2005年06月18日

読書「ミュンヘンの中学生」

著者の娘さんがミュンヘンのシュタイナー学校に通ったときの保護者としての体験を著した本。
ミュンヘンの小学生の続編。
第1刷発行が1984年だから、21年前のお話なのか。


購入したきっかけ。
本屋で「「モモ」を読む」という本をみて、これはエンデの「モモ」に関係あるの?と手にとってみた。
シュタイナー教育とエンデの「モモ」を絡めた話のようで、シュタイナー教育ってなんだ?ということで隣に並んでいたこの本を購入した。


シュタイナー教育は結構有名みたいだが、私は知らなかったので、読んでいてそのユニークさに驚かされた。
○12年のうち、始めの8年間はクラス替えなしの担任持ち上がりだという。
○主要科目はエポックという感性を重視した授業で行われ、教科書がなく自分でノートを作っていく。

その他にもいろいろあるんだけど、学校が教師の共同体で運営される点にも特徴がある。
校長はいなくて、代表者は持ち回り。
さらに授業料は所得に応じて保護者が決めるというのだからすごい。

共産主義なのかな?とも思ったのだが、教条的なものを特に嫌う点で、かなり違うみたい。


期待を上回る面白い本だった。


「ミュンヘンの中学生」
ISBN4-02-260295-3
著者:子安美知子(こやすみちこ)
発行所:朝日新聞社


シュタイナー教育関係リンク(濃い〜サイトが多いですな)

わかりやすいシュタイナー教育
http://www.sweetnet.com/steiner.htm

ドイツの学校とシュタイナー教育
http://steiner.blume4.net/

シュタイナー教育情報室
http://www.kk-net.com/~yjosha/ns/ikeyama/mainindex.html

シュタイナー教育について
http://homepage1.nifty.com/silver_boat/steiner_main.html


infoseek シュタイナー教育
http://www.infoseek.co.jp/Topic/5/75/489/2286/7308

シュタイナー学校に通っていた人のサイト
周一のホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~be9h-ngt/

お子さんをシュタイナー学校に通わせた人のサイト
Seasoning
http://www.seasoning.jp/
posted by 端っこなひと at 01:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
私もこの本読みました。
すごく読みやすい上に、シュタイナー教育にすご〜く興味を持ってしまう内容の本ですよね。

ドイツをはじめ世界各国にシュタイナー学校はあって、それぞれシュタイナー理論に基づいてそれぞれ特色のある教育をしているらしいんですけど、日本でも成り立つのか興味深いです。

私も通ってみたかったですよ、こういう学校。
そうしたらどんな人生になっていたのかって考えました。
Posted by ayafk at 2005年06月28日 14:59
はじめましてayafkさん。

私もシュタイナー学校かよってみたかったですね。

この本を読んで、今の生活が知性に偏っていることに気づかされました。
Posted by 端っこなひと at 2005年06月28日 18:25
12年間の内、8年間は担任持ち上がりだそうだが、その後はどうなるのですか?
Posted by J at 2005年12月01日 20:44
はじめましてJさん。

いま手元に本がないのでよくわからないのですが。。。
8年間持ち上がりした先生は、次の年にまた1年生を担当するという記述があったように記憶しています。
生徒の方はあとの4年はどうするのでしょうねえ?
読んだときに気にしてませんでした。

勉強は、感性のものから論理的なものに変わっていくとか、
上級生はコンサートをして、みなかなりの腕前らしいとかは憶えているんですけど。
Posted by 端っこなひと at 2005年12月01日 23:47
お返事ありがとうございます!もし、できれば8年間担当制の部分について、調べて頂ければ光栄なんですが…忙しくなければお願いします。
 また、もう一つ質問なのですが、ドイツのシュタイナー学校に通っている人数は、以外にも少ないと聞きました。どのぐらいの人数がシュタイナー学校に通っているのですか?
 学校の研究で調べているので、できましたらまた早目のお返事を待っています。
Posted by J at 2005年12月06日 16:30
 始めまして。カンノです。シュタイナー教育について興味を持ったのですが質問してもいいですか?
(1)シュタイナー学校を卒業後はどのような就職先に行く人が多いですか?
(2)シュタイナー学校に通う生徒は現在何人ぐらいいるのですか?
(3)シュタイナー教育の魅力と感じるところはどこだと思いますか?
(4)シュタイナー教育が日本で受け入れがたいのは、なぜだと思いますか?
こんなにも質問をしてすいません。是非意見を聞きたいので、よろしくお願いします。
Posted by カンノ at 2005年12月06日 18:16
私も是非カンノさんの質問の答えを聞きたいです!
Posted by J at 2005年12月06日 18:19
Jさん
学校の研究で調べてらっしゃるのでしたら、一次情報をあたってください。

他にもシュタイナー教育について書かれている書籍はいろいろ出ているみたいですね。

シュタイナー教育に関する書籍の紹介
http://steiner.blume4.net/buecher.html

また、ブログ本文のリンク先は参照されましたか?
シュタイナー学校に通われた方のサイトもありますので参考になるかと思います。
Posted by 端っこなひと at 2005年12月07日 00:34
はじめましてカンノさん。
私は「ミュンヘンの中学生」を読んだだけですので、残念ながら詳しいことはわかりません。

私に質問されるよりも本を読まれるか、シュタイナー教育を研究されている方に聞かれたほうがよろしいかと思います。

3の魅力的な点については、感性と理性について教える順序を含めてよく考えられている点や、実際に体や手を動かすことで学ぶところでしょうか。
座学は効率的でよいのですが、それだけでは限界もありますから。

4については、日本で受け入れがたいとは感じてませんが、受け入れがたいという事実があるのでしょうか?

私の勝手な憶測ですが、あるとすれば文部科学省から認可されるかどうかあたりがネックかもしれません。
Posted by 端っこなひと at 2005年12月07日 01:02
 始めまして。YOIと申します。シュタイナー教育は受け入れがたいと感じますが…!?私の考えですが、日本の教育はまだまだ詰め込み型だと思います。しかし、シュタイナー教育に関しては、子どもの発育に合わせた教育ですよね?日本はそのように時間をかけた教育というのは、難しいように感じるのですが?また、死んだ情報が入らないように、子どもにはテレビなどを見せないようにしているが、日本ではそのように積極的にシュタイナーの教育に目を向ける大人がいないように思うのですが…端っこなひとさんはどう思いますか?
 私から質問なのですが、シュタイナー学校はインターネットの導入はされていないのでしょうか?
Posted by YOI at 2005年12月08日 00:30
 シュタイナー教育に関する書籍情報ありがとうございます。端っこなひとさんはどうしてシュタイナー教育が受け入れがたくは無いと思うのですか?私は日本はドイツのように職人業が盛んな国ではないので、日本では難しいと感じるのですが?日本はまだ学歴重視の国だと思うので、シュタイナー教育をすぐには導入されにくいのではないかと思います。実際にシュタイナー教育を取り入れている幼稚園・学園はあるようですが…。どうなのでしょう?またなぜ、文部科学省は許可をしないんですかね?いろいろ考えてみるともっと詳しく知りたくなる教育ですね!
Posted by J at 2005年12月08日 00:40
 お久しぶりです。昨年はいろいろとお世話になりました。お蔭様で、研究発表会は無事に終わりまし。発表会を通して、シュタイナーの様々なことを知ることができました。とても、勉強になりましたし、他国の教育を知ることができ、本当に勉強になりました。日本とドイツだけでもこのように、教育方針が異なることを知り、面白かったです。また、機会がありましたら、シュタイナーについてお話しましょうね!私も大分シュタイナーについて詳しくなったと思いますよ!
Posted by J at 2006年02月18日 17:18
Jさん、研究発表会が無事に終わられたそうですね、おめでとうございます。

研究内容はWebで公開されていらしゃいますか?
もし公開されているなら、URLを教えていただけないでしょうか。

また機会がありましたら、シュタイナーについて教えてください。
Posted by 端っこなひと at 2006年02月21日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック