2007年04月25日

「オリックス対楽天」を観にいってきた

4月24日(火)にスカイマークスタジアム(旧称グリーンスタジアム)であった「オリックスvs楽天」の試合を観にいってきた。

 Yahoo!スポーツの試合のページ

プロ野球を観にいくのは久しぶり。やっぱりライブで観るのはいいなあ。
オリックスもブルーウェーブでなくなってからは応援していない(合併のことは許していない)ので、どちらを応援するというわけでもない。

予報どおり試合途中から雨がパラついてきた。
お気に入りのバックネット裏2階席は屋根があるので濡れることはなかった。
雨が降ってからは寒くなったので持って行ってたジャンパーを着てしのぐ。

試合は楽天が初回にセラフィニの制球が定まらないところをついて4点を先制。とくに山崎の3ランが効いた。

オリックスも反撃するも楽天がさらに山崎の2ランなどで突き放して9-5で楽天の勝利。

とにかくセラフィニが悪すぎたことに尽きるかなあ。
とはいえ、楽天の先発永井もあまり調子がよくなかったし、好調なオリックス打線が追い上げて、9回に1死満塁で4点差になったときは、もしかしたらと思わせた。

チームの状態としてはオリックスの方がよさそう。
打線が見違えるように調子がいい。1番大西、3番ラロッカ、5番北川、6番下山あたりは打ちそうな予感がする。
2番村松、4番ローズはブレーキもいいところだけど。
その日に限っては8番大引がすばらしいバッティングをしていた。

一方楽天打線は、大量点をうまくとったけどもそれほど破壊力は感じない。
3番リックはやたらあたっていたし、4番フェルナンデスはいいバッターだと思うけど、後は5番磯部くらいか。
今回は山崎が大当たりしていたので大量得点になったけど、いつもそううまくはいかんだろうし。

オリックス先発セラフィニはあんなに悪い投手だったのかな?と意外。球に力があったしいいボールも投げているのに、何度かストライクが入らなくなって四球をだしてはホームランという最悪のパターン。
二番手の岸田のほうが調子がよかった。

楽天先発永井は、それほどいい投手には見えなかった。ストレートも138km/h程度だし、キレがあるほどでもない。すごい変化球もなし。ただコントロールはまとまっているので大崩れしにくい点は評価できそう。2-3などのカウントから真ん中へなげて打たれるケースを何度かあってまだまだ甘いねえ。

楽天のリリーフは2番手朝井がオリックスの反撃の勢いを止めたのが大きかった。とくに6回の大西見逃し三振のボールはすばらしかった。
小倉、有銘がいまひとつでオリックスが息を吹き返した。
松本が死球を与えて1死満塁。そこで下山がねばっていたのだけど、アウトコースのストレートで見逃し三振。
あれが試合の最後の山だった。

つまらないミスが両チームにあったのは残念。
オリックスはタッチアップで2塁から3塁へ走らないとか。1塁手が2塁へバックアップに入らないとか。
楽天は間に合わないバックホームをして打者へ2塁へすすませるなど。

楽天の野村監督らしかったのが、4回の6点目。1死1-3塁で1塁ランナーとエンドランをしかけてショートゴロの併殺くずれで1点をもぎ取っていた。

全体的に荒っぽい打撃戦だったけど結構楽しめた。
両チームとも昨年よりは戦力が上がっているけど、上位を狙うにはまだまだ厳しそうな感じだった。
posted by 端っこなひと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック