2014年04月09日

英単語学習ツールのAnkiをDebianで使う

英単語を学ぶためのオープンソースのツールAnkiをDebian wheezyで使ってみましたのでメモを残します。

英単語を登録しておき、覚え度合いによって繰り返し出す頻度を変えて覚えるソフトです。同じ単語を繰り返して辞書で調べているのが気になって、これに登録を試していくことにしました。

牛尾さんの「ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」に載っていて知ったのですが、結構有名なソフトのようです。(以前に、知り合いも使っていたようなことを後で思いだしました)

Debianのパッケージにもなっていましたのでそのままインストールしました。
$ aptitude search anki
p anki - extensible flashcard learning program
$ sudo aptitude install anki

使い方は「はじめてのAnki – まず使ってみる」などに詳しくかかれています。

単語登録する
1. [ファクトを追加]ボタンをクリックして登録画面を呼び出す
2. [Front]に覚えたい単語を入力する
単語単体ではなく、元の文章ごとコピーペーストして、単語部分を太字にしました
3. [Back]に単語の意味を入力する
英英辞典を引いて、発音記号、意味、例文をコピーして登録しました。
4. [追加]ボタンをクリックして登録する

学習する
1. [Review]ボタンをクリックして、スタートする
2. 問題(単語)が表示されるので、ぱっと考えて分かってもわからなくても[解答を表示]をクリックする
3. 何日後に再度行うかを選択する



posted by 端っこなひと at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
querybts anki

をしておくと幸せになれます。Desktopだけじゃなくて、Android版などと連動させると良いと思うので。
Posted by yabuki at 2014年04月09日 16:08
yabukiさん、さしあたってはPCで使うつもりですが、連携できると便利そうですね。

querybtsがうまく使いこなせなくてWebの方をみましたが、これの話でしょうか。
https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=720765

Posted by 端っこなひと at 2014年04月09日 20:55
毎日やることに意味があるので、PCだけなら、そのレポートは無視して良いと思います。

まあ、そのレポートも難しいことを行っているわけでなく、sidのankiを使ったら上手く行くというだけのことです。
Posted by yabuki at 2014年04月10日 16:09
Yabukiさん、ありがとうございます。
sidではうまく行っているのですね。
Posted by 端っこなひと at 2014年04月18日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394186543

この記事へのトラックバック