2008年02月08日

VMWare ServerのゲストにDebian Etchのインストール

この前、VMWare ServerのゲストにDebian Etchをインストールしたときのメモ

1、Debian EtchのCDイメージをダウンロード
  Debian-JPのクイックインストール解説ページを見ながら作業

  ネットインストールイメージを本家からダウンロードしようとしたら重かったので、debian.orgのインストールCDページからサーバを探す。
  http://ftp.nara.wide.ad.jp/debian-cd/4.0_r2/i386/iso-cd/より
  debian-40r2-i386-netinst.isoをダウンロード

2、VMWare Server Consoleを起動してイメージの作成
  「New Virtual Machine」をクリック
 VMWare Serve のゲストOSにVine4.1をインストールを見ながら作業
 ●Select The Approppriate Configuration
  Typicalを選択
 
 ●Select a Guest Operating System
  Linuxを選択
  Version:Other Linux 2.6.x kernelを選択

 ●Name the Virtual Machine
  Debian-Etch

 ●Network Type
  Use network address translation [NAT] を選択

 ●Specify Disk Capacity
  8GB
  Allocate all disk space new チェックせず
  Split disk into 2GBfile チェック入れず

3、設定の変更
 VMWare Server のGUIの画面でメモリを192→256MBへ
 ●ファイル名の変更
  勝手にファイル名をつけられるのでわかりやすいように変更
  Other Linux 2.6.x kernel.vmdk→Debian-Etch.vmdk
  Other Linux 2.6.x kernel.vmx→Debian-Etch.vmx
  
  Debian-Etch.vmxをテキストエディタで開いて、.vmdkファイル名をDebian-Etch.vmdkに

 ●CDブートできるように、インストール用isoファイルを指定
  VMWare ServerでDevicesのCD-ROMをクリック、Use ISO imageで選択
  (Debian-Etch.vmxをみると以下のように変わっていた。)
  ide1:0.fileName = "auto detect"
  ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
  ↓
  ide1:0.fileName = "debian-40r2-i386-netinst.iso"
  ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

4、インストール
 Choose language:日本語
 キーマップ:日本(106)
 ホスト名:debian-etch
 ドメイン:localdomain
 ディスクのパーティショニング:ガイド-ディスク全体を使う
  SCSI(0,0,0)(sda) - 8.6GB VMware, VMware Virtual S
  すべてのファイルを1つのパーティションに
  ↓
  1.基本  8.2GB B f ext3   /
  5.論理 419.5MB   f スワップ スワップ
 rootパスワード
 ユーザの作成
 パッケージマネージャの設定:
  ネットワークミラー:はい
  日本→cdn.debian.or.jp
  HTTPプロキシ:空
 popularity-contest:いいえ
 ソフトウェアの選択
  デスクトップ環境をはずす
 MBRへのGRUBのインストール:はい

5、Etchの設定など
 ●~/.bashrcに以下を追加
  alias rm='rm -i'
  alias cp='cp -i'
  alias mv='mv -i'
  ◆以下のコメントアウトをはずす
  alias ll='ls -l'
  alias la='ls -A'
  alias l='ls -CF'

 ●/root/.bashrcの以下のコメントアウトをはずす
  alias ls='ls $LS_OPTIONS'
  alias ll='ls $LS_OPTIONS -l'
  alias l='ls $LS_OPTIONS -lA'
  alias rm='rm -i'
  alias cp='cp -i'
  alias mv='mv -i'
  ◆以下を追加
  alias la='ls $LS_OPTIONS -A'

 ●アップデート
  ◆apt-lineの編集
   contribやnon-freeを追加、"deb cdrom"をコメントアウト
  # vi /etc/apt/sources.list
  --------------------------------------------
  deb cdrom:[Debian GNU/Linux 4.0 r2 _Etch_ - Official i386 NETINST Binary-1 20080103-00:44]/ etch contrib main
  deb http://cdn.debian.or.jp/debian etch main
  deb-src http://cdn.debian.or.jp/debian etch main
  deb http://security.debian.org etch/updates main contrib
  deb-src http://security.debian.org etch/updates main contrib
  --------------------------------------------
  ↓
  --------------------------------------------
  # deb cdrom:[Debian GNU/Linux 4.0 r2 _Etch_ - Official i386 NETINST Binary-1 20080103-00:44]/ etch contrib maindeb http://cdn.debian.or.jp/debian etch main contrib non-free
  deb-src http://cdn.debian.or.jp/debian etch main contrib non-free
  deb http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free
  deb-src http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free
  --------------------------------------------

  # aptitude update
  # aptitude upgrade
  The following packages have been kept back:
   linux-image-2.6-686
  # dpkg -l | grep kernel
  ii linux-image-2.6-686 2.6.18+6etch2

  debian-users-mlでdist-upgradeすればいいという話が

  # aptitude dist-upgrade
  linux-image-2.6.18-6-686にアップグレードされる

  # dpkg -l | grep kernel
  ii linux-image-2.6-686 2.6.18+6etch3

 ●ネットワーク周り
  ◆/etc/hosts.deny
   ALL: ALL
  ◆/etc/hosts.allow
   sshd : 192.168.60.1
   # VMware Network Adapter VMnet8のアドレス

●sshdのインストール
  # aptitude update
  # aptitude install openssh-server

 ◆/etc/ssh/sshd_configの編集

●sudoの設定
  # aptitude install sudo
  # visudo
  →エディタの操作感に戸惑った
  ユーザ名 ALL=(ALL)ALL

 ●ntpdateするためにパッケージをいれる
  $ apt-catch search ntpd でパッケージntpdateがあることを確認
  $ sudo aptitude update
  $ sudo aptitude install ntpdate

●不要なクサービスをとめる
 Debianの場合、不要なものはインストールしないポリシーだったような気もするけど、この辺を参考にとめる

 $ sudo update-rc.d -f portmap remove



posted by 端っこなひと at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82898005

この記事へのトラックバック