2014年11月13日

Debian wheezyのwifiファームウェアのバージョンを上げてみた

レッツノートW5のDebian wheezyがカーネルパニックで落ちて、wifi周りでエラーが出ました。
原因は切り分けられていないのですが、wifiのファームウェアのバージョンをあげて様子見をすることにしました。

レッツノートW5の無線はパナソニックのサイトをみると"インテル(R) PRO / Wireless 3945ABG"。
現在「firmware-iwlwifi」パッケージを使っており、バージョンは「0.36+wheezy.1」です。

wheezy-backportsの「0.43~bpo70+1」をWebからダウンロードしてdpkgでインストールしました。
$ aptitude show firmware-iwlwifi 
パッケージ: firmware-iwlwifi
新規: はい
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: いいえ
Multi-Arch: foreign
バージョン: 0.43~bpo70+1
タグ:Debian
posted by 端っこなひと at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408825921

この記事へのトラックバック