2006年01月10日

土曜フォーラム「人口減少時代の地域づくり」

1月7日(土)にNHK教育テレビで放送されていた、土曜フォーラム「人口減少時代の地域づくり」を観ての感想とメモ。

○2050年にどうなっているかを想定していた。
 団塊ジュニアが80歳代
 高齢化率(65歳以上の率)35.7%

○兵庫県が例に出されていて
 2000年→2050年
 人口:555万人→455万人。100万人減ってしまうと予想されている
 高齢化率17%→36%
 要介護者10万人→30?万人
 
 財政7兆円→5兆円(26%減)
  このままだと社会保障費が大幅に増える
  公共事業を絞っても16.4%はかかる
  インフラどころではない

○印象的だったのは、2020年代前半で新規の公共事業を行う余地がなくなって、それ以降は既存の公共施設を維持することすらできなくなるという話。
更新するものを選別する時代になるという。
それとお金があってもセメントや鉄鋼などの資源がないから、公共事業は減っていくとか。

必要性の低い公共事業をやっているところは、将来の廃墟を作っているようなものかも。

○人口減少といっても、都市部ではなく山間地の減少度合いが大きいらしい。
 いままでのように道路や下水道などのサービスを一律に提供するのは難しいだろうと。
 サービスレベルをどこまでやるか

○北海道室蘭市の例
 鉄鋼の町として、最盛期は18万人いた人口が、30年間で10万人を切った
 地区の中ほどの店が撤退して寂れていた
 →交流センターと17店舗のショッピングモールのビルを建設
   商店街を一巡すれば生活品が間に合うので、モールができて5年間で徐々に賑わい
   向かいに病院を誘致
   便利な街を目指している

 街の中に活気を呼び戻そうと再開発するのはよくやる手だけど、民主導なのが特徴なのかも。

 ぐぐってみたけれど、これって「室蘭市市民会館」と「ぷらっとてついち」のことかなあ?

 郊外に高齢者が増えていることが課題
  郊外の住宅は坂が問題。高齢化して病院にいくにも車代が大変
 遊休地を利用して郊外の高齢者の住み替えを考えているらしい
  マンションを用意して街の中へ高齢者を
  開いた家は若い世代に低料金で貸し出すプラン
 
 アイデアは面白いと思う。ただ私なら低料金でも坂の上の古い家に住みたいかは微妙。

 室蘭市公式ページ
 Wikipedia 室蘭市

----
 ぜんぜん関係ないけど、室蘭市ってこんな話題も。
 slashdot 北海道室蘭市教委、学校システムの一部をLinuxからWindowsへ変更
  Windows、Linuxにかかわらずきちんと管理するにはそれなりにコストがかかると思うけど。
---- 

○岩手県田野畑村の例
 人口昭和35年の6000人→現在3500人
 公共サービスを住民自身で行う試み
  村道の維持管理を地区
  自前の除雪機で雪かきなど
 甲地地区
  自治会長さんいわく、昔から共同でやってきたのでうけいれやすいのでは
  公民館の立替で、
   財政難の村は1割の300万円を自治会で負担を求める
   →自治会はひとり一律5万円を求めた
   みんなに権利がある、ひとりあたり15万円くらいの価値があると説明して説得したという

 何でも行政に頼らずに自分たちですることはすばらしいのだけど、よくまとまったよなあ。
 それに、自治体がボランティアを下請けの便利屋にしようとする場合がある。というか神戸市はそんなんばっかし。

○大西氏の護送船団方式はやめるべきという話は面白かった。
 商店街をどうこうというのを封印せよという。
 やる気のある人たちが集まって新しく作ればいいと。足をひっぱらない

 イメージはオープンソースのバザール方式に近い?
  参考:Wikipedia バザール方式

○イギリスのRDA:地域開発公社のことが少しでていたけど、はじめて聞いた。

 財団法人・自治体国際化協会 イングランドにおける地方分権に向けた動き
 http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/sp_jimu/151_3/INDEX.HTM

 日本総研「地域再生力強化に向けて」
 http://www.jri.co.jp/JRR/2004/10/op-rebirth.html

○増田知事は、国の補助金をもらってやると味気なくて寂れていくという
 地域のリーダーをサポートしていく
 行政は人が変わるので、どうしてもギャップがあるという
 
 補助金って縛りが大きくて、使えないって話は良く聞く。いいかげん権限と財源を自治体に与えればいいのにね。
 人が入れ替わるって話は、知事の権限で人を変えなきゃいいだけやん。
 うちは大丈夫だけど他所は駄目だねって話だったのかな?

○松谷氏の経済活動を軸にするのではなく、いかにお金を使わずに豊かにすごせるかという話も。
 これも確かに大事なポイント。ただし、今回のテーマとはちょっとずれている。
 やりすぎると地域経済が回らないし。

○全体としては、人口減少の社会は明るいけどもいろいろ問題もあるねというトーンの話だった。
 私としては人口減少が問題じゃなくて、急激な変化に社会が対応していくのが問題なんだろうなあと感じている。
posted by 端っこなひと at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック