2005年06月21日

ナノテクの危険性について

hotwiredで、ナノテクの危険性についての記事があった。

 ナノテクへの懸念高まる、裸の抗議行動も(上)
 http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050614301.html

 ナノテクへの懸念高まる、裸の抗議行動も(下)
 http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050615307.html

ナノテクが危険なものだとは思っていなかったので驚いた。

ナノテクの安全性についての議論はかなり前からあるようだが、安全性の検証方法すら確立していない段階らしい。

また、ナノテクの安全性への取り組みにおいて、日本は欧米に遅れをとっているようだ。

産業界はすでにナノテク開発に大量の資金を投入しているので、後戻りにつながりかねない検証は嫌がるだろう。
けれども、世の中に出回ってから問題がわかったのでは遅すぎる。これも予防原則で対応すべき事柄ではないのだろうか?


関連リンク
JCAW 『ナノテクノロジーの標準化について』
http://www.jcaw.org/news/story/2005/200504/shindou.html

Japan Nanonet Bulletin 第87号 : 2005年4月20日
ナノテクノロジーの社会的影響に関する欧米の取り組み
http://www.nanonet.go.jp/japanese/mailmag/2005/087c.html

新機能素子研究開発協会(FED)
英国、ナノテク安全のアドバイザーを発表
http://www.fed.or.jp/it/next/t20030807-2.htm

posted by 端っこなひと at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック