Debian 8 のZoomクライアントをバージョンアップしたらibusを求められた

すでにold-old-stableである Debian 8 でZoomクライアントをバージョンアップしようとしてトラブったメモです。Debian10にあげようとしてサボっていたので、これを気にDebianをあげることにしました。

Zoomクライアントは2-3年前にいれたままだったで、バージョン: 2.0.91373.0502でした。ふと思い立ってzoomクライアントを新しいバージョンにあげようとしました。
まずはアンインストールから。
$ sudo aptitude remove zoom

zoomのwebサイトから「新しい deb (for Debian 8.0+)バージョン3.5.392530.0421」をダウンロードしてインストールします。
$ sudo dpkg -i zoom_amd64.deb
...
dpkg: 依存関係の問題により zoom の設定ができません:
zoom は以下に依存 (depends) します: libxcb-xtest0 ...しかし:
パッケージ libxcb-xtest0:amd64 はまだインストールされていません。
zoom は以下に依存 (depends) します: ibus ...しかし:
パッケージ ibus はまだインストールされていません。
...

と中途半端な状態になりました。起動してきません。

$ zoom 
...
/opt/zoom/zoom: error while loading shared libraries: libxcb-xtest.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
success to create child process,status is 32512.
zoom exited normally.
Something went wrong while running zoom,exit code is 127.
ZoomLauncher exit.

Zoomをアンインストールした際にlibxcb-xtest0パッケージが削除されたを思い出して以下を実行
$ sudo aptitude install libxcb-xtest0
...
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
zoom : 依存: ibus [インストールされません]
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

以下のパッケージを削除する:
1) zoom
この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]y

もう一度インストールしますが、エラーになります。起動してきません。

$ sudo dpkg -i zoom_amd64.deb
dpkg: 依存関係の問題により zoom の設定ができません:
zoom は以下に依存 (depends) します: ibus ...しかし:
パッケージ ibus はまだインストールされていません。

$ zoom
ZoomLauncher started.
...
/opt/zoom/zoom: /lib/x86_64-linux-gnu/libdbus-1.so.3: no version information available (required by /opt/zoom/zoom)
/opt/zoom/zoom: /lib/x86_64-linux-gnu/libdbus-1.so.3: no version information available (required by /opt/zoom/libQt5WebEngineCore.so.5)
/opt/zoom/zoom: /lib/x86_64-linux-gnu/libdbus-1.so.3: no version information available (required by /opt/zoom/libQt5DBus.so.5)
zoom started.
Client: Breakpad is using Client-Server Mode! client fd = 3
/opt/zoom/zoom: relocation error: /opt/zoom/platforminputcontexts/libfcitxplatforminputcontextplugin.so: symbol xkb_compose_table_new_from_locale, version V_0.5.0 not defined in file libxkbcommon.so.0 with link time reference
success to create child process,status is 32512.
zoom exited normally.
Something went wrong while running zoom,exit code is 127.

$ sudo aptitude show libdbus-1-3
パッケージ: libdbus-1-3
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: はい
複数アーキテクチャ対応: 同一
バージョン: 1.8.22-0+deb8u2
...

zoomが要求するバージョンよりも古すぎるようですが、それが起動しない原因かはわかりません。relocation errorが気になります。

Debian 7.7向けのパッケージをzoomのwebサイトからダウンロードしてインストールしてみます。
$ sudo aptitude remove zoom
$ sudo dpkg -i zoom-1_amd64.deb
...
dpkg: 依存関係の問題により zoom の設定ができません:
zoom は以下に依存 (depends) します: ibus ...しかし:
パッケージ ibus はまだインストールされていません。
...

ibusの問題はありますが一応zoomが起動できました。どうやら使えそうな雰囲気です。
しかし、sudo aptitude safe-upgrade した時にibusが入ってしまいます。
1. キーボードが英語配列として扱われてしまい、切り替えられない
2. Ctrl+Spaceでも半角全角キーでも入力モードに入れない
という2つの問題が発生しました。解決方法がわからず結局ibusとzoomのパッケージを削除しました。

一応コンソールだけは以下を実行して日本語入力できたのですが...
$ setxkbmap -layout jp

キーボードを日本語として再設定しても効果なしでした。そもそも設定->地域と言語->入力ソースでも特におかしなところはないのです。
$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration
$ sudo service keyboard-setup restart
$ localectl
System Locale: n/a

VC Keymap: n/a
X11 Layout: jp
X11 Model: pc105

ibusを削除した後、im-configでuimを選んで再起動すれば、日本語入力やキーボードは元に戻りました。
詳しくないので、なぜzoomがibusパッケージを必須にしているのかと、どこがおかしくなったのかが理解できなかったです。

この記事へのコメント