2007年01月04日

年末年始に見たテレビ番組

この年末年始は久しぶりにテレビ漬けで過ぎたなあ。
で、すでに忘れかけていたりするので感想を少し書いてみる。

●年末はずいぶん前に撮りためてた「The Soul Taker〜魂狩〜」を最後まで見た。
 うーん、最後までよくわからんかったけど全体の雰囲気は楽しめた。
 OPの出来はなかなかよいし。部分的なポテンシャルは高い印象。

 物語や構想はグダグダ。元からそのあたりは壊し気味なので狙い通りなのかも。
 さすがにあの結論はないと思うけどねぇ。

 デビルマンを連想させるのは、悪魔の力を宿した設定やら変身後のシルエットあたりから?
 時々変身後のキャラがエヴァンゲリオンっぽい気もするけど気にしないことにしとこう。

●映画「ブエノスアイレス」
 goo映画Wikipedia
 後半は見覚えがあったのだけど、前半は記憶になかったなあ。前は後半だけみたのか?

 王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の作品の中でも特に印象が薄い。
 私にとって「欲望の翼」のインパクトが凄すぎたので、あとはどうでもいいって感じなんだけど(笑)

 同性愛の話なので若干男女間の恋愛とは違う部分もあるような気もしたけど、よくわからん。
 描かれている2人の関係、恋愛というより依存関係に見えて仕方がなかった。

 物語としてはまとまりに欠けるけど(毎度のことか?)、部分部分はウォン・カーウァイらしい作風。
 いくつかいい感じのカットがあるのだけど、一番よかったのは下宿先の台所でダンスを踊っているところかなあ。

 体調がよくなかったのか見ていて疲れた。

●映画「トラフィック」
 goo映画Wikipedia

 かなりの力作。尺も長いし!
 アメリカとメキシコを舞台にした麻薬戦争をかなりリアルに描いている。

 脚本が頑張ってるよねえ。アクションに頼ってない点も好感。
 俳優人も芸達者ぞろい。特にルイス・ガスマンベニシオ・デル・トロがおいしい役を貰っていて、それぞれのカラーを出してた。

 スティーヴン・ソダーバーグ監督ってこんな作風だったかな?
 キャッチーなイメージだったんだけど、「セックスと嘘とビデオテープ」の印象が尾をひいてるのかな。

●映画「日本の黒い夏 冤罪」
 goo映画
 Wikipedia「松本サリン事件」Wikipedia「河野義行」Wikipedia「冤罪」
 河野義行さんのオフィシャルページ

 この年末年始見た中では一番強烈な印象だった。
 松本サリン事件での河野さんの冤罪に材をとったドラマ。

 ◆警察がいかに犯人をでっちあげるのか
 ◆マスコミがいかに真実を捻じ曲げて伝えるか
  そしてその影響力の強さ
 ◆サリンのものすごい毒性
 の部分についてが見るべきところで、詳細かつリアルでよく出来ている。

 映像がしょぼいとか演出が下手だったりするけど、実際の取材から起こしている部分がすべての映画だから、そのあたりは枝葉末節。


 警察の事情聴取が人権侵害をしていることは知っていたけど、あそこまで酷いとは思わなかった。
 憲法にもうたわれている人権も警察の前では無力なんだなあ。
 私が容疑者だったら耐え切れずにうその自白をして、死刑になっているだろうな〜。

 マスコミの事情(人的リソースの少なさとか、時間的な限界とか、広告主の圧力とか)もコンパクトによくまとまっていた。

 ちょっと驚いたのが、テレビ局が冤罪説を唱えたときに非難の電話が殺到したという点。
 そこまでアホな視聴者がたくさんいるなんて信じがいんだけどなあ。

 容疑をかけられた主人公の家に嫌がらせが多発するところは、いかにもいじめの国だなあ。
 弱いものとか悪いとされたものへストレスをぶつけることに、私を含めてもう少し違和感を持ったほうがいいんじゃないかと思う。
 普段はこういうのが大嫌いだけど、ときどき変な正義感に駆られることがあるから(自分が)怖いんだよねえ。

 サリンの毒性もすごい。
 まいたところからかなり離れているところでも死者がでているらしいので。
 あそこまで離れてても拡散しないんだ。そりゃ化学兵器で使われるわけだ。

 そういえばイランイラク戦争でフセインがイラン向けに使ったらしいのだけど、そのあたりを追求するまえにフセインを処刑しちゃったなあ。
 イランに対する虐殺事件については国際法廷でも開かない限り裁くことは不可能だろうけどねえ。
posted by 端っこなひと at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

土曜フォーラム「人口減少時代の地域づくり」

1月7日(土)にNHK教育テレビで放送されていた、土曜フォーラム「人口減少時代の地域づくり」を観ての感想とメモ。

○2050年にどうなっているかを想定していた。
 団塊ジュニアが80歳代
 高齢化率(65歳以上の率)35.7%

○兵庫県が例に出されていて
 2000年→2050年
 人口:555万人→455万人。100万人減ってしまうと予想されている
 高齢化率17%→36%
 要介護者10万人→30?万人
 
 財政7兆円→5兆円(26%減)
  このままだと社会保障費が大幅に増える
  公共事業を絞っても16.4%はかかる
  インフラどころではない

○印象的だったのは、2020年代前半で新規の公共事業を行う余地がなくなって、それ以降は既存の公共施設を維持することすらできなくなるという話。
更新するものを選別する時代になるという。
それとお金があってもセメントや鉄鋼などの資源がないから、公共事業は減っていくとか。

必要性の低い公共事業をやっているところは、将来の廃墟を作っているようなものかも。

○人口減少といっても、都市部ではなく山間地の減少度合いが大きいらしい。
 いままでのように道路や下水道などのサービスを一律に提供するのは難しいだろうと。
 サービスレベルをどこまでやるか

○北海道室蘭市の例
 鉄鋼の町として、最盛期は18万人いた人口が、30年間で10万人を切った
 地区の中ほどの店が撤退して寂れていた
 →交流センターと17店舗のショッピングモールのビルを建設
   商店街を一巡すれば生活品が間に合うので、モールができて5年間で徐々に賑わい
   向かいに病院を誘致
   便利な街を目指している

 街の中に活気を呼び戻そうと再開発するのはよくやる手だけど、民主導なのが特徴なのかも。

 ぐぐってみたけれど、これって「室蘭市市民会館」と「ぷらっとてついち」のことかなあ?

 郊外に高齢者が増えていることが課題
  郊外の住宅は坂が問題。高齢化して病院にいくにも車代が大変
 遊休地を利用して郊外の高齢者の住み替えを考えているらしい
  マンションを用意して街の中へ高齢者を
  開いた家は若い世代に低料金で貸し出すプラン
 
 アイデアは面白いと思う。ただ私なら低料金でも坂の上の古い家に住みたいかは微妙。

 室蘭市公式ページ
 Wikipedia 室蘭市

----
 ぜんぜん関係ないけど、室蘭市ってこんな話題も。
 slashdot 北海道室蘭市教委、学校システムの一部をLinuxからWindowsへ変更
  Windows、Linuxにかかわらずきちんと管理するにはそれなりにコストがかかると思うけど。
---- 

○岩手県田野畑村の例
 人口昭和35年の6000人→現在3500人
 公共サービスを住民自身で行う試み
  村道の維持管理を地区
  自前の除雪機で雪かきなど
 甲地地区
  自治会長さんいわく、昔から共同でやってきたのでうけいれやすいのでは
  公民館の立替で、
   財政難の村は1割の300万円を自治会で負担を求める
   →自治会はひとり一律5万円を求めた
   みんなに権利がある、ひとりあたり15万円くらいの価値があると説明して説得したという

 何でも行政に頼らずに自分たちですることはすばらしいのだけど、よくまとまったよなあ。
 それに、自治体がボランティアを下請けの便利屋にしようとする場合がある。というか神戸市はそんなんばっかし。

○大西氏の護送船団方式はやめるべきという話は面白かった。
 商店街をどうこうというのを封印せよという。
 やる気のある人たちが集まって新しく作ればいいと。足をひっぱらない

 イメージはオープンソースのバザール方式に近い?
  参考:Wikipedia バザール方式

○イギリスのRDA:地域開発公社のことが少しでていたけど、はじめて聞いた。

 財団法人・自治体国際化協会 イングランドにおける地方分権に向けた動き
 http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/sp_jimu/151_3/INDEX.HTM

 日本総研「地域再生力強化に向けて」
 http://www.jri.co.jp/JRR/2004/10/op-rebirth.html

○増田知事は、国の補助金をもらってやると味気なくて寂れていくという
 地域のリーダーをサポートしていく
 行政は人が変わるので、どうしてもギャップがあるという
 
 補助金って縛りが大きくて、使えないって話は良く聞く。いいかげん権限と財源を自治体に与えればいいのにね。
 人が入れ替わるって話は、知事の権限で人を変えなきゃいいだけやん。
 うちは大丈夫だけど他所は駄目だねって話だったのかな?

○松谷氏の経済活動を軸にするのではなく、いかにお金を使わずに豊かにすごせるかという話も。
 これも確かに大事なポイント。ただし、今回のテーマとはちょっとずれている。
 やりすぎると地域経済が回らないし。

○全体としては、人口減少の社会は明るいけどもいろいろ問題もあるねというトーンの話だった。
 私としては人口減少が問題じゃなくて、急激な変化に社会が対応していくのが問題なんだろうなあと感じている。
posted by 端っこなひと at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

今月の朝まで生テレビ

今晩の深夜に放送される、今月の朝ナマは、戦争体験者の話らしい。
前回の第1弾は、普段なかなか聞けないような生々しい話もあり、最近の朝ナマの中では断然充実していた。
(というか、政治家が出てくるとつまんないんだよな)

 今回「激論!第2弾元帝国軍人が戦争の全てを語る!」
 http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/Curr/program.html

 前回「激論!敗戦60年!元帝国軍人があの戦争を語る!」
 http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/0506/program.html

今回は、元731部隊の人や、インパール作戦従事していた人がどんな話なのか注目。あと、対極の大本営参謀にいた人も出演するとか。

731部隊に関してはかなり情報も出てきているのだけど、よくわからない部分もある。
731部隊の出身者は、戦後人体実験の過去を隠して、大学病院などの教授になった人も多いと聞くが。




前回、特攻から南京大虐殺までいろいろ話がでてた。
ブログに書いてなかったし、前回観たときのメモから一部拾ってみる。
---------------------------------------------
○寺嶋 芳彦(海軍兵曹長):
 中国では、制服きている兵隊が負けると逃げて、普通の服で撃ってくる。
 塹壕には民兵。民間人に小銃もたせ、足に鎖つけられている。トクセンタイという見張りがいる。
 南京大虐殺について、本当のこと言えない。言ったら戦犯に引っかかるひとが多かった。
 30万人はでかすぎる。
 スパイと思ったら、子供でも女でも縄にくくって揚子江に放り込む。いけないけどもやらざるをえない。
○名越 二荒之助(陸軍軍曹):
 ソ連軍がやってきて、南下する貨車。子供が死ぬと投げ捨てるような状況。
 シベリア抑留では、モスコ抑留の方が面白い。国際的でドイツ人、日本人、東欧諸国民が計5000人
 意気軒昂なグループと洗脳されたグループに分かれた。
 60万人連れて行かれて、6万人なくなった
○松浦 喜一(陸軍少尉):
 慶応学生のときの学徒出陣。
 特攻といっても片道燃料で出撃してたわけじゃなくて、燃料を満タンで出撃してた。
 離陸したとき、帝国軍人を捨てた。自分が天皇の為に死ぬんじゃない。
 大日本帝国の為に死ぬんじゃない
 自分の愛する人の為に死ぬんだと。
 日本には戦争する力もない。愛する人を守るには特攻しかないという心境
○松浦 喜一(陸軍少尉):
 戦争で死んだ人はほとんど病死と餓死。
 天皇の為に死ぬとか考えた人はほとんどいないと思いますね。
○斉藤 一好(海軍大尉):
 ガダルカナルに救援にいったとき、船までたどり着いているのに、マラリアと飢餓で弱った人たちがはしごから落ちて死んでいった。
 アメリカ軍は、(撤退ではなく)増援部隊だと思って、手を出さなかった。
 ガダルカナルでどうにか助かった人が、インパールにかり出された。
○加藤 六月(陸軍士官候補生 元衆議院議員):
 アジアを開放すると思っていた。
 油欲しいのは本音。オランダ追い出して我々が変わったんだけどアジア人のためにと
 従業員も戻って協力してくれた
○名越 二荒之助(陸軍軍曹):
 インドネシアの独立戦争では、戦後残った日本兵が戦った。
 武器弾薬は全部調達した。
 まだしゃべれない。彼らが自分達が戦って独立したんだということ。
○寺嶋 芳彦(海軍兵曹長):
 フィリピンの在留邦人は、日本軍に食べ物をとられてしまい、飢餓。逃げるときに子供を殺した人もいた。
 もう少し戦争が長引けば、全滅していた。
○BC級戦犯、木村ひさお。弱い上等兵。見せしめ的に殺された。
 原田中尉、法政出身。名刀を持っていて剣道5段。
 住民のスパイ行為。斬首刑にしろと。それで切っちゃった。
○簡 茂松(陸軍上等兵):(台湾人)
 台湾人で戦犯として処刑されたのは173人。戦死33000人。
 日本人の上司はみんな逃げて、台湾人に罪を押し付けた。
 台湾人は日本人として戦ったのに、軍人恩給はまったくない。
 日本人に怒りがあります。
○加藤 六月(陸軍士官候補生 元衆議院議員):
 110年前日清戦争、日露戦争から勉強して
 平和に感謝の気持ちを
○寺嶋 芳彦(海軍兵曹長):
 南京大虐殺はあった。人数はわからない。
○木下 迪介(陸軍兵長):
 開放と侵略の両面がある。侵略ばかりの被虐的な話ばかりしている。
○靖国神社は日本の戦争を美化する博物館。
-----------------------------------------

観ていて知らなかったことも多かった。思想も考えも人さまざま。
中国戦線と太平洋戦線ではかなり戦いの様子が違ったみたい。

中国戦線ではゲリラに苦しめられて泥沼の戦い。その中で虐殺を起こした。
太平洋戦線では、飢餓とマラリアとの闘いにつきるというかんじ。


posted by 端っこなひと at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

アフリカゼロ年・シリーズ放送日時

アフリカゼロ年・シリーズ
先週はロンドンのテロの話で、第2回が延期。
いつやるのかと思っていたら今週末に連夜で放送するのか。

 NHKスペシャル
 http://www.nhk.or.jp/special/
7月23日(土)
 NHKスペシャル
 21世紀の潮流 「アフリカ ゼロ年」 4回シリーズ
  第2回 ナイジェリア石油争奪戦
  〜貧困をもたらすのは誰か〜

7月24日(日)
 NHKスペシャル
 21世紀の潮流 「アフリカ ゼロ年」 4回シリーズ
  第3回 子ども兵を生んだのは誰か
  〜モザンビーク・内戦の果てに〜
posted by 端っこなひと at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

「ジェノサイドを止めるのは誰か〜スーダン・ダルフール紛争〜」

NHKスペシャル「ジェノサイドを止めるのは誰か〜スーダン・ダルフール紛争〜」の再放送(7月12日午前0:40〜1:32)を観た。

 NHK
 http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0007/l0709.html
 http://www.nhk.or.jp/omoban/k/0709_4.html

「アフリカゼロ年」 シリーズの第1回にあたるらしい。このシリーズは要チェックかも。


村が完全に焼き尽くされて、人々は虐殺されている。恐ろしい実態が放送されていた。
スーダンは長い間内戦が行われていたが、ここまで酷くなったのは2003年ごろからのようだ。

AU・アフリカ連合の副司令官(ルワンダ軍)に同行した取材が中心だった。

ジャンジャウイードと呼ばれるアラブ系民兵がアフリカ系の村を襲っている。その背後にはスーダン政府がいるという。
スーダン政府が空爆を行っているというのだから恐ろしい。
数十万人もの難民が発生して、援助が行き届いていない。

国連はジェノサイドだと認定すれば介入できるのに、それをためらっているとのこと。
どの国も軍を送りたくないかららしい。


そういえば、ブログに書き忘れていたけど、
6月4日のNHK教育テレビ・土曜フォーラム「子どもの人権危機」で、アグネス・チャンがユニセフ大使としてダフールに行ったときの話をしていた。
メモを読み返してみる。
----------------------------------------------
ジャンジャウイードが家を壊し、井戸を壊す、女性を犯す。
国際刑事裁判にかける決議をしたら、部族の争いが激化してラルフール?が火の海になると言われた。
夫を殺され、逃げた女性は撃たれて、抱いていた赤ん坊は死亡した
1万2千人の村が壊滅。誰一人残っていなかった。

学校の壁、子ども達が処刑された銃弾の穴が残っている。

ダルフール難民キャンプは9万人もあふれかえっている。
6人の女性(13歳〜26歳)キャンプに逃げてきたのに、薪を集めているときに8人の男にレイプされた。
------------------------------------------------

アグネスの話だけでも相当ショックだったけど、今回のNHKスペシャルで村が燃え尽きた映像をみて、いかに凄まじいことが起こっているかが分かった。

Webの情報では、スーダン・ダルフール危機情報wikiが詳しい。
「スーダン・ダルフール危機情報wiki」は極東ブログのfinalventさんが立ち上げられている。そういえば、極東ブログではダフール問題について何回か書かれていた。
というか、このwikiのことも言及されてるし。記事は読んでたのに見落としてた。

 極東ブログ
 2004.04.10 スーダン・ダルフール州の民族浄化
 2004.06.30 スーダン虐殺は人道優先で。石油利権の話はやめとけ
 2004.08.28 スーダン・ダルフール虐殺問題と日本、そして日本のブロガー
 2005.02.04 スーダン問題について



スーダンの石油利権も絡んでいるという話もあるけど。
http://wiki.fdiary.net/sudan/?%A5%B9%A1%BC%A5%C0%A5%F3%B8%B6%CC%FD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
石油がどうこうというより、今の状況は異常としか言いようがない。


歴史的に難しい問題を抱えていることは確かだけど、2003年以降の状況は内戦ではなくジェノサイドというべき。
国際社会がスーダン政府に圧力をかける方向にもっていかないとね。


関連リンク
 Wikipedia「ダルフール紛争」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%B4%9B%E4%BA%89

 Yahoo!ニュース スーダン
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/sudan/
posted by 端っこなひと at 08:56| Comment(2) | TrackBack(2) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

夢があったから立ち直れた

にんげんドキュメント[再]「藍とさくら(1)心優しくたくましく・宮里藍選手
1〜2年前にも見たことがあった。再編集されているようだが。

宮里一家って信じられないくらい仲いい。
「心優しくたくましく」ってタイトルそのもの。
お父さんが町長選挙に落ちたとき「夢があったから立ち直れた」とか

どうでもいいことだけど、藍ちゃんが2番目のお兄ちゃんを優作って呼び捨てにしたり、1番上のお兄ちゃんに「キミは〜」ってメールを送ったり。フレンドリーな関係にびっくりした。
こういうのって沖縄の文化なのかな?
posted by 端っこなひと at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする