読書「スパマーを追いかけろ」

去年に買っていたのをやっと読み終えた。 「スパマーを追いかけろ スパムビジネスの裏側」 ISBN4-87311-229-X 著者:ブライアン・マクウィリアムス(Brian McWilliams) 訳者:夏目大 発行所:株式会社オライリー・ジャパン スパマーとアンチスパマーの生活がノンフィクションとして描かれていて興味深い。 スパマーがそんなに儲かるとは知らなかった。…

続きを読む

読書「ぼくが空を飛んだ日」

久しぶりにお話のある本を読んだ(気がする)。 「僕が空を飛んだ日」は、だいぶん前から図書館で更新しながら借りていたのだけど、ふと気が向いて読んでみた。 どこかで読んだことのある文体だと思ったら、翻訳者は浅倉久志さん。 たしか色々翻訳されていたはず。  はてな「浅倉久志」  Amazon「浅倉久志」  アマゾンでは190冊もあるのか~。読んだ記憶のあるものだと・・・…

続きを読む

読書「著作権の考え方」

最近、著作権についていろいろ教わることがあったので、積読のこの本を読んでみた。 「著作権の考え方」 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0312/sin_k153.html ISBN4-00-430869-0 著者:岡本薫 出版社: 岩波書店 著作権についてコンパクトにまとめられた、いかにも新書という感じの本。 …

続きを読む

読書「オシムの言葉」

ジェフユナイティッドのオシム監督のドキュメンタリー本。 良いという話を聞いていたこともあったけど、本屋で見かけて何も考えずに買ってしまった。 で、読んでみたら、評判通りよい本だったのでよかった。 オシム監督のことは万年降格争いをしていたジェフを強くした監督、くらいしか知らなかったけども、人間的にも戦術的にもすごい監督だとわかった。 とにかく、オシム監督のいいことばっかりので、…

続きを読む

読書「カッコウはコンピュータに卵を産む」

伊原さんのブログで見かけたので、図書館で借りてきて読んだ。 カッコウはコンピュータに卵を産む(上) http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_4794204302.html ISBN4-7942-0430-2 クリフォード・ストール 著 池央耿 訳 カッコウはコンピュータに卵を産む(下) http://www.soshish…

続きを読む

読書「失敗学のすすめ」

「ドアプロジェクト大阪シンポジウム」の帰りに、畑村さんの失敗学に興味があって購入した。 失敗から学ぶことで大きな事故を防ぐことができるという考え方。 具体的な事例を挙げられ、非常に説得力がある内容だった。 ドアプロジェクトの話を聞いたときも思ったのだが、失敗のプラス面をこれほど強調する人は見たことがない。 気になったポイントはいくつもあるが、責任追及をしないのがそのひとつ。責…

続きを読む

読書「テレビアニメ魂」

テレビアニメの制作の裏話本。 私は、アニメの内幕本や評論本は普段は買わないのだけど、これは面白そうなので買ってきた。 著者の山崎敬之さんは、東京ムービーで企画・文芸を担当していた人だそうだ。 企画・文芸ってなに?って感じだが、山崎さんによると 物語の舞台設定を考案し、脚本家に執筆を依頼して手直しをしながらシナリオを完成させる、いわばシナリオの「編集者」が僕の役割だった。 つまりは作…

続きを読む

読書「ミュンヘンの中学生」

著者の娘さんがミュンヘンのシュタイナー学校に通ったときの保護者としての体験を著した本。 ミュンヘンの小学生の続編。 第1刷発行が1984年だから、21年前のお話なのか。 購入したきっかけ。 本屋で「「モモ」を読む」という本をみて、これはエンデの「モモ」に関係あるの?と手にとってみた。 シュタイナー教育とエンデの「モモ」を絡めた話のようで、シュタイナー教育ってなんだ?ということで…

続きを読む

新ちゃんがないた!

本棚を整理していたら出てきた。小学生の時に読んだ記憶がある。 改めて読み直してみると、1時間くらいで最後まで一気に読んでしまった。 児童文学って匂いがプンプンする。否定的な意味じゃなくて、お話が生きいきしていておもしろい。 親も担任の先生も校長先生もみな(作者にとって)理想的な人物像で語られ、それでも困難がおとずれて乗り越えていく。 いまどき児童文学でもこんな作品はあんましないん…

続きを読む

「オープンソースワールド」

内容の大半はエリック・レイモンドの3部作など、山形浩生さんのサイトなどWebで読める。 5年ほど前にそうだったのか!と山形さんのサイトを興奮しながら読んだ記憶がある。 本屋でみかけて懐かしくなり、つい買ってしまった。 エリック・レイモンドの3部作(伽藍とバザール、ノウアスフィアの開墾、魔法のおなべ)はいま読んでもほぼ通用する。というか一部は常識になってきた感すらある。 当時のオー…

続きを読む

マイノリティ・リポート

この間図書館で借りて読んだ「マイノリティ・リポート」についてのメモ。 ISBN4-15-011278-9 著者:フィリップ・K・ディック 翻訳:朝倉久志ほか 出版社:株式会社早川書房 1冊に中短編7編が収録されている マイノリティ・リポート (The Minority Report) ジェイムズ・P・クロウ (James P. Crow) 世界をわが手に (The Tro…

続きを読む