.1041
 ウイルス検索エンジン:8.0.1002

サービスパック適用後
 メインプログラム:14.11.1017
 ウイルス検索エンジン:8.0.1001
posted by 端っこなひと at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

Adebe Reader 7.07 手動アップデート

Adobe Reader 7.07 が出ていたので 7.05 からアップデート。
リリースノートを見つけられず、どこが修正されたのかよくわからなかった。


Adebe Reader を起動、[ヘルプ]→[アップデートの有無を今すぐチェック]をすると
「現在新しいアップデートはありません」と言われてしまう。

仕方ないので、Acrobat 7.0.7/Adobe Reader 7.0.7 アップデートインストール手順(Windows)の説明に従ってインストール。

ダウンロードページから「AdbeRdrUpd707_all_incr.exe」をダウンロードして実行。


posted by 端っこなひと at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

Mozilla Suite から SeaMonkey へ

Mozilla Suite が開発を中止していて、SeaMonkey が後を引き継いだらしい。
大垣さんのblogを読んで初めて知った。
 Mozilla "Suite"を捨てる時期が来ました


internet.watch「開発中止のMozilla Application Suiteが「SeaMonkey」として生まれ変わる」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/07/05/8275.html

Slashdot/J「Mozilla Suite の新名称が SeaMonkey に決定」
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/07/04/1135219&topic=51


で、最近SeaMonkey 1.0がリリースされている。

mozilla-japan.org「SeaMonkey 1.0 リリース」
http://www.mozilla-japan.org/projects/seamonkey/news.html

internet.watch 「Mozilla Suite」の後継「SeaMonkey 1.0」が正式リリース
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/02/01/10713.html

Slashdot/J「SeaMonkey 1.0 リリース」
http://slashdot.jp/articles/06/01/31/1056207.shtml


Mozilla Foundation が Mozilla Suite を捨てて、Firefox と Thunderbird に専念。
開発続行派が、SeaMonkey Council コミュニティを作って開発をひきついだってことかな。

最近は Firefox なので、開発がとまったことすら気づいてなかった。
重いので私は使う気はないけど、社会の需要はあるようだからがんばってもらいたいなあ。


SeaMonkey プロジェクト
http://www.mozilla-japan.org/projects/seamonkey/
posted by 端っこなひと at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

Calc 特定の列を常に表示する

OpenOffice.orgの表計算ソフトのCalcでのこと。
特定の列を常に表示する方法ってどうだっけ?と思い出せなかったのでメモしておく。

OpenOfficeのヘルプ
「行または列を見出しとして固定する」
1.固定する行の下にある行、または、固定する列の右にある列を選択します。選択した行の上にある行、または、選択した列の左にある列はすべて固定されます。
行と列を両方とも固定するには、固定する行の下にあり、固定したい列の右にあるセルを選択します。

2.メニュー ウィンドウ → 固定 を選択します。
固定を解除するには、もう一度、ウィンドウ → 固定 で行ないます。

なるほど、固定する列ではなくて、固定する列の右の列を選択して固定か。。。。


OpenOffice.org日本ユーザ会
http://ja.openoffice.org/

posted by 端っこなひと at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする