2007年12月06日

VMWare Serve のゲストOSにVine4.1をインストール

VMWareServerのゲストOSにVine4.1をインストールしたのでメモ

VineSeed MLでVine3.2のサポートが終了するという話をみかけたので、そろそろ4.1をインストールしておこうかと。

http://security.vinelinux.org/にサポート期間が書かれているとのことでみてみると
* 2つ先のメジャーバージョンがリリースされたとき
* 次のメジャーバージョンがリリースされてから1年以上かつ 当該メジャーバージョンの最終リリースから2年経過したとき

で、ニュースの方を見るとVine4.0が2006年11月22日リリースで、それから1年たつので3.2のサポートが終了らしい。
サーバで使っている人には厳しいだろうなとは思うものの、Vineのメンテナもリソース不足らしいので仕方ないのかな。

そもそもVineのメンテナンスがどうなされているのか見えてこないので、どうコミットしていいのかわからないし。
--


1、Vine LinuxのCDイメージをダウンロード
  http://vinelinux.org/getvine.html#Download
  の中からKDDIを選んで「Vine Linux 4.1/i386 ISO イメージ」をダウンロード。混んでいるのか結構時間がかかった。

2、VMWare Server Consoleを起動してイメージの作成
 →「New Virtual Machine」をクリック
仮想サーバの構築(VMware Server: WindowsXP編)を参考にしつつ作業
 ●Select The Approppriate Configuration
  Typicalを選択
 
 ●Select a Guest Operating System
  Linuxを選択
  Version:Other Linux 2.6.x kernelを選択

 ●Name the Virtual Machine
  if-vine4.1

 ●Network Type
  Use network address translation [NAT] を選択

 ●Specify Disk Capacity
  4GB
  Allocate all disk space new チェックせず
  Split disk into 2GBfile チェック入れず

3、設定の変更
 GUIの画面でメモリを192→256MBへ
 ●ファイル名の変更
  勝手にファイル名をつけられていたのでわかりやすいように適当に変更
  Other Linux 2.6.x kernel.vmdk→if-vine4.1.vmdk
  Other Linux 2.6.x kernel.vmx→if-vine4.1.vmx

 ●設定ファイル.vmxを編集
  CDブートできるように、インストール用isoファイルを指定
  #ide1:0.fileName = "auto detect"
  #ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
  ide1:0.fileName = "O:\VMWare\if-vine4.1\Vine41-i386.iso"
  ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

4、インストール
 ●インストールの種類
  カスタム

 ●ディスクの設定
  手動
  /dev/sda1 / ext3 3797MB
  /dev/sda2 swap 298MB

 ●ネットワークデバイス
  DHCP
  ホスト名:if-vine41

 ●ファイアウォール設定
  ファイアウォール有効
  許可:SSH、HTTP,HTTPS、FTP

 ●パッケージグループの選択
  Xウインドウシステムなどを入れず
  Apache,OpenSSH、開発ツールなどを選択
  →Xを抜いたつもりなのにX.orgやGnome関連が入った模様

5、Vine Linux4.1の設定など
 Vine4.0を入れたときのメモをみつつ作業
 ●まずはアップデート
  # apt-get update
  # apt-get upgrade
  50個のパッケージを更新。もう一度繰り返してkernelも更新

 ●不要なサービスを落とす
  # /sbin/chkconfig --list | grep on
  でONになっているものをみて
  # /sbin/chkconfig --level 12345 サービス名 off
  postfix, netfs, atd, nfslock, portmap, irqbalance

 ●iptablesの設定を確認
  # /sbin/iptables -L

 ●ネットワーク周り
  ◆/etc/hosts.deny
   ALL: ALL
  ◆/etc/hosts.allow
   sshd : 192.168.232.1
   # VMware Network Adapter VMnet8のアドレスでアクセスするらしい
   # ゲストOS(Vine)が192.168.232.0/24のネットワークにいる

 ●ntpdateするためにntpをインストール
  # apt-get install ntp

 ●~/.bashrcに以下を追加
  alias rm='rm -i'
  alias cp='cp -i'
  alias mv='mv -i'

 ●~/.bash_profileに以下を追加
  # cvs
  CVS_RSH=ssh
  export CVS_RSH

 ●/root/.bashrcに以下を追加
  alias ll='ls -lF --color=auto'
  alias la='ls -aF --color=auto
  alias smb-melco='smbmount //ファイルサーバのIPアドレス/share /mnt/smb -o username=user1'

6、データのコピー
 ●tarで固めて移動
  tarオプションの記憶が怪しかったので以下を参考に作業
  ITmedia「Linux Tips:ファイルのバックアップをしたい」
  @IT「Linux管理者への道:第5回 システム・バックアップを基礎の基礎から」
  ◆hogeディレクトリをバックアップ
  $ tar cpzfv /tmp/hoge.tar.gz hoge
  ◆リストア
  $ tar xpzfv /tmp/hoge.tar.gz

 ●scpでコピー
  コピー先の/etc/hosts.allowで許可をしてから
  ◆SSHログインのテスト
   $ ssh ユーザ名@コピー先サーバのIPアドレス
  ◆コピー
   $ scp /tmp/hoge.tar.gz ユーザ名@コピー先サーバのIPアドレス:
   最後の":"を忘れて最初失敗した

 ●md5sumでコピーで壊れなかったかチェック
  コピー元、コピー先の両方のmd5を比較
  $ md5sum /tmp/hoge.tar.gz

 ~/.ssh/以下、.vimrc、その他のデータをコピー
posted by 端っこなひと at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

VMWare Tools のインストールメモ

"VMWare Player"で"VMWare Tools"が使えると前から聞いていたのでインストールしてみた時のメモ。

てっきりホストOSにインストールするものだと思っていたら、ゲストOSにインストールするものだった。

Xの解像度の変更やマウスの移動はできるようになったものの、コピペはうまくいっていない。

ホストOS:Windows XP Pro
ゲストOS:Vine Linux 4.0


●参考にしたページ
http://tomcat.nyanta.jp/sb2/sb.cgi?eid=44
http://www.limber.jp/?Software%2FVMware%20Tools
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/656vmtoolsfc2.html


1、"VMWare Server"のLinux版をダウンロード
  (VMware Server for Linux)"VMware-server-1.0.1-29996.tar.gz"をダウンロードして解凍

2、VMWare ToolsのインストールCDイメージを取り出す
  解凍した中のlib\isoimagesにisoイメージがある
   ゲストOSがWindowsなら"windows.iso"
   ゲストOSがLinuxなら"linux.iso"を使う

3、VMWare Playerの設定ファイル(.vmx)を編集
  # ide1:0.fileName = "auto detect"
  # ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
  ide1:0.fileName = "linux.iso"
  ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

4、VMWare Playerを起動してisoイメージからコピー
  VineLinuxを起動すると"/media/VMware Tools"としてマウントされているので、その中の"VMwareTools-1.0.1-29996.tar.gz"をコピー&解凍

  $ cp /media/VMware Tools/VMwareTools-1.0.1-29996.tar.gz .
  $ tar zxvf VMwareTools-1.0.1-29996.tar.gz

5、インストール
  # vmware-tools-distrib/vmware-install.plを実行
  質問にyesなどデフォルトのまま進む
  →gccコンパイラが走る。
   起動スクリプトなども自動的に配置してくれている模様
   解像度の選択

  ※インストールしてからeth0がなぜか無効になっていたので有効にする

6、ツールボックスの起動
  # vmware-tool &

  VMWareで設定しているページと見比べると、"Options"タブに時間の同期しかなく、コピーペーストなどの設定箇所がない。
  だから、コピペが出来ていないのかなあ?

----
2007/2/11追記
[vine-users:076110]でここを参照されてはまっているかたがいらっしゃったので。

 5のインストールで.plを.pと間違っていた部分を修正

[vine-users:076119] にて以下のエラーが出た場合の対処方法が説明されていた
> A previous installation of VMware software has been detected.
> Failure
> Execution aborted.
お書きのエラーメッセージは、VMplayer を Linux上で
インストールした形跡が /etc/vmplayer や /etc/vmpalyer-tools として
残っている場合に表示されるようです。
http://lsd42195.sakura.ne.jp/xoops/modules/pukiwiki/119.html#ct119_1_6
posted by 端っこなひと at 01:00| Comment(0) | TrackBack(5) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

VMWare PlayerのゲストにVineLinux4.0をインストール

VMWare PlayerのゲストにVineLinux4.0をインストールしたときのメモ

ホストOSは Windows XP Pro

前にインストールしたメモを見ながら作業
仮想マシン VMWare Player インストールと QEMUでのイメージ作成(2006年03月30日)
VMWare Player でゲストOSに Red Hat Linux 7.1 をインストール(2006年04月03日)

1、Vine Linux 4.0のインストールCDイメージをダウンロード
  ミラーサイトのkddilabsを利用
  ftp://ftp.kddilabs.jp/pub/Linux/packages/Vine/Vine-4.0/CDIMAGE/
  から"Vine40-i386.iso"をダウンロード

2、Windows版QEME(QEMU on Windows)でVMWareのディスクイメージを作成
  ◆http://www.h7.dion.ne.jp/~qemu-win/index-ja.html
   より"qemu-0.8.2-windows.zip"をダウンロードして解凍

  ◆コマンドプロンプトでイメージ作成
   > qemu-img.exe create -f vmdk vine4.0.vmdk 5G

3、VMWare Playerの設定ファイル(.vmx)を作成
---------------------------------------------
config.version = "8"
memsize = "256"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "vine4.0.vmdk"
ide1:0.present = "TRUE"

# ide1:0.fileName = "auto detect"
# ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

# 日経Linux2006年11月号のP.43によると"atapi-cdrom"は
# 物理ドライブのレガシー・エミュレーションの場合らしい
# ide1:0.deviceType = "atapi-cdrom"

floppy0.present = "FALSE"

# ISOイメージを利用する場合はこちらのコメントを外す
ide1:0.fileName = "Vine40-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
displayName = "Vine4.0"
# guestOS = "other24xlinux"
guestOS = "other26xlinux"
---------------------------------------------

4、VineLinux4.0をインストール
  CDイメージ"Vine40-i386.iso"から起動するのでインストール
  /dev/hda1 ext3 4997MB  1-637
  /dev/hda2 swap  118MB 638-652

  GRUBを/dev/hdaに
  ホスト名:vine4.localdomain

  FW有効
   SSHを有効に
  適当にパッケージを選択

5、VineLinux4.0の設定
 ◆まずはアップデート
  # apt-get update
  # apt-get upgrade

 ◆不要なサービスを落とす
  # /sbin/chkconfig --list | grep on
  でONになっているものをみて
  # /sbin/chkconfig --level 12345 サービス名 off
  cups, postfix, netfs, atd, nfslock, portmap, irqbalance

 ◆iptablesの設定を確認
  # /sbin/iptables -L

 ◆ネットワーク周り
  ●/etc/hosts.deny
   ALL: ALL
  ●/etc/hosts.allow
   sshd : 192.168.109.1
   # VMWare PlayerのIFのアドレスにしないとダメだった
   # NATの設定にしているから?前はアクセス元のIPアドレスを設定していたような気もするけど・・・

◆~/.bashrcに以下を追加
  alias rm='rm -i'
  alias cp='cp -i'
  alias mv='mv -i'

 ◆SSH関連
  ●公開鍵の作成
   Poderosaで「OpenSSH形式の公開鍵」と「普通の?秘密鍵」を生成
   公開鍵をサーバ(Vine4.0)の~/.ssh/authorized_keysへコピー
   $ chmod 600 authorized_keys(パーミッションを落とす)
  ●/etc/ssh/sshd_configの編集
   MaxAuthTries 1
   GSSAPIAuthentication noのコメントアウトはずす
   →エラーになるのでコメントアウトに戻した
   x11forwarding yes→no

   公開鍵認証が成功したら、PasswordAuthenticaton yes →no
   なお、次の2つがコメントアウトされているけど公開鍵認証は成功している。
    # PubkeyAuthentication yes
    # AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
----
  $ tail -f /var/log/secureで見ていると
  UTF-8 TeraTerm Proにてわざとaaユーザでパスワード認証しようとしたら
  Dec 30 04:49:24 vine4 sshd[2190]: Invalid user aa from 192.168.109.1
  Dec 29 19:49:24 vine4 sshd[2191]: input_userauth_request: invalid user aa
  Dec 29 19:49:33 vine4 sshd[2191]: Connection closed by 192.168.109.1

   と9時間ずれている。どこかUTCの設定になっているらしい。
   なお、Poderosaからのログインでも9時間のずれは同じだけど、1,2行目のログは残ってくれなかった。


    
posted by 端っこなひと at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

VMWare Player のアップデート

VMware Player 1.0.2 が出ていたのを無視していたのだけど、今回アップデートした。

ホストOSの Windows XP から1.0.1をアンインストールして、1.0.2をインストール。
http://www.vmware.com/download/player/

ゲストOSのDebianから外へ通信できないと思ったら、Debianで固定IPにしていたのが原因。
ホストOS側の「VMware Network Adapter VMnet8」のIPが再インストールによって変わっていた。

/etc/network/interfacesを編集
# ifdown -a
# ifup -a
しかしうまくいかなかった。

# /sbin/route
でみてみるとデフォルトゲートウェイが設定されていない。

/etc/network/interfacesでDHCPに設定して一度有効にしてから、固定IPに設定するとうまくいった。
posted by 端っこなひと at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

CentOS上にVMWare Playerをインストール

CentOS上にVMwarePlayerをインストールした時のメモ。

インストール前から、CentOSのGUIが耐えられないくらいに重いのだけど、気にしないことに。
Firefoxが1。08とかいう古いバージョンなのも気にしない。
Cannaの変換効率も異常に悪いのも(以下略


1、VMWarePlayerのダウンロード
http://www.vmware.com/ja/download/player/より最新版(1.0.1)のLinux版rpmファイルを取得

2、インストール
# rpm -ivh VMware-player-1.0.1-19317.i386.rpm

3、VMWarePlayerの設定
# vmware-config.pl

NATにするかなどを選択。基本的にデフォルトで問題なかった。

4、イメージの作成
前にWindowsのVMWarePlayerで使っていたイメージをコピーしてきた。
.vmxファイルを環境にあわせてパスなどを変更

4、VMWarePlayerの実行
$ vmplayer
.vmxファイルを選択する。
一部エラー(オーディオ)がでたものの、問題無く動いた。


参考ページ
Operation Normal ?「VMware Player を導入してみました」
posted by 端っこなひと at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

VMWare Player でゲストOSに Red Hat Linux 7.1 をインストール

Windows版のVMWare Player 上にゲストOSとして Red Hat Linux 7.1 をインストールしたときのメモ。

こないだの仮想マシン VMWare Player インストールと QEMUでのイメージ作成ではVineをインストールしたけど、今回はRedhat。


●Red Hat Linux 7.1 のiso イメージを探すのに手間取った。
RedHatLinux-FAQ/Generalを参考に、KDDILabsからダウンロード。

ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/packages/RedHat/archive.redhat.com/redhat/linux/7.1/en/iso/i386

seawolf-i386-disc1.iso
seawolf-i386-disc2.iso
の2つをダウンロードして、後で作成する仮想ディスクイメージや.vmxファイルと同じフォルダにおく。

●QEME で仮想ディスクイメージを作成
> qemu-img.exe create -f vmdk C:\tool\vmware\if-redhat7.1.vmdk 4G

●.vmxファイルを作成(config-Redhat7.1.vmx)
-----------------------------------------------
config.version = "8"
memsize = "256"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "if-redhat7.1.vmdk"
ide1:0.present = "TRUE"

# ide1:0.fileName = "auto detect"
# ide1:0.deviceType = "acpi-cdrom"
floppy0.present = "FALSE"

# ISOイメージを利用する場合はこちらのコメントを外す
ide1:0.fileName = "c:\tool\vmware\seawolf-i386-disc1.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"


ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
displayName = "Redhat 7.1"
guestOS = "other24xlinux"
-----------------------------------------------

●VMWare Player のBIOSの設定
 config-Redhat7.1.vmxをダブルクリックして、起動
 F2 でBIOS設定画面に入って、CD-ROMからブートするように設定。

●グラフィカルインストールで普通にLinuxをインストール
 ※インストール途中(ファイルのコピー中)に2枚目のCDを要求されて困った。

  VMwarePlayerでisoから直接Linuxインストールを参考に、2枚目CDを要求されたら、
 1、VMWare Player で「Preferences...」
   ->"Exit behavior"を"Suspend th virtual machine"に設定。
 2、"Exit"でVMWare Playerを終了
 3、.vmxファイルのisoファイル名を書き換え
   -----------------------------------------------
   ide1:0.fileName = "c:\tool\vmware\seawolf-i386-disc1.iso"
       ↓
   ide1:0.fileName = "c:\tool\vmware\seawolf-i386-disc2.iso"
   -----------------------------------------------
  でうまくいった。




●インストール時の設定
 English
 キーボード:Japanese 106-key / Japanese / Enable keys
 3 Button Mouse (PS/2)
 Server System

 Disk Druid
 / hda1 3800M 3804M Linux native
 swap hda5 1M 290M swap

 Create boot disk / install LILO
 MBR

 Firewall medium
  Use default firewall rules

 Englesh(USA)
 Choose the languages to install: Japanese も選んでおく

 ディスプレイ等は、自動検出のまま
posted by 端っこなひと at 04:23| Comment(4) | TrackBack(2) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

仮想マシン VMWare Player インストールと QEMUでのイメージ作成

無償の仮想環境 VMWare Player をWindowsで使った時のメモ。
VMWare Player では仮想ディスクイメージの作成機能がないので、 QEMU で作成。


●QEMU on Windows のダウンロード
 QEMU の Windows版の本家がどこかわからなかったので、下記よりダウンロード。
 http://www.h7.dion.ne.jp/~qemu-win/index-ja.html

●QEMU on Windows でディスクイメージの作成
 qemu-0.8.0-windows-2.zipを解凍。
 インストール作業は不要。任意の場所に置いて、コマンドプロンプトで操作。
> qemu-img.exe create -f vmdk c:\tool\if-vine.vmdk 4G
オプション
 -f vmdk :VMWare形式を指定
 c:\tool\if-vine.vmdk :作成するディスクイメージのファイル名(適当に)
 4GB : ディスクイメージのサイズ


●VMware Player のダウンロード
 http://www.vmware.com/download/player/

 インストール時
  autorun,Google searchbar のチェックボックスをはずす

●VMWare Player 用の設定ファイル作成
 下記の参考ページを参考に.vmxファイル(今回は、if-vine.vmx)を作成
-------------------------------------------
config.version = "8"
memsize = "256"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "if-vine.vmdk"
ide1:0.present = "TRUE"

# ide1:0.fileName = "auto detect"
# ide1:0.deviceType = "acpi-cdrom"
floppy0.present = "FALSE"

# ISOイメージを利用する場合はこちらのコメントを外す
ide1:0.fileName = "c:\tool\vmware\Vine32-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
displayName = "Vine"
guestOS = "other24xlinux"
-------------------------------------------


●Vine Linux のisoイメージをダウンロード
 isoイメージのありかを確認。
   Vine-3.0 --+-- CDIMAGE のようになっているらしい。
   http://vinelinux.org/publication.html
 
 FTPサイトのリストを参考に、今回はRing Server Projectからもらってくる。
 ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/linux/Vine/Vine-3.2/CDIMAGE/
 以下のVine32-i386.isoをダウンロード

●VMWareの起動
 if-vine.vmx を VMWare Player と同じフォルダに置いてダブルクリックして起動。

●Vine Linux をインストール
 Vineのisoファイル(CD)から起動する(そのようにvmxファイルを記述している)ので、普通のマシンと同じ要領でインストール。
 ○カスタムインストール
  Xなし
 ○サービスの停止
  /usr/sbin/ntsysv
   kuduzu, murasaki, portmap, postfix, netfs
 ○.bashrc編集

--
参考Webページ
ITPro
 第1回 フリーで使える仮想マシン・ソフト「VMware Player」
 第2回 VMware Playerの仮想マシン環境をカスタマイズ

bnote「VMware PlayerとQEMUで仮想PCを無料で使う!?」

革命の日々!「CentOS on VMWare Player をインストールする」


VMware Playerのイメージをqemuで作成


Weboo! Returns.「本当に無償で使える「VMware Player」」


Operation Normal ?「VMware Player を導入してみました」
posted by 端っこなひと at 04:29| Comment(0) | TrackBack(3) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする