2005年08月10日

玄箱Vine化

前に玄箱を買ってきて普通にNASになっていたのをVine化。

LinkStation/玄箱 をハックしよう」を参考しようとしたけど大変そうなので、usami-k さんの「Vine 3.1 on 玄箱」に書かれている手順どおり行う。

玄箱インストール」を参考に Vine 2.6 をインストールはできたものの、Vineを3.1へアップグレードにつまづく。

glibcの問題ではなく、それ以前に、rpmのアップグレードができなかった。
Vine3.0以上では、rpmバージョンは4以上でないといけない。
普通は、一度Vine2.6.99へdist-upgradeするのだけど、rpmが新規インストールになってしまい、エラー。
rpmパッケージ自体がrpmで管理されていないので、困った困った。

とりあえず、内向きに使うだけなのでVine2.6のままでもいいかと。

しかし、rpmで中途半端にしか管理できてないけどいいのか?とも思うし。機会があればもう少し調べてみよう。

---
(おまけ)
私は、人がまずはまらないところではまる体質のようで、今回もへんなところでコケタ。
玄箱をCDからセットアップするときに、PCで他の作業をしていて、エラーに。もう一度実行して成功メッセージが出たので安心していたのだが。。。

玄箱のWeb管理画面に入れない。telnetでアクセスするとlessコマンドが使えない。ディレクトリに色がついてるし変だなあ。catは使えるぞ?と思いきや
# df
Filesystem 1k-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/ram0 9677 5113 4564 53% /

おいおい、ハードディスクはどこやねん?フラッシュメモリから特殊なモードで起動している模様。
CDからセットアップしなおして正常になったけど。
こんなモードがあるとは知らなかった。
posted by 端っこなひと at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック