2009年01月01日

2008年12月度 LILO Monthly Seminarに行ってきた

年が明けてからというのもなんだけど、忘れないうちに12/27(土)の「2008年12月度 LILO Monthly Seminar」のメモを書いておこう。

資料ページ

12/21の月曜日の夜7時ごろ(仕事中)にふと思いついて会場確保、申込ページ作成、MLへ告知を行う。
なんだかんだで人が増えて、9名で勉強会+忘年会が出来て楽しかった。
言われて気がついたのだけど、半分くらいが40歳以上だったような。

3時に遅刻してしまう。
まずうるう秒についての雑談からスタート。DBを一時的に止めて対処するところもあるそうな。不定期にあるのでやっかいだねという話。

自己紹介(近況報告)のあと、さとうさんの「Linux From Scratch」での「pkgsrc」の話。X環境やアプリなども自力でコンパイルしているのはがんばっているよなぁ。

山内さんの話は2007年10月度 LILO Monthly Seminarの続きみたいな内容だった。openmicroserverを持たせたあまり詳しくないエンジニアを現地に派遣して、専門のエンジニアが携帯経由でそこを踏み台にしてメンテナンスするという。

アンドロイドケータイの話。PCにつないで簡単にハックできるらしい。Debianが動きそうとのこと。

OpenOffice.orgの話とか。WriterでデモしているとWordみたいといわれる。違和感ないくらい似てきたということかな。

で意外にもりあがったのがvimの話。nviとvimの違いなどから、起動時にまずなにをするかに。
いきなりiを入力して十字キーで移動する人をみたとか。
やっぱり"/"で検索でしょうとか。":set nu"で行を表示させるとか
"ce"で置き換えが便利だとか。いつのまにやらvimの使い方へ。

忘年会は大阪第1ビルの百番へ。いろいろと盛り上がって楽しかった。
思いつきで直前企画として開催したけど、たまにはこういうのもありかなと思った。
posted by 端っこなひと at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111992044

この記事へのトラックバック