2014年04月23日

Becky!からSylpheedへのメールボックス形式の変更

Windows XPからDebian wheezyに移行した際に、メールクライアントをBecky!とSylpheedの併用から、Sylpheed単独へ移行した際のメモです。

利用しているプロバイダ(ぷらら)のメールアドレスではIMAPが提供されており、メインを除いてIMAPに移行しました。メールクライアントでIMAPサーバーに接続して、POPしたメールをサーバー側へコピーしました。コピーにはそれなりに時間がかかりますので、あらかじめ不要なメールはフォルダごと削除して減らしておきました。

メインのアドレスだけは既存のメール数やフォルダ数が多いため、POPのまま利用することにしました。この際、Becky!のメールをSylpheedのメールボックス形式(MH)に変換する必要があります。

以下のような流れで作業しました。
1. Becky!からmbox形式でエクスポートする
 (直接MH形式にエクスポートできないため)
2. エクスポートしたmbox形式のファイルをLinuxにコピーする
3. mewに付属しているincmコマンドでMH形式にする
 (Sylpheedで1つずつインポートするには数が多いため)
4. Sylpheedでメールボックスの設定場所を指定する

細かい手順は以下です。

1. Becky!のインストールされているWindowsにCircleBeckyプラグインをインストールする
 (Beckyのエクスポート機能ではフォルダ単位でしかできず、
 このプラグインで全部を再帰的にエクスポートするため)

2. Becky!を起動し、メニューから [ツール] - [プラグインの設定] - [CircleBecky Plug-In] を選択して、エクスポート形式のところでmbox形式を選択する
 (返信アドレスの調整についても念のためはずしておく)

3. Becky!のメニューから[ファイル] - [フォルダ] - [拡張エクスポート] を選択して、保存するフォルダを選択する
 これでmbox形式でメールボックス全体がエクスポートできました。
パーミッションで少しハマりました
現象:手順2でmbox形式に設定しても反映されなかった。
原因:Admin権限でCircleBeckyをbeckyのプラグインフォルダへインストールしたが、そこは一般ユーザ権限では書き込みできないため。
対応:一般ユーザに書き込み権限を付与した

4. エクスポートしたmbox形式のファイルをWindowsからLinux(Debian)にコピーする

5. Debianで、mewに付属しているincmをインストールする
https://packages.debian.org/wheezy/mew-bin
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude install mew

6. incmコマンドを使った以下のシェルスクリプトを実行する
$ cp -r 受信箱/ ~/work/
$ cd ~/work/
$ ./cv.sh 受信箱/ hoge/
送信箱も同様に作業した。
以下はcv.shの中身(ここのシェルスクリプトを利用させていただき、一部修正しました)
#!/bin/sh

mboxDir="$1" mhDir="$2"

if [ -d "$mhDir" ]; then
mv "$mhDir" "$mhDir"-back
fi
logFile="$PWD/log.txt"
if [ -f "$logFile" ]; then
rm -f "$logFile"
fi
touch "$logFile"
mailList="./mailLIst.txt"
if [ -f "$mailList" ]; then
rm -f "$mailList"
fi
find ./"$mboxDir" -type f > "$mailList"
dirList="./dirList.txt"
if [ -f "$dirList" ]; then
rm -f "$dirList"
fi
#sed s/.mbox//g "$mailList" > "$dirList"
sed s/'\/[^/]*.mbox$'//g "$mailList" > "$dirList"
for i in `cat "$mailList"`;
do
echo "$i" >> "$logFile"
exportDir="$mhDir"/"`echo $i | sed s/'\/[^/]*.mbox$'//g`"
if [ ! -d "$exportDir" ]; then
echo "create directory: $exportDir" >> "$logFile"
mkdir -p "$exportDir"
fi
# echo "$exportDir"
# echo "$i"
incm -b -d "$i" -i "$exportDir" | tail -n 10 >> "$logFile"
ls "$exportDir" | wc -l >> "$logFile"
echo >> "$logFile"
done

7. MH形式のファイルをメールボックスを置きたい場所へ移動
$ cp ~/work/hoge/受信箱/* ~/Mail/inbox

8. Sylpheedを起動して、メールボックスの場所を指定する
 メニューから[ファイル]-[メールボックス]-[メールボックスを追加する]を選択し、場所で「/home/ユーザー名/Mail」を選択する(~/Mail/以下に置いたため)

参考にしたページ
* 「BeckyのメールデータをWanderlustへ移行させる」
* Japanese workaholic!! 「ThunderbirdからWalnderlustに移行する その1」
* yzero.org 「becky から thunderbird」
* Sylpheedマニュアル 「他メールソフトからSylpheedへの移行」
ラベル:Sylpheed
posted by 端っこなひと at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

SSHで接続した際に「Host key verification failed」

Debian wheezyからFreeBSDへSSHで接続した際に「Host key verification failed」のエラーになりました。サーバー側がメンテナンスで再インストールされたような記憶がありましたので、古いホストキーを削除すればよいはずです。

直接"/home/ユーザ名/.ssh/known_hosts"を編集してもよいのですが、今回コマンドでやってみましたのでメモしておきます。
$ ssh-keygen -F ホスト名
$ ssh-keygen -R ホスト名

-Fオプションは確認、-Rオプションで削除できました。

参考
PRiMENON:DiARY「[Ubuntu]ssh 接続しようとすると「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」が表示されるときは

posted by 端っこなひと at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

Debian wheezyのAnthy個人辞書に追加する

Debian wheezyのAnthyの変換効率があまりよくなく、いままでは放置していたのですが、よく変換するものに関しては個別にAnthy辞書へ登録していくことにしました。

たとえばここにもあるように「事業」としてほしいのが「次行」と変換されるところなどです。

以前に、MS-IMEの辞書登録データをAnthyの辞書へ移行したファイルに追記してみます。
~/.anthy/imported_words_default.d/dic.tが前回の個人辞書ファイルですので、それに追記してソートさせます。
$ cp ~/.anthy/imported_words_default.d/dic.t dic.tmp
$ vi dic.tmp
$ env LANG=C sort dic.tmp > ~/.anthy/imported_words_default.d/dic.t

これで日本語入力をONにすれば登録した文字列を変換できました。

ふとGUIのツールも試してみようと考えました。
uimの入力切り替えバーを右クリックして選択できるuim-dict-gtk3(日本語辞書ツール)を試しましたが、当初登録しても変換できないようにみえました。
そこで、kazumiを試してみたところ登録できました。そのあとではuim-dict-gtk3でも登録できています。
どちらのGUIツールでも、データは ~/.anthy/private_words_default に登録されていました。



ラベル:Anthy
posted by 端っこなひと at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

英単語学習ツールのAnkiをDebianで使う

英単語を学ぶためのオープンソースのツールAnkiをDebian wheezyで使ってみましたのでメモを残します。

英単語を登録しておき、覚え度合いによって繰り返し出す頻度を変えて覚えるソフトです。同じ単語を繰り返して辞書で調べているのが気になって、これに登録を試していくことにしました。

牛尾さんの「ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」に載っていて知ったのですが、結構有名なソフトのようです。(以前に、知り合いも使っていたようなことを後で思いだしました)

Debianのパッケージにもなっていましたのでそのままインストールしました。
$ aptitude search anki
p anki - extensible flashcard learning program
$ sudo aptitude install anki

使い方は「はじめてのAnki – まず使ってみる」などに詳しくかかれています。

単語登録する
1. [ファクトを追加]ボタンをクリックして登録画面を呼び出す
2. [Front]に覚えたい単語を入力する
単語単体ではなく、元の文章ごとコピーペーストして、単語部分を太字にしました
3. [Back]に単語の意味を入力する
英英辞典を引いて、発音記号、意味、例文をコピーして登録しました。
4. [追加]ボタンをクリックして登録する

学習する
1. [Review]ボタンをクリックして、スタートする
2. 問題(単語)が表示されるので、ぱっと考えて分かってもわからなくても[解答を表示]をクリックする
3. 何日後に再度行うかを選択する



posted by 端っこなひと at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする