2015年05月19日

VirtualBoxでVMWareイメージを使う

数年前に利用していたVWMVare Player(Serverだったかも)のイメージをVirtualBoxで起動してみたときのメモです。
VirtualBoxで新しい仮想マシンを作って、VMDKファイルを割り当てることで利用できました。

1.VirtualBoxにて、「新規ボタン」をクリック
 メモリはVMWareで設定していた容量に合わせる(.vmxファイルに書いてある)
 「仮想ハードドライブを追加しない」にして作成する

2.ストレージの設定
 「ストレージ」タブで、コントローラーIDEを右クリックして「ハードディスクを追加」を選択する
 「既存のディスクを選択」->vmdkファイルを選ぶ
Webで調べている際にSCSIディスクを選ぶという説明をみかけましたが、IDEを選択しないとダメでした

3. その他の設定
 「システム」タブの「拡張機能」でI/O APICを有効化にチェック
  これがないと起動してこなかったです

なお、VMDKファイルを他にコピーして試した際には、ハードディスクを追加しようとすると「UUDI already exists」となって追加できませんでした。UUIDを変更すればいけるのかもしれませんが、元ファイルでうまくいったために試していません。

参考:VMware Player to VirtualBox for Windows7 移行メモ

posted by 端っこなひと at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419231878

この記事へのトラックバック