2009年05月14日

Cygwinのインストール

WindowsでCVSのクライアントが欲しくて、Cygwinをインストールした。
最初はTortoiseCVSを試していたものの、SSHを使う設定がうまくできずにやめた。

最初、サイト右上にあるCygwinのダウンロードアイコに気がつかずに困った。
setup.exeをダウンロードして、実行
パッケージはデフォルトでインストールすると、いろいろと足りなかったのでもう一度setup.exeを実行して以下をインストール。
 Net -> openssh
 Devel -> CVS
 Editor -> vim

日本語表示設定
Cygwin 日本語化 + αCygwinの覚書などを参考に設定
●~/.bashrc
# LANG Options
export LANG=ja_JP.SJIS
export JLESSCHARSET=japanese-sjis
export LESS=-r

# Aliases
alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

alias ll='ls -laF'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'
alias ls='ls -hF --color=auto --show-control-chars'

●~/.vimrc
set enc=japan
set fileencodings=iso-2002,utf-8,euc-jp,cp932

●~/.inputrc
# Allow 8-bit input/output
set meta-flag on
set convert-meta off
set input-meta on
set output-meta on


なお、CygwinはデフォルトでCドライブ直下にインストールされる。
それがいやで再度インストールした。
アンインストールは、コンピュータ広場 CS「cygwinのアンインストール方法」を参考に、レジストリの削除とcygwinフォルダの削除、Local Package Directoryのフォルダを削除する。

レジストリとLocal Package Directoryだけ削除して、安心して再インストールしたら元のcygwinフォルダの設定をみるらしくて、他の場所にインストールしたcygwinがコマンドプロンプトが一瞬見えるだけで起動しなかった。

  
posted by 端っこなひと at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック