2006年06月27日

CentOS上にVMWare Playerをインストール

CentOS上にVMwarePlayerをインストールした時のメモ。

インストール前から、CentOSのGUIが耐えられないくらいに重いのだけど、気にしないことに。
Firefoxが1。08とかいう古いバージョンなのも気にしない。
Cannaの変換効率も異常に悪いのも(以下略


1、VMWarePlayerのダウンロード
http://www.vmware.com/ja/download/player/より最新版(1.0.1)のLinux版rpmファイルを取得

2、インストール
# rpm -ivh VMware-player-1.0.1-19317.i386.rpm

3、VMWarePlayerの設定
# vmware-config.pl

NATにするかなどを選択。基本的にデフォルトで問題なかった。

4、イメージの作成
前にWindowsのVMWarePlayerで使っていたイメージをコピーしてきた。
.vmxファイルを環境にあわせてパスなどを変更

4、VMWarePlayerの実行
$ vmplayer
.vmxファイルを選択する。
一部エラー(オーディオ)がでたものの、問題無く動いた。


参考ページ
Operation Normal ?「VMware Player を導入してみました」
posted by 端っこなひと at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック