2015年07月01日

HDDがBIOSで認識されず「Can't Detect TPM Device」

デスクトップPCのHDDが突然BIOSから認識されなくなりました。

その日も普通に使っていて、シャットダウンして、続きをしようと起動した時にはすでに認識しなくなっていました。特に調子が悪いという兆候もなかったので驚きました。

"Can't Detect TPM Device"というメッセージで、進めても、カーソルが点滅するだけです。
ケースを開けてHDDを外に出してから、もう1度繋いでみましたが、電源を入れると回転音らしきものは聞こえます。

2009年購入のPCですので、そろそろHDDが壊れてもおかしくはないのですが、Seagateの"ST3500320AS"で調べるとHDDのファームウェアの不具合の可能性もあるようです。

* kan_nyo blog「SeagateHDDファームウェア不具合で認識しない」
* Gigazine「Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明」

Seagateの保証の確認ページで調べると「Out of Warranty」とのことで(予想通り)保証は切れていました。

ファームウェアを更新した記憶はないので、更新しておけば、防げたのかもしれません。
メインマシンではないので、ほとんどデータはなく、バックアップもとっていました。ただ、去年勉強会で撮影したビデオデータはバックアップしなかったのは失敗でした。

データ救出の可能性もあるのでしょうが、業者に頼むと高そうですし、私のスキルで頑張るのは難しそうなのであきらめることにしました。

ちなみに、最初はBIOSで認識されていないことに気が付かず、
「コマンドプロンプトからWindowsを復旧する4つの方法 (Vista/7/8/8.1)」などを参考に、
Windows7のインストールDVD(TechnetのISOイメージ)から調べていました。
修復する->コマンドプロンプトで、
>bootrec /fixboot
をして要素が見つかりません、と怒られて、
>diskpart
>list disk
>list volume
でメインのハードディスクがいないことに気が付きました。

出費は痛かったのですが、SSDが随分安くなっていましたので、これを機にSSDにしてみました。


ラベル:ハードウェア
posted by 端っこなひと at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

デスクトップパソコンの電源が一時起動せず

以前にもあったのですが、デスクトップマシンの電源がまったく入らない状態になりました。CPUファンすらまわらない状態だったので、電源かマザーボードの故障も頭をよぎりました。
電源ケーブルの抜き差しをしてチェックしても効果はなかったのですが、

パソコントラブルと自己解決「電源が入らない」
電源ケーブルが抜かれた状態で、電源ボタンを何度か押してから、ケーブルを挿し直してみてください。
に従ってやってみたところ、無事起動しました。
posted by 端っこなひと at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

PIXUS MG6130の5100エラー

PIXUS MG6130の電源を入れるとエラーになり使えない状態になった。
「エラー5100」「プリンタートラブルが発生しました 電源を入れ直してください 解決しない場合は、取扱説明書を参照してください」というメッセージが表示される。また、電源を入れた際に、中で(後ろの紙送りか?)空回りしているような音がする。

5100/5110 プリンタートラブルが発生しました(PIXUS MG6130)

上記ページを見ながら、用紙が挟まっていないか、内部をみてみるがそれらしきものは見当たらない。
インクが右側からスライドしてこないので、インクタンクが正しくセットされているかもチェックできない。

キャノンのお客様相談センターに電話すると、紙詰まりチェックと電源OFF->ONで治らない場合は修理に出してくださいと言われてしまった。
保証期間の1年をすぎている場合は11,550円必要らしい。どうしたものか思案中。

キヤノンMP810の変な症状〜プリンタの修理屋さん、お願い!を読んでみても、修理に出すしかないのか。
posted by 端っこなひと at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

レッツノートの起動しないトラブル

レッツノートW2を電源をつけたまま移動させて、LANケーブルをさしたタイミングでWindows XPがフリーズ。
Powerボタンで強制終了すると、ブートしなくなったのであせった。

Intel UNDI PXE-2.0(build 082)
などのメッセージが出てきて、HDDが読めていない。異音がするのでHDDがいかれたのかと思ってへこんでいたら、近くの人が見てくれてBIOSで起動する順番をHDDを一番上にしたらブートしてきた。
DVDマルチドライブがへたっているのが原因だったらしい。
posted by 端っこなひと at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

HD-ES500U2購入

ノートPCのデータがあふれてきたので
ソフマップ.comで外付けUSB-HDDのHD-ES500U2を購入
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd-esu2/index.html

13,800円。少し迷ったけどパーフェクトワランティ1,000円も追加
最近のHDD価格の低下にはびっくり


●HDDの中のDriveNavi.exeを起動して、NTFSにフォーマット

●TrueCryptで200GBのNTFSボリュームを作成
 @IT・暗号化仮想ドライブで手軽にファイルを暗号化や以前のメモ「「TrueCrypt」で仮想暗号化ドライブを作成」を見ながら暗号化を行う。

 3時間近くかかった末にNSFSのフォーマットエラー。一般ユーザでTrueCryptを起動したまま「別のユーザとして実行」でもうひとつ起動して作業したからかも。
 今後時間が空いたら、Administratorsグループでログインしてやってみよう。
 
 

posted by 端っこなひと at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

WL54TEの交換

先日WL54TEが壊れたのでCG-WLCVR54AG2を購入したというエントリーを書いたら、WL54TEは無償交換しているというコメントを頂いた。情報ありがとうございました。

知らなかったので、NECのサイトでWL54TEの不具合交換を申し込んでみた。
2月3日(日)の夜にWEB受付窓口で製造番号などを入力すると該当していたとのこと。
NECからの返事がくるのかと思っていたら、6日(水)にいきなりクロネコ便でAtermWL54SEが送られてきた。

さきほどやっと開封して中を確認。送り返すWL54TEを梱包した。
CG-WLCVR54AG2を買ってしまったし、どう使おうかなあ。

ちなみに送り返すWL54TEは無線通信ができなくておかしいなと思ったら、一部外装が焦げかけていた。
保証期限をすぎて無償交換するくらいだから致命的な問題だったのだろうけど、どんな不具合だったんだろう?
54TE.jpg

posted by 端っこなひと at 04:35| Comment(1) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

無線LANイーサネットコンバータの購入

昨年の10月ごろにAtermWR6600Hの子機のWL54TEが故障。前からtelnetが切れるくらい調子が悪かったのが、ついに無線で通信できなくなっていた。

必要になったときに有線ケーブルでノートPCとつないでしのいでたのだけど、29日にCG-WLCVR54AG2が2580円で売っていたので買ってしまった。

設定しようとしてWPA-PSKのAESがサポートされていないことに気付く。
TKIPしかサポートされていない。
そもそもAESとTKIPの違いはなんだっけ?とググっていたらIW2005での進藤さんの資料を見つけた。
前にもこのビデオみたことがあったけど理解できてなかったなぁ。
というか今回見てもまだよくわかってないけど。

AtermWR6600HをCCMP-AESからTKIPに変更するもののうまく通信できていない。
ファームウェアの更新(1.00→1.03)をしてみてもだめ。

このときノートPC側でもTKIPにしたつもりが設定がおかしくてはまったので設定をメモしておく。
------------
●AtermWR6600H
詳細設定→無線LAN側設定
暗号化モード
 WPA-PSK(AES)
  ↓
 WPA-PSK(TKIP)

●ノートPC(WinXP)Intel PROSet/Wirelessの設定変更
 プロファイル→プロパティ→セキュリティ設定
 ◆変更前
  エンタープライズセキュリティ
  ネットワーク認証:WPAパーソナル
  データ暗号化:AES-CCMP
  ↓
 ◆変更後
  エンタープライズセキュリティ
  ネットワーク認証:WPAパーソナル
  データ暗号化:TKIP
------------
ノートPC側でTKIPは「パーソナルセキュリティ」でも接続できる。AESではパーソナルセキュリティではなぜかうまくいかなかったような。

前に中古で買ったCentreCOM WR540APSをTKIPに設定してみるとCG-WLCVR54AG2と通信できたので、こちらでいくことにした。

------------
●CG-WLCVR54AG2の設定
 詳細設定→CVR設定→セキュリティ
 認証方法:WPA-PSK(パーソナル)
 WPA暗号化方式:TKIP
------------
posted by 端っこなひと at 03:43| Comment(3) | TrackBack(1) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

DVD-RAMドライブのアクセス不調

レッツノートCF-W2でDVD-RAMにアクセスすると延々とReedする症状が発生した。

HDDへファイルをコピーするとCRCエラーが発生してコピーできないファイルもある。

はじめは原因がわからなかったが、DVD-RAMメディアの裏面(書き込み面)をみると普段は書き込みされないかなり内側までレーザーで書き込まれていた。
しかも、書き込まれている輪っかがとびとびの状態。

DVD-RAMメディアを物理フォーマットして再び書き込んでみると、問題なく外側から書き込まれるようになった。延々とReadする症状も今のところ再発していない。

ドライブがそろそろ寿命が尽きたのかと思ったけど、大丈夫そうでよかった。
posted by 端っこなひと at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

BUFFALO HD-H250U2(2台目)のフォーマット

8月21日(月)に3台目のUSB HDDとして、BUFFALO HD-H250U2を購入した。
250GBタイプとしては2台目。


BUFFALO HD-H250U2(11999円)

1月よりは1000円安くなっている。

●1台目
 2006年1月12日(HD-H250U2)
 
●2台目
 2006年4月7日(HD-H300U2)
 

○Ext2でフォーマット
 SC430に繋いでVine Linuxでブートすると、自動的にマウントされる。

 /dev/sda :内蔵SATA-HDD。
 /dev/sdb :HD-H250U2
  # umount /mnt/USB2-IDE_Bridge-sda1/
# /sbin/mke2fs -c /dev/sdb1


posted by 端っこなひと at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

BUFFALO HD-H300U2 購入

12日(水)に"BUFFALO HD-H300U2"を購入。(18999円)
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/h/hd-hu2/

BUFFALO HD-H250U2 をフォーマット」の時と同じように、レッツノート(Vine)につないで、Ext2でフォーマット。
  # umount /mnt/USB2-IDE_Bridge-sda1/
# /sbin/mke2fs -c /dev/sda1

 (不良ブロックを検査をするために c オプションをつけたため、数時間くらいかかった。)


○Vine化玄箱に繋ぐが、マウントできない。
  # mount /dev/sda1 /mnt/usb-buf/
mount: /dev/sda1 は正常なブロックデバイスではありません

HD-H250U2 は問題なくマウントできている。
前にも同じところではまったような気がするけど。

HD-H250U2と比較すると、HD-H300U2 では電源をいれただけではパワーランプがつかず、USBでマシンと繋いで点灯する。

→後ろ側の「AUTO電源機能切替スイッチ」を"auto"→"manual"
 これで、電源スイッチを入れるだけでパワーランプがつくようになった。
 さらに、マウントも出来るようになった。

# mount /dev/sda1 /mnt/usb-buf/
# mount
/dev/hda1 on / type ext3 (rw,noatime,errors=remount-ro)
proc on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=20)
/dev/hda3 on /mnt type ext3 (rw,noatime)
/dev/sda1 on /mnt/usb-buf type ext2 (rw)


posted by 端っこなひと at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

Aterm WR6600H ファームウェア・バージョンアップ

Aterm WR6600Hのファームウェアをバージョンアップした。

ローカル環境で使っているので、問題がなければ気にするほどでもないのだが。

Ver8.35→Ver8.55
posted by 端っこなひと at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

アイ・オー・データのNAS自作キット

アイ・オー・データ機器からノンサポートの「挑戦者」ブランドで、RAID可能なNAS自作キット「LANTANK(SOTO-HDLWU)」が5月下旬より発売されるようだ。

 デジモノに埋もれる日々「2台のHDDを積んでミラー構成も可能なNASキット「白箱」が登場!」
 http://c-kom.homeip.net/review/blog/archives/2005/05/2hddnas.html

 AV Watch「挑戦者、iTunesサーバー機能搭載LAN HDD自作キット」
 http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050520/iodata.htm

 アイ・オー・データ機器 「LANTANK(SOTO-HDLWU)」
 http://supertank.iodata.jp/products/sotohdlwu/



玄人志向の玄箱に対抗した製品のようで、HDDは自分で用意する必要がある。

価格は、アイ・オー・データ機器・ダイレクトショップで19,800 円 (税込み・送料込み)
別売シリアルコンソールケーブル「SERIAL-KIT」 3,480 円 (税込み・送料込み)

NASすなわち、ネットワークHDDのキットで、HDDは2台装着。
ミラーリング(RAID1)のほか、2台のHDDを1台として扱うスパンニングもできるらしい。

OSは、Debian GNU/Linux SH(iohack版)ベースで、アイ・オー・データがカスタマイズしているようだ。


コードネーム「白箱」なんて名前つけるくらいだから、玄箱の成功に相当悔しがってたんでしょう。ライバル意識持って競争してくれるのはこちらとしても選択肢が増えるのでうれしい。

2005年05月15日「玄箱 or LinkStation 購入検討中」でHD-HLANシリーズを買おうかなって考えていたんだけど、こっちも悪くないなって思えてきた。

ミラーリングの方がバックアップは楽だから、その点では白箱の方断然いい。
さすがに10万円も出して「TeraStation」を買う気にはなれない。


まだ白箱の情報は少ない。ハードウェア的にはLANDISKとどのあたりが違うのだろう?
LANDISK を"Debian化"している人もいるみたいだけど。



LANTANK関係リンク
 2ch [玄箱]LANTANK白箱[のようなもの]
 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/linux/1112538036/l50

LANDISK関係リンク
 アイ・オー・データ機器 LAN接続ハードディスク
 http://www.iodata.jp/prod/storage/hdd/index_lanhdd.htm

 HDA-i250G/LAN2 を買ってみたりして
 http://www002.upp.so-net.ne.jp/zry/Recommended/Landisk/

 LANDISKを使い倒す
 http://homepage.mac.com/chartscape/LANDISK/

 LANDISKで漕ぎいでな〜♪
 http://eggplant.ddo.jp/www/index.html

 wizd on LANDISK
 http://www.geocities.jp/wizd_on_landisk/

 『yu_のメモ帳』LANDISK
 http://yu-memo.info/sub25.htm
posted by 端っこなひと at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

玄箱 or LinkStation 購入検討中

RD-XS43 のデータを VirtualRD でPCにコピーするのに、ノートPCを繋ぐのがめんどくさい。
それにノートPCから HD-160LAN へ移したりしているのも無駄だし。
無線LANでもいいのだが、最近無線が不安定で失敗することが多い。

そこで、RD-XS43の側に Vine化した玄箱もしくは LinkStation を置くことを検討中。
ほとんど同じものらしい。

現在手持ちの HD-160LAN はVine化は面倒なようだ。ファイルサーバとして使用中なので無理に触りたくないし。
玄箱は入手しにくそうなので、LinkStation のHD-HLANシリーズかな。



玄人志向 玄箱ページ
http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-boxfset.html

BUFFALO ハードディスクLAN接続モデルページ
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/storage/hd_lan.html

LinkStation/玄箱 をハックしよう
http://www.yamasita.jp/linkstation/index.html
すごいここまでやってるとは。
posted by 端っこなひと at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

Aterm WL54TE 初期化・設定

RD-XS43の空き容量が足りなくなってきたので、RD-XS43からノートPC・Let's note CF-W2VirtualRD for Windowsでデータを移していた。

ノートPCとRD-XS43を「Aterm WL54TE」の有線ポートに接続しておこなう。

いままでも、ノートPCを有線でつなぐときにうまく通信できないことがあった。
AtermWL54TEの電源を一度はずしたりするせいだと考えていた。
通信できない場合、ノートPCをDHCP取得にしておくと、「IPアドレスの取得中」の状態から先に進まないし、固定IPアドレスにしても、接続できませんになる。
原因は「Aterm WL54TE」側にあり、再起動(電源抜き差し)で解決していた。

今回は、「Aterm WL54TE」を再起動しても通信できない状態で、もちろんRD-XS43からも通信できない。
→「Aterm WL54TE」を初期化(リセットボタン5秒押し)。
 有線側から「Aterm WL54TE」には通信できるようになる。

親機(Aterm WR6600H)へ「Aterm WL54TE」から無線でつながらない。pingが通らない状態。
→親機の再起動で無線がつながるようになった。


Aterm WL54TE の設定

(Webブラウザからアクセスして設定)
 暗号化モード:WPA
 暗号化方式:PSK(AES)
 IPアドレス(手動設定):192.168.0.200
 注)○ノートPCのIPアドレスを固定IPにしてからAterm WL54TEへつないで設定する。
   ○初期化時には、管理者IDとパスワードを設定すること。
   ○WPA暗号化キーの入力は間違えないようにすること
   ○親機でESS-IDステルス機能を使用しているため、SSIDを自動では見つけられない。
   ○親機でMacアドレス制限をかけている。
    Aterm WL54TE、ノートPC、RD-XS43のMacアドレスは登録済み。



AtermWL54TEのファームウェアが出ているのを発見。
1.08→1.09バージョンアップ

Aterm Station サポート技術情報
AtermWL54TEと東芝製DVD&HDDビデオレコーダー「RD-XS43」「RD-XS53」の接続について
http://121ware.com/product/atermstation/technical/2005/tech0421.html
現象
AtermWL54TEを東芝製HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS43」および「RD-XS53」のETHERNETポートに接続した無線LAN環境において、以下の現象が発生します。
1.「DHCP使う」の設定でIPアドレスが取得できない。
2.ビデオレコーダーが電源待機状態で、録画予約メールが受信できない。

対処方法
本現象に対処したファームウェア(Ver.1.0.9)をリリースします。AtermWL54TEを本ファームウェアにバージョンアップしていただき、ご利用ください。
posted by 端っこなひと at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

Seatoolでハードディスクのテスト

Sotec M250 にHDDリムーバブルケース(OWL-AF80IA)と160GBのハードディスク(ST3160021A)を取り付けてファイルサーバ化。

ハードディスクのテストをSeagateのテストツールSeaToolで行う。
Fullだと1時間以上かかりそう。
posted by 端っこなひと at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

CPUファン交換

騒音のひどいソーテックM250のCPUファンを交換。
最初からついてたファンは早くに交換していたので3代目のCPUファンになる。
騒音は、電源の交換とあわせてだいぶましになった。

CPUファン: CoolerMaster製 DRACO-Slimbird(DP5-6G11-J1)
購入店:パソコン工房明石店

明石店ははじめてだったけど、一通りパーツはそろってるし、ソフマップより安そうだしいい感じだった。
posted by 端っこなひと at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

電源交換

うるさかったパソコン・ソーテックM250の電源を交換した。
新しくつけたのは「ENERMAX EG285S-VB(FM)
こないだの日曜にソフマップの梅田店で購入したものだが、3日前に入荷したばかりといっていた。
SFX電源の中では数少ないまともなものらしい。MicroATXのケースではこの電源が採用されることが増えてきたらしい。

騒音の方は、少しマシになったが相変わらず。CPUファンを買いにいかねば。

posted by 端っこなひと at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする