2005年12月27日

中国のカドミウム汚染

中国でのカドミウム流出のニュースを見ていて気になってたので、ちょっとググッたときのメモ。


Sankei WEB
●(共同通信)「広東省で大規模な河川汚染 カドミウム、10万人に影響」(2005年12月21日)
http://www.sankei.co.jp/news/051221/kok051.htm

●「カドミウムを排出 中国また河川汚染 基準値の10倍、飲料水に影響」(2005年12月22日)
http://www.sankei.co.jp/news/051222/morning/22int003.htm

●(共同通信)「国有企業甘やかしが背景 河川汚染で中国紙が批判」(2005年12月24日)
http://www.sankei.co.jp/news/051224/kok002.htm

●(共同通信)「広州には来月到達か 中国のカドミウム汚染」(2005年12月24日)
http://www.sankei.co.jp/news/051224/kok064.htm

●(共同通信)「11月にもカドミウム流出 中国広東省の精錬工場」(2005年12月26日)
http://www.sankei.co.jp/news/051226/kok050.htm

----

YOMIURI ONLINE
●「中国カドミウム汚染、住民知らずに川の水飲む…香港紙」(2005年12月22日)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051222id25.htm

●「中国・広東省の工場、11月にも汚染廃水垂れ流し」(2005年12月26日)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051226i513.htm

----
中国情報局NEWS
●広東:カドミウム汚染源「草木も生えぬ」環境模範工場
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1226&f=national_1226_002.shtml


どうやら前から垂れ流し状態だったらしい。
中国ではまだ環境よりも経済という意識なんだろう。かつての日本と同じ過ちを繰り返している模様。

中国各地の工場でも同じような問題が起こっているかもなあ。



○イタイイタイ病

●イタイイタイ病とカドミウム汚染による人体影響
http://www.toyama-mpu.ac.jp/md/pubhlth/ibyo1.html

●カドミウムによる環境汚染
http://www.iph.pref.osaka.jp/report/harmful/detail/867toyama.html

●日本のカドミウム汚染地域と地域住民の健康障害
http://www.kanazawa-med.ac.jp/~pubhealt/cadmium/cadmium.html

●第7回FNSドキュメンタリー対象
『30年目のグレーゾーン 〜環境汚染とこの国のかたち〜』
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/backnumber/back/99-10.html

日本でも政官学が強烈にもみ消しを図った歴史が。。。。


○現在の日本のカドミウム汚染
日本中でカドミウム汚染が現在でも続いているとか。
農作物からの摂取が問題になっているらしい。

●農水省「食品中のカドミウムに関する情報」
http://www.maff.go.jp/cd/

●日本生活協同組合連合会 カドミウム問題に関するQ&A
http://www.jccu.coop/news/syoku/syo_021213_02.htm

●ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
「日本の米は大丈夫?――米のカドミウム汚染」
http://www.kokumin-kaigi.org/kokumin03_37_05.html

最近の排出源としては、ニッカド電池が大半を占めるらしい。
私はあんまり使うことはないけど、きちんと処理されないと大変なんだろうな。

e-Word ニッカド電池

はてなダイアリー - ニッカド電池とは
カドミウムは有害物質のため、廃棄の際は家電店などの回収箱に入れること。


Wikipedia カドミウム
posted by 端っこなひと at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11090876

この記事へのトラックバック