2005年08月16日

またまた玄箱HGを買ってしまった

1台目の玄箱HGは、RD-XS43の録画データの移す先になったので、安易にいじりたくない。
もう一台欲しいなあと思っていら、三宮のジョーシンで玄箱を発見。
思わず買ってしまった。

--------------------
購入店:ピットワン三宮1ばん館

玄箱HG: 税込17,380円
日立250GBハードディスク(HDT722525DLAT80): 税込12,380円
--------------------

ついでに星電社の5階で、「DNS & BIND クックブック」購入。
ホントは「DNS & BIND 第4版」を先に買うべきなんだろうけど、あの分厚さを見て挫折しそうだったので。


UNIX USER 9月号」も購入。玄箱と白箱のことが特集されてます。
posted by 端っこなひと at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

玄箱HGへのネットdeダビングのエラー

昨日は成功した RD-XS43から玄箱HGへのネットdeダビングが今日はエラーに。

 FTP session : デバイスに空き領域がありません

と言われる。
でディスクの状態をみると/dev/hda1 が100%になってあふれている。
/dev/hda1 には2GBしか割り当てられてないのだから当然。
/dev/hda3 が割り当てられている /mnt へダビング先を変更すればOK。

やれやれ、これで一気にデータを移せそう。
posted by 端っこなひと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

Vine化玄箱HGに Java VM を入れる

こないだ一応Vine化した玄箱HGに、RD-XS43からネットdeダビングするため、RDServiceをインストールしようとした。

で、RDServiceを動かすにはJava VMが必要とのこと。
Sunのサイトから落としてきたものはインストールできない。玄箱HGは、PPC版でないとダメだった。


PPC版はSunからはダウンロードできない。困って調べたら、IBMで配布されていた。
情報源:Alfaromeoの魅了 「RDservice導入」→「玄箱でJava」経由。

IBM Developer Kit for Linux, Java 2 Technology Edition
https://www14.software.ibm.com/webapp/iwm/web/preLogin.do?source=lxdk&S_TACT=104AHW03&S_CMP=LXJDK

ちなみに林檎印のうにっくすでは
https://www6.software.ibm.com/dl/lxdk/lxdk-p?S_TACT=104AHW03&S_CMP=LXJDK
からダウンロードできると書かれていたけど、結局同じページに飛ばされるみたい。

IBMへユーザ登録が必要で、私は前に「aDesigner」をダウンロードしたとき登録していたのでそのIBM IDでログインした。

どれがそうかよくわからず、3つ目の「IBM SDK for 32-bit iSeries/pSeries」を選んで進むとPPC版が落とせた。

Javaのことを理解していないので、JREとJDKのどちらがいいのかわからない。どっちでもいい気もするけど、JDKなら開発もできるんだから間違いないでしょ?とJDKを落とす。

FTPで玄箱HGにコピーして、解凍、インストール完了。

$ su
# cp IBMJava2-SDK-142.ppc.tgz /usr/local
# cd /usr/local
# tar zxvf IBMJava2-SDK-142.ppc.tgz
# ./IBMJava2-ppc-142/bin/java -version
java version "1.4.2"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.4.2)
Classic VM (build 1.4.2, J2RE 1.4.2 IBM build cxppc32142-20050609 (JIT enabled: jitc))
# ln -s IBMJava2-ppc-142/bin/java java
posted by 端っこなひと at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

玄箱Vine化

前に玄箱を買ってきて普通にNASになっていたのをVine化。

LinkStation/玄箱 をハックしよう」を参考しようとしたけど大変そうなので、usami-k さんの「Vine 3.1 on 玄箱」に書かれている手順どおり行う。

玄箱インストール」を参考に Vine 2.6 をインストールはできたものの、Vineを3.1へアップグレードにつまづく。

glibcの問題ではなく、それ以前に、rpmのアップグレードができなかった。
Vine3.0以上では、rpmバージョンは4以上でないといけない。
普通は、一度Vine2.6.99へdist-upgradeするのだけど、rpmが新規インストールになってしまい、エラー。
rpmパッケージ自体がrpmで管理されていないので、困った困った。

とりあえず、内向きに使うだけなのでVine2.6のままでもいいかと。

しかし、rpmで中途半端にしか管理できてないけどいいのか?とも思うし。機会があればもう少し調べてみよう。

---
(おまけ)
私は、人がまずはまらないところではまる体質のようで、今回もへんなところでコケタ。
玄箱をCDからセットアップするときに、PCで他の作業をしていて、エラーに。もう一度実行して成功メッセージが出たので安心していたのだが。。。

玄箱のWeb管理画面に入れない。telnetでアクセスするとlessコマンドが使えない。ディレクトリに色がついてるし変だなあ。catは使えるぞ?と思いきや
# df
Filesystem 1k-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/ram0 9677 5113 4564 53% /

おいおい、ハードディスクはどこやねん?フラッシュメモリから特殊なモードで起動している模様。
CDからセットアップしなおして正常になったけど。
こんなモードがあるとは知らなかった。
posted by 端っこなひと at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

玄箱HG購入

昨日セミナー行った帰りにヨドバシカメラで玄箱HGとハードディスクを購入。
ついでに映画のDVDソフト6本と「N+I NETWORK Guide 8月号」も購入した。

持っているDVDソフトがわからなくなりつつある。一覧を作っておかねば。

--------
  玄箱HG: 税込み19,500円
  ハードディスク HDS722525VLAT80: 税込13,610円
    日立 (Ultra ATA 100) 250GB
posted by 端っこなひと at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする