2008年01月17日

第2回神戸情報セキュリティ勉強会にいってきた

1月12日(土)にあった第2回神戸情報セキュリティ勉強会に行ってきた。

参加されたみなさんお疲れ様でした。
武田先生、CMUJの事務局の方にはいろいろとご協力いただきましてありがとうございました。

忘れつつあるので当日のことをメモしておく。

スタッフミーティングのために11時すぎに到着。
遅刻したと思ったら直後にみんなやってきた(笑

第1回のあとミーティングなしで本番まできてしまったので、スタッフ間の意思の疎通がうまくいかずに案内を出す際にドタバタしてしまった点は反省。

参加者自己紹介で「私のセキュリティ対策」ということで皆さん面白い話をしてくださった。

パスワードの使用期間も10年間の変えていない人も何人かいらしたり、2回変更してシステムを騙して元に戻してしまう方も。
パスワードの定期的な変更を求めるのは難しいと思っていたけど、やっぱりそうなんだと安心?した。

パスワードの生成については、さすがに誕生日にしている人はいなかったけども過去の彼女の名前を連結しているという話にはびっくり。
机の周りを見渡して生成するという話もあって、そういう考え方はなかったので面白かった。
私はパスワードは覚えられないのでメモを書いてしまうのだけど。
QRコードにして、それを何らかのアルゴリズムで解けばパスワードがでてくるとか凝ったことをしている人もいたけど、使いやすいのかどうかを聞き損ねたなあ。

OTPというハードウェアトークンのようなものを使っているという方もいらしたけど、どんなものなのかイメージがつかめなかったなあ。

ISPを2つ契約して物理的にLANを分けているという方も。

プロセスを確認するという話題もあり、Windowsのプロセスを確認されているとか。
MLでフォローしてくださったのだけどWindowsのツールではデーモンツールというものもあるそうな。

ずきんさんは、SysinternalsProcess Explorerを紹介されてたと思う。
まっちゃ139のめざまし勉強会でも聞いたのだけど、いまだに試してなかったり(汗

セッション2
●「あなたならどうする?情報セキュリティ」のださん
セキュリティ対策の基本的なお話をしてくださった。
活発な議論を引き出していただいてありがとうございました。

●「情報セキュリティ: 危機管理のキホンのキ」村尾さん
NPOの現場を踏まえたお話はとても勉強になった。ありがとうございました。
大事なものを(自分に対して)目立たせるとか、他人の注意を引かないようにノートPCを保管するとか。ちょっとした工夫でも効果は大きそう。
なにより危険を普段からイメージするように訓練するという話はとても大切だと思う。

前日にNPOの新年会?に参加してNPOの方のお話なども聞いていたので、よけいにリアリティを感じた。

ピザがきたので村尾さんの発表に対するディスカッションを打ち切ってしまったけど、盛り上がりかけていたところに水をさしてしまった。
うーん、なかなか難しいなあ。
うまくやろうなんてはなから思ってないんで、時間も含めてあまり気にしてないけど。

セッション3
グループディスカッションのネタも「私のセキュリティ対策」だったのだけど、うちの1組はデータ記憶媒体の信頼性の話に盛り上がった。
kaiman++さんがDVD-Rのテストをされたということで、DVD-Rは記録媒体としては信用ならないという話をしてくださったのが発端。
HDDも3ヶ月以内のトラブルが多いとか、どこまでやるかという話も。
落雷対策についてもアースから電流が流れることがあるらしい。

グループの書記と発表を担当したので、他のグループの発表を聞く余裕がなかったのは残念。
司会を担当の片割れであることを忘れて、たなだいさんにお任せになってしまった。
たなだいさんすみません。

なお、参加者の投票によって愛称がセキュリティメロンに決まった。
ずきんさんに言われるまですっかり忘れていて、あやうく勉強会を終了させるところだった。

懇親会は申込の出足が悪かったにもかかわらず24名?くらいの参加で盛り上がった。
三宮で懇親会の2次会をやるみたいだったけどついていかず。静かにお茶をして帰ってきた。

いろいろと刺激をつけて楽しい1日だった。
# スタッフとしての自覚なし(笑
みなさんご協力ありがとうございました。


次回は3月の予定。

まっちゃさんが仮のWebを作ってくださった。
ありがとうございます。
http://kobesec.hiemalis.org/



posted by 端っこなひと at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまでした。
決して、ピザで水を差されたということではないですよ。
そこで切れてしまったと言ったのは、私のテンションです(^_^;)
後半のディスカッション、それまで考えていた事がすっとんでしまった〜ということです。
「仕事終わった〜」という安堵感で気が抜けたんでしょう。
変なこと言ってすみませんでした。
またよろしくお願いします。
Posted by MURAO at 2008年01月19日 03:22
MURAOさんコメントありがとうございます。
お疲れ様でした。

おっしゃっていたのは後半全体のお話だったのですね。

もう少しディスカッションを聞きたかったという気持ちもあったので、水をさしたという表現をしました。
ピザの誘惑に負けた張本人が何をいうかという感じですけど(笑
Posted by 端っこなひと at 2008年01月21日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック