2006年09月22日

読書「スパマーを追いかけろ」

去年に買っていたのをやっと読み終えた。

スパマーを追いかけろ スパムビジネスの裏側
ISBN4-87311-229-X
著者:ブライアン・マクウィリアムス(Brian McWilliams)
訳者:夏目大
発行所:株式会社オライリー・ジャパン


スパマーとアンチスパマーの生活がノンフィクションとして描かれていて興味深い。

スパマーがそんなに儲かるとは知らなかった。どうりでスパムが増えるわけだ。
逆に言うと、それだけスパマーから何かを買う人間(カモ)が世の中には大勢いるってのも驚きだったなあ。
メールを使っていても詐欺の一種だから当然といえば当然か。

スパマーでもいろんな連中がいて面白かったのだけど、スパマーにもネットワークやコミュニティがあって、ノウハウをどんどん習得していく様子は他の分野となんら変わらない。

アンチスパマーっていう人種についてよく知らなかったのだけど、これほど変人の集まりだったとは。
スパマーのマシンをクラックする過激派なんて、どうみても犯罪者だし。
アンチスパマーは社会の役に立って部分と、問題を引き起こしている部分のどちらが大きいか微妙かも。
日本ではそんな過激なアンチスパマーって聞いたことないけどどうなんだろう?

まっちゃ139でも"ブラックリストのトラブル"の話が出ていたけど、アメリカでもやっぱりトラブルになっていることはわかった。
でもスパマーにとってもブラックリストは脅威ではあるみたい。

スパマーとアンチスパマーがメッセンジャーで会話したり、自分の仲間を裏切って情報提供したり、生々しい世界な本だった。
posted by 端っこなひと at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック