2007年04月25日

「オリックス対楽天」を観にいってきた

4月24日(火)にスカイマークスタジアム(旧称グリーンスタジアム)であった「オリックスvs楽天」の試合を観にいってきた。

 Yahoo!スポーツの試合のページ

プロ野球を観にいくのは久しぶり。やっぱりライブで観るのはいいなあ。
オリックスもブルーウェーブでなくなってからは応援していない(合併のことは許していない)ので、どちらを応援するというわけでもない。

予報どおり試合途中から雨がパラついてきた。
お気に入りのバックネット裏2階席は屋根があるので濡れることはなかった。
雨が降ってからは寒くなったので持って行ってたジャンパーを着てしのぐ。

試合は楽天が初回にセラフィニの制球が定まらないところをついて4点を先制。とくに山崎の3ランが効いた。

オリックスも反撃するも楽天がさらに山崎の2ランなどで突き放して9-5で楽天の勝利。

とにかくセラフィニが悪すぎたことに尽きるかなあ。
とはいえ、楽天の先発永井もあまり調子がよくなかったし、好調なオリックス打線が追い上げて、9回に1死満塁で4点差になったときは、もしかしたらと思わせた。

チームの状態としてはオリックスの方がよさそう。
打線が見違えるように調子がいい。1番大西、3番ラロッカ、5番北川、6番下山あたりは打ちそうな予感がする。
2番村松、4番ローズはブレーキもいいところだけど。
その日に限っては8番大引がすばらしいバッティングをしていた。

一方楽天打線は、大量点をうまくとったけどもそれほど破壊力は感じない。
3番リックはやたらあたっていたし、4番フェルナンデスはいいバッターだと思うけど、後は5番磯部くらいか。
今回は山崎が大当たりしていたので大量得点になったけど、いつもそううまくはいかんだろうし。

オリックス先発セラフィニはあんなに悪い投手だったのかな?と意外。球に力があったしいいボールも投げているのに、何度かストライクが入らなくなって四球をだしてはホームランという最悪のパターン。
二番手の岸田のほうが調子がよかった。

楽天先発永井は、それほどいい投手には見えなかった。ストレートも138km/h程度だし、キレがあるほどでもない。すごい変化球もなし。ただコントロールはまとまっているので大崩れしにくい点は評価できそう。2-3などのカウントから真ん中へなげて打たれるケースを何度かあってまだまだ甘いねえ。

楽天のリリーフは2番手朝井がオリックスの反撃の勢いを止めたのが大きかった。とくに6回の大西見逃し三振のボールはすばらしかった。
小倉、有銘がいまひとつでオリックスが息を吹き返した。
松本が死球を与えて1死満塁。そこで下山がねばっていたのだけど、アウトコースのストレートで見逃し三振。
あれが試合の最後の山だった。

つまらないミスが両チームにあったのは残念。
オリックスはタッチアップで2塁から3塁へ走らないとか。1塁手が2塁へバックアップに入らないとか。
楽天は間に合わないバックホームをして打者へ2塁へすすませるなど。

楽天の野村監督らしかったのが、4回の6点目。1死1-3塁で1塁ランナーとエンドランをしかけてショートゴロの併殺くずれで1点をもぎ取っていた。

全体的に荒っぽい打撃戦だったけど結構楽しめた。
両チームとも昨年よりは戦力が上がっているけど、上位を狙うにはまだまだ厳しそうな感じだった。
posted by 端っこなひと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

オリックス対日本ハムを観て来た

オリックス対日本ハムを観戦。プロ野球を観るのは今年2試合目。
まえは、5月7日の交流戦だった。

グリーンスタジアム(今年からスカイマークスタジアム)のバックネット裏の2階席に陣取る。
ここが一番観やすいんだよね。
風があって涼しかった。

試合は、オリックスは40歳の吉井。日本ハムは新人ダルビッシュの対照的な対決。
7月30日にもこの2人が投げ合って、そのときは吉井が勝ったみたい。知らなかった。

nikkansports.com「40歳オリックス吉井、18歳ダルに勝つ」(2005/07/30)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-050731-0006.html


はじめは投手戦。

オリックスが3回に、なぜだか今日3番の後藤がタイムリーで1−0と先制。
無死一塁で、仰木さんは村松に強行。ところがダルビッシュのワイルドピッチで走者の日高が2塁に進んだのが、得点の原因だろう。

ノーヒットだった日ハムは、5回表に稲葉のソロで、1−1の同点。

すかさずオリックスは5回裏、連続四球からガルシアのレフト線ポテンヒットで2−1。
そのとき、レフトの坪井がスライディングしてボールを見失っているのに、1塁の後藤が3塁へ走らなかった。

ブランボーのライトフライで後藤は3塁にいれば帰ってこれたのに。しかも、2塁から3塁へのタッチアップも怠る始末。深い当たりだったので、ハーフウェー待機はありえないと思うけどねえ。

その後満塁で、北川がショートゴロ。惜しかったな、ダルビッシュはアップアップだったんだけど。

6回表に吉井が捕まり、無死1・3塁。仰木さんは吉井を早めにあきらめて菊池原投入。
しかし、小笠原に1・2塁間を破られ2−2。稲葉を三振に討ち取るも、木元に3塁頭上を破るタイムリーを浴びて2−3。
悪い投球じゃなかったけど、木元に対しては投げ急いだかな?

勝負のポイントは7回裏。1死満塁で谷。セカンドゴロで最悪のダブルプレー。
谷は今日まったくいいところなかった。こんな谷は見たことない。
スランプはかなり重症な様子。こんなんじゃオフにFA宣言できないかもね。

8回表、小笠原にライトへ場外ホームラン打たれる歌藤。
あそこまでとんだのを見たのは3回目くらいかなあ?

続く稲葉にもライト中段へホームランを打たれてほぼ勝負あり。

8回裏、それでも代打坂口のレフト線ポテンヒットの2塁打から1点を返して粘るが、そこまで。
坂口って誰?って感じなのだけど、2002年の近鉄ドラフト1巡目らしい。
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/player?id=20199
足は速そうだったけど、バッティングはどうなのかなあ?


試合を観て思ったのは、オリックスは選手は豊富だけど、野球が雑。
サードのブランボーは危なっかしいし、セカンドの平野は8回にイレギュラーでもないキレイなトンネル。

逆にうまいのは、ショートの阿部真。メチャメチャ安定している。あれで打てたらいいんだけど。
村松も見事。守備範囲の広さにおどろく。センター左横へのヒットなのに谷ではなく、レフトの村松が処理していた。
8回にはバックホームをストライク返球で走者を刺していた。さすがという感じ。

バッティングはガルシア、ブランボーが荒っぽいし、谷が絶不調。つながりが悪い。


日ハムはかつては楽しみなチームと思っていたけど、小笠原、稲葉、坪井など主力野手がみんな30歳を超えてきている。
層が薄いのも問題だろうなあ。
新庄が出ていないとかなり地味になってしまう。


関連リンク
Yahoo!スポーツ プロ野球 オリックス vs. 日本ハム
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/live?id=2005081906
posted by 端っこなひと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

オリックス対中日 交流試合第1戦

チケットを無料で入手したので、オリックス対中日の試合を観にいった。
交流試合の第1戦。

出かけるときは雨が降っていたので中止を心配したけど、ほとんど降らずにすんでよかった。
バックネット裏の2階席の屋根の下に陣取る。観客が少ないのでゆったりできていい。

私はブルーウェーブ・ファンなので、バファローズになった今のオリックスはどうでもいいんだけど、一応オリックス側に立って観戦した。


試合はオリックスが6−0と完勝。
珍しくオリックスのいいところばかりが出た試合だった。

中日先発は川上憲伸。3点取れたらいいところという私の予想を上回る結果。

先制は3回。ヒットで出た早川をキャッチャーの鈴木(全然知らない選手)が送り、村松倒れたあとに2番平野が3塁のグラブをはじくレフト前ヒットで早川が生還した。

2点目は5回、ファウルで粘った早川が四球で出塁。鈴木の右中間のフライで早川が2塁へタッチアップ。これにはびっくり。普通なら考えられないような当たりなので、早川の恐るべき俊足のなせる技だ。ここで村松のライト前ヒットでまたまた早川生還。

この2点目が勝負の主導権を分けたように思う。

6回には、北川のバックスクリーンへの2ラン。

7回には、不調だった谷の2点タイムリー2塁打。
合計6点。


オリックス先発パーラは、ボールの先行する投球だったが四球は出さずにしぶとくしのいでいた。

1回に先頭打者の荒木にヒットを打たれて、井端の当たりが強いショートゴロでダブルプレーになったのが大きかった。

6回には井端に2塁打を打たれても立浪を討ち取った。

パーラが7回無失点に抑えたのがオリックスの勝因だろう。

■ヤフーのページでキャッチャー鈴木を調べてみた。
 鈴木 郁洋(スズキ フミヒロ)
 30歳。
 仙台育英高(甲)-東北福祉大-中日-近鉄

元中日の選手やんか。そりゃ中日のことがよく分かってるよな。

思い出した!シドニー五輪ではプロメンバーの一員として参加、正捕手だった人だ。
準決勝の韓国戦で松坂をリードして、今ロッテにいるイ・スンヨプに決勝打をうたれたのだ。
あのときリードがよくなかったので古田だったら勝てたかも、って言われてたっけ。
あれ以来、ほとんど見かけてなかったんだけどオリックスに行ってたんだ。



Yahoo!Sportsの試合中継ページ
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/live?id=2005050606

Yahoo!Sportsの試合成績ページ
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/scores/20050506/box_2005050606.html
posted by 端っこなひと at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする