2017年05月30日

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う設定のメモをしておきます。

具体的には、ノートパソコン(レッツノート)にモニターとキーボードをつないで利用していますが、英語配列のUSBキーボードを購入したので、場合によって英語配列と日本語配列の設定を切り替えたいと思いました。

以下の方法で簡単に切り替えることができました。

1. Gnomeの「設定」ダイアログで、「地域と言語」を選択する
2017-05-30_keyboard.png
2. 「入力ソース」の「オプション」ボタンをクリックする
2017-05-30_keyboard2.png
3. 「ウィンドウ毎に別のソースを使用可能にする」を選択する
2017-05-30_keyboard3.png
4. 閉じるをクリックする

Super(Windows)キー+Spaceキーでソースを切り替え出来ます。

コンソールでは上記の方法でうまくいかず、以下のようにして一時的に切り替えています。
$ setxkbmap -layout us

ブラウザの中での入力では対応方法を探し中です。

参考:
* Debian wiki
* UbuntuのmozcでUSキーボード入力/JISキーボード入力を簡単に切り替える方法
* TagoSuckの独習プログラム日記 たごろぐ「Debian setxkbmapコマンドでキーボードの日本語配列と英語配列を切り替える」
ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

Debian jessieでexFATのフォーマット/マウントをする

Debian jessieでSDHCカードを扱った際のメモです。
SDHCカードはexFATでフォーマットされており、exfat-fuseとexfat-utilsのパッケージをインストールすることでフォーマットやマウントすることが出来ました。

必要なパッケージをインストールする
$ sudo aptitude install exfat-fuse exfat-utils


これだけで、ファイルマネージャーのNautilusなどでアクセスすると、自動マウントされて読み書きできました。

デバイス名を確認します。今回は/dev/mmcblk0p1でした
$ sudo fdisk -l
...
...
Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/mmcblk0p1 32768 125171711 125138944 59.7G 7 HPFS/NTFS/exFAT

フォーマットします。一瞬で終わります(LABELにはラベルとして付けたい適当な名前を入れます。)
$ sudo mkfs.exfat -n LABEL /dev/mmcblk0p1

fsckは忘れていたのでやっていませんが以下のようにするようです。
$ sudo fsck.exfat /dev/mmcblk0p1


参考
How to Geek「How to Mount and Use an exFAT Drive on Linux」
ぺけみさお「Debian/UbuntuでexFATをマウントする方法」
maketecheasier「How to Format External Hard Disk to exFAT Filesystem in Ubuntu」

ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

Ubuntu14.04でsikuliをインストールする

Ubuntu 14.04(trusty)でsikuli-ideをインストールした時のメモです。
universeにパッケージ化されていましたので、そのままインストールしました。Javaなどのパッケージが大量に入ります。
$ sudo apt-get install sikuli-ide

起動しようとすると、エラーで起動できません。
$ sikuli-ide
5 02, 2016 10:36:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$1 run
INFO: Created user preferences directory.
[info] locale: ja_JP
Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: com/google/common/collect/MapMaker
at org.python.core.PyType.fromClass(PyType.java:1280)
(以下略)

launchpadDebian BTSにバグ報告されています。
Debian BTSの"Message #5"の通り、/usr/bin/sikuli-ideを変更すると、sikuri-ideが起動できるようになりました。
元の/usr/bin/sikuli-ide
LC_NUMERIC=C exec /usr/bin/java -cp "/usr/share/java/jna.jar:/usr/share/java/asm3.jar:/usr/share/java/asm3-commons.jar:/usr/share/java/antlr3-runtime.jar:/usr/share/java/libconstantine-java.jar:/usr/share/java/jython.jar:/usr/share/java/commons-cli.jar:/usr/share/java/JXGrabKey.jar:/usr/share/java/json_simple.jar:/usr/share/java/swing-layout.jar:/usr/share/java/swingx-core.jar:/usr/share/java/forms.jar:/usr/share/java/jgoodies-common.jar:/usr/share/java/mac_widgets.jar:/usr/share/java/junit.jar:/usr/share/sikuli/sikuli-ide.jar:/usr/share/java/sikuli-script.jar" -Dsikuli.console=true -Dsikuli.debug=0 -Xms64M -Xmx512M -Dfile.encoding=UTF-8 -Dpython.home=/usr/share/jython -Dpython.path="/usr/share/sikuli/Lib" -Dpython.cachedir=$HOME/.jython-cache org.sikuli.ide.SikuliIDE "$@"

変更後の/usr/bin/sikuli-ide
LC_NUMERIC=C exec /usr/bin/java -cp "/usr/share/maven-repo/com/google/guava/guava/debian/guava-debian.jar:/usr/share/maven-repo/org/jruby/ext/posix/jnr-posix/debian/jnr-posix-debian.jar:/usr/share/java/jaffl.jar:/usr/share/java/jna.jar:/usr/share/java/asm3.jar:/usr/share/java/asm3-commons.jar:/usr/share/java/antlr3-runtime.jar:/usr/share/java/libconstantine-java.jar:/usr/share/java/jython.jar:/usr/share/java/commons-cli.jar:/usr/share/java/JXGrabKey.jar:/usr/share/java/json_simple.jar:/usr/share/java/swing-layout.jar:/usr/share/java/swingx-core.jar:/usr/share/java/forms.jar:/usr/share/java/jgoodies-common.jar:/usr/share/java/mac_widgets.jar:/usr/share/java/junit.jar:/usr/share/sikuli/sikuli-ide.jar:/usr/share/java/sikuli-script.jar" -Dsikuli.console=true -Dsikuli.debug=0 -Xms64M -Xmx512M -Dfile.encoding=UTF-8 -Dpython.home=/usr/share/jython -Dpython.path="/usr/share/sikuli/Lib" -Dpython.cachedir=$HOME/.jython-cache org.sikuli.ide.SikuliIDE "$@"

(参考)エラーメッセージ全体
5 02, 2016 10:36:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$1 run
INFO: Created user preferences directory.
[info] locale: ja_JP
Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: com/google/common/collect/MapMaker
at org.python.core.PyType.fromClass(PyType.java:1280)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java:66)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java:21)
at org.python.core.PyBuiltinMethod.(PyBuiltinMethod.java:16)
at org.python.core.PyBuiltinMethodNarrow.(PyBuiltinMethodNarrow.java:24)
at org.python.core.PyType$type___subclasses___exposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyType$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyType.(PyType.java)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java:66)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java:21)
at org.python.core.PyBuiltinMethod.(PyBuiltinMethod.java:16)
at org.python.core.PyBuiltinMethodNarrow.(PyBuiltinMethodNarrow.java:24)
at org.python.core.PyDataDescr$getset_descriptor___get___exposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyDataDescr$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyDataDescr.(PyDataDescr.java)
at org.python.core.PyBuiltinCallable$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java)
at org.python.core.PyObject$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java)
at org.python.util.PythonInterpreter.initialize(PythonInterpreter.java:57)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.init(ScriptRunner.java:32)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.(ScriptRunner.java:28)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.getInstance(ScriptRunner.java:23)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.(SikuliIDE.java:664)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.getInstance(SikuliIDE.java:138)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.main(SikuliIDE.java:975)
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: com.google.common.collect.MapMaker
at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:366)
at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:355)
at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
at java.net.URLClassLoader.findClass(URLClassLoader.java:354)
at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:425)
at sun.misc.Launcher$AppClassLoader.loadClass(Launcher.java:308)
at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:358)
... 26 more



ラベル:ubuntu
posted by 端っこなひと at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

Thunderbird+Lightningで他のカレンダーと連携する

カレンダーがあちこちに散らばっているので、クライアント側のThunderbird+Lightningで一元化できないかを試してみました。
* Googleカレンダーと同期
* サイボウズLiveから2ヶ月分の取得
* ownCloudカレンダーとの同期

Thunderbird+Lightningを使ってみる」ではあくまでローカルで見たいだけだったのですが、古いノートPC(レッツノートW5)では動きがもっさりしていて使わなくなりました。ノートPCを変えたので再度チャレンジです。

Debian jessieでは商標の関係から"Thunderbird"は"Icedove"、"Lightning"は"Iceowl"という名前になります。
■Iceowlのインストール(Icedoveはインストール済)
$ sudo aptitude install iceowl-l10n-ja 
以下の新規パッケージがインストールされます:
calendar-google-provider{a} iceowl-extension{a} iceowl-l10n-ja

■Icedeve起動時に、新着メールを確認しないようにする
1. Thunderbirdを起動時、アカウント作成ウィザードを中止
2. メニューから[ファイル]-[オフライン]-[オフライン作業]
3. メール作成で、アカウント設定ダイアログを起動させ、
  例えばexample.comに設定(オフラインしていないと、パスワードチェックへ行くので注意)
4. 詳細設定ボタンをクリック、「サーバー設定」の[サーバ設定]で
  「新着メッセージがないか起動時に確認する」「新着メッセージがないか""分ごとに確認する」
  のチェックをオフに

■Googleカレンダーとの連携
1. 左側の「カレンダーペイン」で、カンレだーリストの空白部分を右クリックして「新しいカレンダー」を選択
2. 「ネットワークのサーバーに保存する」を選択して次へ
3. 「Google Calender」を選択して次へ
4. Googleアカウントとパスワードを入力し、認証を受ける(2要素認証でも問題なし)
5. Googleのカレンダーやタスクをアクセス許可のチェックをする

Googleの休日カレンダーも使うことにしました

■サイボウズライブと同期する
iCalendar形式で今日から前後1ヶ月の2ヶ月分のみ取ってこれる
https://help.cybozulive.com/hlpb201206181140/
「新しいカレンダー」を作成で、iCalendar形式を選択して、上記から取得したURLを設定

サイボウズLiveのカレンダーをIcedove側でエクスポート->IceDoveの別のカレンダーにインポート、をしてみましたが、問題なくできたようです(エラーは出ていましたので一部持ってこらないものがあったかも)

■ownCloudと同期する
1. ownCloudでカレンダーモジュールを有効にする
2. ownCloudのカレンダー画面で、左のカレンダー一覧で
 「DevCalへのリンクを取得」アイコンをクリック
3. Lughtning(Iceowl)で新しいカレンダーを作成でURIを指定

■表示設定
カレンダー以外不要なので、非表示にしていきます
* 右のTODOを閉じる
* 「多週」表示のタブを選択
* カレンダーツールバー非表示:メニューの表示から
* カレンダーペインを非表示/表示:メニューの表示から
* 予定などのリスト:サーチのところを☓で閉じる
 戻すには、メニューから[予定とToDo]-[予定を検索]
ラベル:Debian Lightning
posted by 端っこなひと at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Debian Jessie 64bitへのSkypeクライアントのインストール

Debian jessieの64bit版へSkypeクライアントをインストールしたメモです。
Debian Wikiにかかれている手順通りで問題なくインストールできました。
$ sudo dpkg --add-architecture i386
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude install libc6:i386 libqt4-dbus:i386 libqt4-network:i386 libqt4-xml:i386 libqtcore4:i386 libqtgui4:i386 libqtwebkit4:i386 libstdc++6:i386 libx11-6:i386 libxext6:i386 libxss1:i386 libxv1:i386 libssl1.0.0:i386 libpulse0:i386 libasound2-plugins:i386
$ wget -O skype-install.deb http://www.skype.com/go/getskype-linux-deb
$ sudo dpkg -i skype-install.deb

Skypeは32bit版しかバイナリがないので、i386のパッケージも必要になるようです

■設定ファイル/ログファイル
以前のPCから~/.Skype以下をコピー

ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

Vimでiso-2022-jpのファイルを編集する

Vimでiso-2022-jpのファイルを開いた時に自動的に認識せずに文字化けしました。いつも忘れてしまうのでメモしておきます。
.vimrcでは文字コードを以下のように設定していました。
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=utf-8,iso-2022-jp,euc-jp,ucs-2le,ucs-2,cp932

以下のようにすると認識して編集できました
:e ++enc=iso-2022-jp


ついでに、:help fileencodingsなどをみつつ、.vimrcの設定を見直しました。
set encoding=utf-8
set fileencodings=ucs-bom,utf-8,iso-2022-jp,euc-jp,ucs-2le,ucs-2,cp932

参考
Vimの文字コード関連
Vim: 文字コードがiso-2022-jpのときは。。。

posted by 端っこなひと at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

Debian wheezyのIceweaselでSlidShareなどのボタンが化ける

Debian wheezyのIceweaselで以前からSlideShareなどでボタンのアイコンが文字化けしていました。
Iceweaselは"wheezy-backports"のパッケージを利用しています。
なお、Debian wheezyのChromiumでは化けずに表示されています。
$ grep -e iceweasel /etc/apt/sources.list
#deb http://mozilla.debian.net/ experimental iceweasel-beta
deb http://mozilla.debian.net/ wheezy-backports iceweasel-release
$ aptitude show iceweasel|lv
パッケージ: iceweasel
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: はい
バージョン: 37.0.2-1~bpo70+1
優先度: 任意
セクション: web
メンテナ: Maintainers of Mozilla-related packages
アーキテクチャ: i386
...


Iceweaselの「要素を調査」で眺めていたところ、ボタンはCSSでフォント指定されいました。"font-family: FontAwesome;"
Webフォントの"FontAwesome"が何らかの理由でうまく読み込めていないようです。
フォーラムを参考にローカルに"FontAwesome"をインストールしました。

1.FontAwesomeのサイトからダウンロード
2.解凍
3./usr/share/fonts/truetype/font-awesome/fontawesome-webfont.ttfに置く
これで、iceweaselでも見えるようになりました。

(以下2015/5/6追記)
Iceweaselでの部分的な文字化け」で「Webページが指定したフォントを優先する」のチェックをはずしていました。(検索してみつけるまで自分でもすっかり忘れていました)
SlideShare以外のTrelloなどではまた別のWebフォントを使っているようでしたが、このチェックをオンにすることで表示できるようになりました。




ラベル:Debian iceweasel
posted by 端っこなひと at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

Debian wheezyにフォントを追加する

Debian wheezyにDebianでパッケージ化されていないフォントを追加しましたので、メモしておきます。

年賀状向けに、自由ではないですが無料で利用できる白舟書体教育漢字版白舟楷書年賀を利用しました。使える漢字の数は少ないということで、文面は工夫する必要はありました。

1. ダウンロードしたファイルを解凍する
$ unzip hkkaing.zip
2. フォントをコピー
$ sudo cp -r hkkaing/ /usr/share/fonts/truetype/
3. フォントが認識されていることを確認する
$ fc-list | grep hkkaing
/usr/share/fonts/truetype/hkkaing/hkkaing.ttf: 白舟楷書年賀,HakusyuKaisyoNenga:style=Regular

これでLibreOfficeなどでフォントを選択できるようになりました。
ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

Debian wheezyのwifiファームウェアのバージョンを上げてみた

レッツノートW5のDebian wheezyがカーネルパニックで落ちて、wifi周りでエラーが出ました。
原因は切り分けられていないのですが、wifiのファームウェアのバージョンをあげて様子見をすることにしました。

レッツノートW5の無線はパナソニックのサイトをみると"インテル(R) PRO / Wireless 3945ABG"。
現在「firmware-iwlwifi」パッケージを使っており、バージョンは「0.36+wheezy.1」です。

wheezy-backportsの「0.43~bpo70+1」をWebからダウンロードしてdpkgでインストールしました。
$ aptitude show firmware-iwlwifi 
パッケージ: firmware-iwlwifi
新規: はい
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: いいえ
Multi-Arch: foreign
バージョン: 0.43~bpo70+1
ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

Debian wheezyで「Skypeは接続できませんでした」と表示される

Debian wheezyで久しぶりにSkypeクライアントを起動したところ、「Skypeは接続できませんでした」と言われてログインできませんでした。
2014-10-25_skype-error.png
SkypeのWebサイトではログインできたので、バージョンが古いせいかもしれないと考え、新しいバージョンをwebサイトからダウンロードしてインストールしたところ、無事ログインすることができました。

$ sudo dpkg -i skype-debian_4.3.0.37-1_i386.deb 
[sudo] password for ユーザ名:
(データベースを読み込んでいます ... 現在 327181 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
skype 4.2.0.11-1 を (skype-debian_4.3.0.37-1_i386.deb で) 置換するための準備をしています ...
skype を展開し、置換しています...
skype (4.3.0.37-1) を設定しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

Debian wheezyのAnthy個人辞書に追加する

Debian wheezyのAnthyの変換効率があまりよくなく、いままでは放置していたのですが、よく変換するものに関しては個別にAnthy辞書へ登録していくことにしました。

たとえばここにもあるように「事業」としてほしいのが「次行」と変換されるところなどです。

以前に、MS-IMEの辞書登録データをAnthyの辞書へ移行したファイルに追記してみます。
~/.anthy/imported_words_default.d/dic.tが前回の個人辞書ファイルですので、それに追記してソートさせます。
$ cp ~/.anthy/imported_words_default.d/dic.t dic.tmp
$ vi dic.tmp
$ env LANG=C sort dic.tmp > ~/.anthy/imported_words_default.d/dic.t

これで日本語入力をONにすれば登録した文字列を変換できました。

ふとGUIのツールも試してみようと考えました。
uimの入力切り替えバーを右クリックして選択できるuim-dict-gtk3(日本語辞書ツール)を試しましたが、当初登録しても変換できないようにみえました。
そこで、kazumiを試してみたところ登録できました。そのあとではuim-dict-gtk3でも登録できています。
どちらのGUIツールでも、データは ~/.anthy/private_words_default に登録されていました。



ラベル:Anthy
posted by 端っこなひと at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

英単語学習ツールのAnkiをDebianで使う

英単語を学ぶためのオープンソースのツールAnkiをDebian wheezyで使ってみましたのでメモを残します。

英単語を登録しておき、覚え度合いによって繰り返し出す頻度を変えて覚えるソフトです。同じ単語を繰り返して辞書で調べているのが気になって、これに登録を試していくことにしました。

牛尾さんの「ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」に載っていて知ったのですが、結構有名なソフトのようです。(以前に、知り合いも使っていたようなことを後で思いだしました)

Debianのパッケージにもなっていましたのでそのままインストールしました。
$ aptitude search anki
p anki - extensible flashcard learning program
$ sudo aptitude install anki

使い方は「はじめてのAnki – まず使ってみる」などに詳しくかかれています。

単語登録する
1. [ファクトを追加]ボタンをクリックして登録画面を呼び出す
2. [Front]に覚えたい単語を入力する
単語単体ではなく、元の文章ごとコピーペーストして、単語部分を太字にしました
3. [Back]に単語の意味を入力する
英英辞典を引いて、発音記号、意味、例文をコピーして登録しました。
4. [追加]ボタンをクリックして登録する

学習する
1. [Review]ボタンをクリックして、スタートする
2. 問題(単語)が表示されるので、ぱっと考えて分かってもわからなくても[解答を表示]をクリックする
3. 何日後に再度行うかを選択する



posted by 端っこなひと at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

Icedove(Thunderbird)で起動しても真っ白でフリーズする

Icedove(Thunderbird)を起動すると真っ白なままでフリーズするようになりました。

Icedoveを起動してiceowl(Lightning)でカレンダーに予定を入力中に間違えて、開始-終了の間を2年間にしてしまったからです。
そのままフリーズしてしまって強制的に終了させると、次回から上記の症状が発生するようになりました。

以下を参考にIcedoveをセーフモードで起動したところ、問題なく動作したため、問題は拡張機能部分にあることがわかりました。
https://support.mozillamessaging.com/ja/kb/safe-mode

カレンダー部分のデータがおかしいのではないかと考えて探して、以下をリネームしてIcedoveを起動したら、カレンダーデータは消えましたが、治りました。
/home/ユーザ名/.icedove/文字列/calendar-data/local.sqlite
ラベル:Lightning
posted by 端っこなひと at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbird+Lightningを使ってみる

サイボウズLiveのカレンダーを使っているのですが、外部連携ができずに、ネットワークが切れるとPCで確認できずに不便に感じています。
外部連携ができるものとしては有名どころではGoogleカレンダーですが、オープンソースのサーバー側カレンダーアプリもいろいろとあるようです。
https://www.moongift.jp/tag/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

今回、まずは、クライアントPC側のDebian wheezyにてThunderbird+Lightningを試してみました。
Debianでは、商標の関係から"Thunderbird"は"Icedove"、"Lightning"は"Iceowl"という名前になります。

■インストール
Icedoveはインストールされていたので、DebianパッケージのIceowlをインストールしました。
$ sudo aptitude install iceowl-extension 
以下の新規パッケージがインストールされます:
calendar-google-provider{a} calendar-timezones{a} iceowl-extension

■Icedoveの起動時にアカウント作成画面を表示させない
以下を参考に、Icedoveをオフラインにしてアカウント作成ウィザードでダミーアカウントを作成しました。
* Thunderbirdをメール・クライアントではなくカレンダーとして使用する設定例
オフラインにすることがポイントでした。

■休日カレンダーの追加
Firefoxヘルプ「休日カレンダーを追加する」を参考に以下の手順で追加しました。
1. Icedoveを起動し、「Calendar」タブを選択する
2. 左側にある「Calendar List」で右クリックして、「New Calendar」を選択する
Calendar
3. 「Create a new calendar」ウィザードで、「On the Network」を選択して、次へをクリックする
4. フォーマットで「iCalendar (ICS) 」を選択して、以下を入力
http://www.mozilla.org/projects/calendar/caldata/JapanHolidays.ics
Calendar
5. 色はピンクなど適当選んで進む

■カレンダー部分のフォントサイズを変更する
カレンダーを月表示で使いたいのですが、元のフォントサイズではどんな用事なのかわからないので、フォントサイズを小さくしました。

以下を参考に、「スタイリッシュ」(Stylish)拡張機能や「設定エディタ」を試してみましたがうまく設定できず、最終的にはuserChrome.cssに記述することで出来ました。
* サンダーバード(Thunderbird)のみためをカスタマイズ!
* Here and There Blog 「Thunderbirdでの表示フォントの統一」

■Stylish
最新版を入れたのですが、Icedoveのバージョンが古いせいなのかうまく動作しませんでした。
userchrome.cssを再起動せずに反映・管理 「Stylish」と比較すると、「新しいスタイル」ダイアログで文字が入力できませんでした。
StylishのDebianパッケージとしてはsidとjessieにしかないようです。
http://packages.debian.org/ja/sid/xul-ext-stylish

■Icedoveの設定エディタ
設定エディタでcalendarでフィルタしてみても設定できそうなところはなく、font.size.fixed.-- を10に揃えてみても効果はありませんでした。
設定エディタの起動方法
1. メニューから[編集]-[設定]を選択する
2. 「詳細」の「一般」タブを選択して、高度な設定の「詳細エディタ」ボタンをクリックする


■userChrome.cssを変更してフォントサイズを変更する
以下を参考に
* Lightning Todo詳細表示部分のフォント変更
* How to fix short event rendering in thunderbird lightning

以下をしらべて設定しました。
/usr/lib/icedove/extensions/{e2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103}/chrome/calendar/skin/calendar/common/calendar-views.css

プロファイルディレクトリの直下に、chromeディレクトリを作成して、そこにuserChrome.cssを作成します。
$ mv/home/ユーザー名/.icedove/文字列.default/
$ mkdir -m 755 chrome
$ vi userChrome.css
現在のuserChrome.cssの設定
namespace url(http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul);
#calendar-task-details-description {
font-family: sans-serif !important;
font-size: 14px !important;
}
.calendar-event-box-container {
margin: 0px !important;
}

calendar-month-day-box {
padding: 0px !important;
margin: 0px !important;
font-size: 13px !important;
}

.calendar-month-day-box-item-label {
padding: 2px !important;
# margin: 0px !important;
font-size: 11px !important;
# font-color: #333333 !important;
}
設定前
Icedove
設定後
Icedove

■DOM Inspector で要素を調べる
userChrome.cssを設定する際に要素の名前がわからなかったので、格調機能のDOM Inspectorをインストールして調べました。
肝心の月表示のカレンダー部分がうまく選べずに今回は役立てることができませんでした。
イベント追加ダイアログのところは、chrome://calendar/content/calendar-event-dialog.xulだとわかったのですが、以下の一覧をみてxulファイルをいろいろと入れてみましたが、分かりませんでした。
http://packages.debian.org/wheezy/i386/iceowl-extension/filelist

■iceowl-extensionの日本語化
debianではsidとexperimentalにパッケージがあるようです。英語でもそれほど困っていないのと、sidのパッケージを混ぜた場合にどうなるかわかっていませんので、今回は入れませんでした。
http://packages.debian.org/sid/iceowl-l10n-ja

■メニューを非表示に
メニューから[表示]-[ツールバー]-[メニューバー]のチェックを外して非表示にしています。
表示させるにはメニューボタンをクリックして[設定]-[メニューバー]にチェックを入れます
ラベル:Lightning
posted by 端っこなひと at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

Debian wheezyでUSBメモリをフォーマットする

Debian wheezyで古いUSBメモリをフォーマットしようとして少し手間取ったのでメモしておきます。

■fdiskでみてみる
USBメモリを刺すと自動で認識されました。
mountコマンドでみるとUSBメモリは/dev/sdbのようでしたので、fdiskで見てみます。
$ sudo fdisk -l /dev/sdb
Disk /dev/sdb: 262 MB, 262144000 bytes
9 heads, 56 sectors/track, 1015 cylinders, total 512000 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x6f20736b

This doesn't look like a partition table
Probably you selected the wrong device.

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 ? 778135908 1919645538 570754815+ 72 Unknown
/dev/sdb2 ? 168689522 2104717761 968014120 65 Novell Netware 386
/dev/sdb3 ? 1869881465 3805909656 968014096 79 Unknown
/dev/sdb4 ? 2885681152 2885736650 27749+ d Unknown

Partition table entries are not in disk order

■Gnomeの「ディスク・ユーティリティ」
最初からインストールされていたディスク・ユーティリティを試してみました。
「アプリケーション」-「アクセサリ」-「ディスク・ユーティリティ」を選んで起動。
「ドライブをフォーマット」と「パーティションをフォーマット」の2つがあり、「ボリュームをアンマウント」してから「パーティションをフォーマット」しました。
FATを選んでフォーマットしたら16bitのFATになったようです。
32bitのFATにする方法がわからず、あきらめてgpartedを入れてみます。

■gparted
$ sudo aptitude install gparted 

1. 「gparted-pkexec」と入力して起動
2. /dev/sdbを選ぶと、未割り当てになっていたので、右クリックして「NEW」を選択
3. 「FAT32」を選択して「追加」をクリック
4. チェックボタンをクリックして適用
これでFAT32でフォーマットできました。

2014-02-08_gparted

2014-02-08_gparted

$ sudo fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 262 MB, 262144000 bytes
222 heads, 62 sectors/track, 37 cylinders, total 512000 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000286d4

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 2048 511999 254976 b W95 FAT32
posted by 端っこなひと at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

Debian wheezyでClaws Mailを利用してみる

Debian wheezyでメーラーにはSylpheedを使っていますが、そのSylpheedからフォークしたClaws Mailをインストールしてみました。
$ sudo aptitude install claws-mail

パッと見たところほとんど同じですが、UIに関しては、Claws Mailの方がメニュー部分の文字が小さめだったり、検索バーの配置が邪魔になりにくくてよさそうに感じました。

ただ、PlalaのIMAPサーバー接続しようとすると、「未知のSSL証明書」と警告されます。
「Cybertrust Japan Public CA G3」が署名しているようですが、なぜSylpeedと動作が異なるのかが理解できていません。
Sylpeedでは「ca-certificates」パッケージを利用するようで、以下のインストールされていますが、Claws Mailでは利用していないのかもしれません。
$ aptitude show ca-certificates
パッケージ: ca-certificates
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: はい
...

posted by 端っこなひと at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

DebianへのLibreOfficeのインストール

以前にもDebianへ(TDF版)LibreOfficeのリリース候補並行でインストールしていましたが、今回は4.1.1をインストールしました。

1.ダウンロードページから3つのパッケージをダウンロード
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb.tar.gz
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_langpack_ja.tar.gz
* LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_helppack_ja.tar.gz

2. パッケージを解凍
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb.tar.gz 
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_langpack_ja.tar.gz
$ tar zxvf LibreOffice_4.1.1_Linux_x86_deb_helppack_ja.tar.gz

3. ディレクトリへ移動してインストール
$ cd LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb/DEBS/
$ sudo dpkg -i *.deb

/opt/libreoffice4.1/以下にあった4.1.0を置き換える形でインストールされました。

4. 言語パック、ヘルプもインストール
$ sudo dpkg -i LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb_langpack_ja/DEBS/lib*.deb
$ sudo dpkg -i LibreOffice_4.1.1.2_Linux_x86_deb_helppack_ja/DEBS/libobasis4.1-ja-help_4.1.1.2-2_i386.deb

5.設定ファイルを4.1系と4.0系で分ける
$ sudo chmod +w /opt/libreoffice4.1/program/bootstraprc
$ sudo vi /opt/libreoffice4.1/program/bootstraprc
UserInstallation=$SYSUSERCONFIG/libreoffice/4

UserInstallation=$SYSUSERCONFIG/libreoffice/4.1

最初、UserInstallation=$ORIGIN/..
としてrootでLibreOfficeを起動してみると、上位のディレクトリ/opt/libreoffice4.1/でroot以外の実効権限が落とされたのでやめました。
一般ユーザでLibreOffice4.1.1を起動すると、/home/ユーザ名/.config/libreoffice/以下に4.1ディレクトリと設定用ファイルが生成されています。
メニューから[ツール]-[プロパティ]で名前を入れてみると、以下のファイルに書き込まれていました。
/home/ユーザ名/.config/libreoffice/4.1/user/registrymodifications.xcu 
ラベル:LibreOffice
posted by 端っこなひと at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

iceweaselについてのapt-lineの変更

Debian WheezyがStableになって「Debian testing(Wheezy)にiceweaselのBeta版をインストール」の設定が古くなっていました。
aptitudeで以下のようなメッセージが出ているのを放置していたのですが、修正しました。
94% [Working]W: http://mozilla.debian.net/dists/experimental/Release を取得できませんでした: 期待されるエントリ 'iceweasel-beta/binary-i386/Packages' が Release ファイル内に見つかりません (誤った sources.list エントリか、壊れたファイル)

1. Debian Mozilla teamにアクセスして以下を選択する
stable(Wheezy),iceweasel,release
You need to add the following entry in /etc/apt/sources.list or a new file in /etc/apt/sources.list.d/:

deb http://mozilla.debian.net/ wheezy-backports iceweasel-release

You can install it with the following commands:

$ apt-get update
$ apt-get install -t wheezy-backports iceweasel

2. /etc/apt/sources.listを上記のとおりに変更
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
deb http://mozilla.debian.net/ experimental iceweasel-beta

deb http://mozilla.debian.net/ wheezy-backports iceweasel-release

3. アップデート
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade
依存関係を解決中...
以下の新規パッケージがインストールされます:
libmozjs23d{a} xulrunner-23.0{a}
以下のパッケージが更新されます:
iceweasel iceweasel-l10n-ja libnspr4 libnspr4-0d libnss3 libnss3-1d
libsqlite3-0
更新: 7 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
22.7 M バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 46.6 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?]


ラベル:iceweasel
posted by 端っこなひと at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

DebianへLibreOfficeの2つのバージョンをインストール

DebianにTDFの公式debパッケージをインストールしました。
衝突しないかと思いましたが、
安定版の4.0.4と、4.1.0RC版をそれぞれdpkg -i *.debでインストールすると
/opt以下にそれぞれインストールされました。

パスが通っているところに、シンボリックリンクを作成
$ sudo ln -s /opt/libreoffice4.1/program/soffice /usr/local/bin/libo41

ターミナルかAlt+F2"から、"libo41"と打って呼び出します。
なお、設定ファイルを共有しているためか、そのままでは4.0.4と4.1RCは同時に起動はできないようです。

(6/24追記)
並行インストール方法については、TDFのWikiに説明がありました。
https://wiki.documentfoundation.org/Installing_in_parallel
posted by 端っこなひと at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

Anthyの学習データのクリア

Debian wheezy の Anthy で変換ミスなどが学習されて使いにくいので一度クリアしました。
~/.anthy 以下の2つのファイルを削除
last-record1_default.utf8
last-record2_default.utf8
Anthyで変換すると、last-record2_default.utf8 が生成されました。


また、単語登録するため、 uim-dict-gtk3パッケージをインストールしました。
$ sudo aptitude install uim-dict-gtk3

以前インポートしたファイルは、 imported_words_default.d/dic.t にあり
uim-dict-gtk3で登録すると private_words_default に追記されました。
ラベル:Anthy
posted by 端っこなひと at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

Debian WheezyへSkypeクライアントのインストール

参加しているコミュニティによっては、Skypeでミーティングを行うところもありますので、
Debian 7.0 WheezyにSkypeクライアントをインストールしました。

Debian wikiのページにしたがって
1. Skypeのサイトで「Debian 7.0」を選択
2. Debパッケージをダウンロード(skype-debian_4.2.0.11-1_i386.deb)
3. インストールを試みる
$ sudo dpkg -i skype-debian_4.2.0.11-1_i386.deb 
(中略)
dpkg: 依存関係の問題により skype の設定ができません:
skype は以下に依存 (depends) します: libqt4-dbus (>= 4:4.5.3) ...しかし:
パッケージ libqt4-dbus:i386 はまだインストールされていません。
skype は以下に依存 (depends) します: libqtwebkit4 (>= 2.1.0~2011week13) ...しかし:
パッケージ libqtwebkit4 はまだインストールされていません。

4. 依存関係のパッケージを確認
$ sudo aptitude show libqt4-dbus libqtwebkit4
パッケージ: libqt4-dbus
状態: インストールされていません
Multi-Arch: same
バージョン: 4:4.8.2+dfsg-11
優先度: 任意
セクション: libs
メンテナ: Debian Qt/KDE Maintainers
アーキテクチャ: i386
展開サイズ: 122 k
依存: qdbus (= 4:4.8.2+dfsg-11), libqtdbus4 (= 4:4.8.2+dfsg-11)
破損: libqt4-core (< 4.4.0~beta1-1), libqt4-dev (< 4:4.7.1)
置換: libqt4-core (< 4.4.0~beta1-1), libqt4-dev (< 4:4.7.1)
説明: Qt 4 D-Bus module
Qt is a cross-platform C++ application framework. Qt's primary feature is its
rich set of widgets that provide standard GUI functionality.

The QtDBus module is a Unix-only library that you can use to make Inter-Process
Communication using the D-Bus protocol.

Applications using the QtDBus module can provide services to other, remote
applications by exporting objects, as well as use services exported by those
applications by placing calls and accessing properties.

This package depends on qdbus and libqtdbus4 to break their circular dependency
and allow easy updates from Squeeze to Wheezy.
ホームページ: http://qt-project.org/

パッケージ: libqtwebkit4
状態: インストールされていません
Multi-Arch: same
バージョン: 2.2.1-5
優先度: 任意
セクション: libs
メンテナ: Debian Qt/KDE Maintainers
アーキテクチャ: i386
展開サイズ: 25.0 M
依存: libc6 (>= 2.4), libgcc1 (>= 1:4.1.1), libglib2.0-0 (>= 2.31.8),
libgstreamer-plugins-base0.10-0 (>= 0.10.31), libgstreamer0.10-0 (>=
0.10.31), libqt4-network (>= 4:4.8.1), libqtcore4 (>= 4:4.8.1),
libqtgui4 (>= 4:4.8.1), libsqlite3-0 (>= 3.5.9), libstdc++6 (>= 4.1.1),
libx11-6, libxrender1
事前依存: multiarch-support
置換: libqt4-webkit (<= 4:4.7.0~beta1)
説明: Web content engine library for Qt
QtWebKit provides a Web browser engine that makes it easy to embed content from
the World Wide Web into your Qt application.
ホームページ: http://trac.webkit.org/wiki/QtWebKit

5. 要求されたパッケージをインストール
$ sudo aptitude install libqt4-dbus libqtwebkit4
以下の新規パッケージがインストールされます:
libqt4-dbus libqtwebkit4 qdbus{a}
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
skype

6. Skypeの起動
 [アクティビティ]-[アプリケーション]からSkypeのアイコンをクリックして起動
 もしくは、Alt+F2から「skype」と入力して起動
posted by 端っこなひと at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

DebianでTDF版のLibreOfficeの新しいバージョンをインストール

Debian Testing(wheezy)にLibreOfficeのリリース候補(TDF版)をインストールしていたのを、4.0.2にアップデートしました。

一度アンインストールする必要があるのか、よくわかっていなかったのですが、そのままインストールすると置き換えてインストールされました。

$ dpkg -s Libreoffice4.0
で確認するとたしかにインストールされています。
(インストール場所は/opt/libreoffice4.0/以下)

1. LibreOfficeの公式サイトから4.0.2をダウンロード
2. 解凍してdpkg -i で置き換えてインストールされる
$ tar zxvf LibreOffice_4.0.2_Linux_x86_deb.tar.gz
$ cd LibreOffice_4.0.2.2_Linux_x86_deb/DEBS/
$ sudo dpkg -i *.deb
3. ヘルプと言語パックも同様にインストール

posted by 端っこなひと at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

TrueCrypt でマウントするパーミッションを変更する

TrueCryptをGUIで利用していたのですが、マウントするとパーミッションが700になります。
jenkinsなどの他のプログラムからアクセスさせたい際にパーミッションを変更する方法を試してみました。

■以前インストールしたメモ
 DebianへDropboxクライアントとTrueCryptのインストール

コマンドラインからマウントオプションをつけてマウントする方法してみます。
$ truecrypt --help
でコマンドラインオプションを確認できます

以下でパーミッション777でマウントできました。
$ mkdir ~/vol-mnt
$ truecrypt --fs-options="umask=0000" コンテナファイルのフルパス ~/vol-mnt

unmountは、
$ truecrypt -d


参考:Carpe Diem「Linux(Ubuntu) で TrueCrypt を使う」
$ truecrypt --fs-options="uid=1005,gid=1005,umask=0000" /dev/sda1 /media/hoge






posted by 端っこなひと at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

Debian TestingにLibreOfficeのリリース候補をインストール

最近 Debian Testing(wheezy)の環境を起動している事が多いので、この環境に LibreOfficeのリリース候補をインストールしてみました。

■リリース候補パッケージの入手
1. 公式サイトのダウンロードページで、上のメニューから「開発版」を選択
2. Debianからアクセスした場合、自動的にリリース候補(LibreOffice_4.0.0.1_Linux_x86_deb.tar.gz)のリンクが表示される
3. 本体とヘルプ、言語パッケージをクリックしてダウンロード

■LibreOfficeをインストールする
元パッケージを削除しなくてもよいのか疑問に思って調べたら、小笠原さんのLibreOffice翻訳入門にも書かれていました。
http://togetter.com/li/420817

公式英語ページ:Installation of LibreOffice on Linux
http://www.libreoffice.org/index.php/get-help/installation/linux/

上記に従って入れます。
1. パッケージを解凍
$ tar zxvf LibreOffice_4.0.0.1_Linux_x86_deb.tar.gz

2. ディレクトリへ移動
$ cd LibreOffice_4.0.0.1_Linux_x86_deb/DEBS

3. dpkgでインストール
$ sudo dpkg -i *.deb

4. メニューのインストールは依存関係で怒られたのでやめます
$ sudo dpgk -i desktop-integration/*.deb
dpkg: libreoffice4.0-debian-menus_4.0.0-101_all.deb が libreoffice-debian-menus を含んでいることを考慮すると:
libreoffice-debian-menus は libreoffice-bundled と競合 (conflicts) します
libreoffice-bundled を提供する libreoffice-core が提供され、導入済み です。

dpkg: libreoffice4.0-debian-menus_4.0.0-101_all.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
パッケージの競合 - libreoffice-debian-menus のインストールは行いません
処理中にエラーが発生しました:
libreoffice4.0-debian-menus_4.0.0-101_all.deb

5. 小笠原さんのアドバイスにしたがって直接起動させることにしました
$ /opt/lodev4.0/program/soffice &

6. ヘルプ、言語パッケージもそれぞれtarで解凍してdpkgでインストール
7. 毎回フルパスを入力するのは面倒なので、パスが通っているところに、シンボリックリンクを作成しました
$ echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games
$ sudo ln -s /opt/libreoffice4.0/program/soffice /usr/local/bin/libo4

ターミナルかAlt+F2"から、"libo4"と打って呼び出します。
ラベル:LibreOffice
posted by 端っこなひと at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

Debian Testing での aptitude の警告

Debian wheezy (testing)でaptitudeを実行すると警告が出るようになりました。
試したところ、/etc/apt/sources.listを変更すると警告が出るようでした。
$ sudo aptitude update
...
W: bzip2:/var/lib/apt/lists/partial/ftp.jp.debian.org_debian_dists_wheezy_main_source_Sources を取得できませんでした: ハッシュサムが適合しません
E: Some index files failed to download. They have been ignored, or old ones used instead.
E: パッケージキャッシュを再構築できませんでした

根本的な対処方法がわからず、とりあえず /var/lib/apt/lists 以下を削除して警告が出ないようにしました。
$ cd /var/lib/apt/lists
$ sudo rm -rf *
$ sudo aptitude update

posted by 端っこなひと at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする