2017年05月30日

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う設定のメモをしておきます。

具体的には、ノートパソコン(レッツノート)にモニターとキーボードをつないで利用していますが、英語配列のUSBキーボードを購入したので、場合によって英語配列と日本語配列の設定を切り替えたいと思いました。

以下の方法で簡単に切り替えることができました。

1. Gnomeの「設定」ダイアログで、「地域と言語」を選択する
2017-05-30_keyboard.png
2. 「入力ソース」の「オプション」ボタンをクリックする
2017-05-30_keyboard2.png
3. 「ウィンドウ毎に別のソースを使用可能にする」を選択する
2017-05-30_keyboard3.png
4. 閉じるをクリックする

Super(Windows)キー+Spaceキーでソースを切り替え出来ます。

コンソールでは上記の方法でうまくいかず、以下のようにして一時的に切り替えています。
$ setxkbmap -layout us

ブラウザの中での入力では対応方法を探し中です。

参考:
* Debian wiki
* UbuntuのmozcでUSキーボード入力/JISキーボード入力を簡単に切り替える方法
* TagoSuckの独習プログラム日記 たごろぐ「Debian setxkbmapコマンドでキーボードの日本語配列と英語配列を切り替える」
タグ:Debian
posted by 端っこなひと at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450349622

この記事へのトラックバック