2017年09月16日

Debian jessieでJOSMを利用する

Debian jessieでJOSMをインストールした時のメモです。

メイン環境のレッツノートCF-N10では、Debian jessieを利用しています。ある時期からJOSMが"openjdk-8-jre"を必要とするようになったのですが、jessieのパッケージでは "openjdk-7-jre"なので、JOSMを削除していました。

すでにoldstable(旧安定版)となっているのでDebianのアップグレードをしてもよいのですが、今回はjessie-backportsのopenjdk-8-jreを利用しました。

参考にしたページ
JOSMダウンロードページ
moe's techblog: "Installing OpenJDK 8 on Debian Jessie"

以下は手順です。
$ sudo vi /etc/apt/sources.list で以下のjessie-backportsとJOSMのリポジトリを追記します(以前に追記していました)
deb http://ftp.jp.debian.org/debian jessie-backports main contrib non-free
deb http://josm.openstreetmap.de/apt alldist universe

JOSMのリポジトリの公開鍵を登録します(これも以前やっていました)
wget -q https://josm.openstreetmap.de/josm-apt.key -O- | sudo apt-key add -

openjdk-8-jreをインストールします。
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude install -t jessie-backports openjdk-8-jre
以下の新規パッケージがインストールされます:
openjdk-8-jre openjdk-8-jre-headless{a}
以下のパッケージが更新されます:
ca-certificates-java
更新: 1 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 308 個。
27.1 M バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 100 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。

java-1.8.0-openjdk-amd64 パッケージに切り替えます。
$ sudo update-java-alternatives --list
java-1.7.0-openjdk-amd64 1071 /usr/lib/jvm/java-1.7.0-openjdk-amd64
java-1.8.0-openjdk-amd64 1069 /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-amd64
$ sudo update-java-alternatives --set java-1.8.0-openjdk-amd64
update-alternatives: エラー: mozilla-javaplugin.so の alternatives がありません
update-java-alternatives: jdk alternative does not exist: /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/bin/appletviewer
update-java-alternatives: jdk alternative does not exist: /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/bin/jconsole
update-java-alternatives: plugin alternative does not exist: /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre/lib/amd64/IcedTeaPlugin.so

JOSMをインストールします。
$ sudo aptitude install josm
以下の新規パッケージがインストールされます:
josm libopenjfx-java{a} libopenjfx-jni{a} openjfx{a} proj-data{a}
更新: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
31.0 M バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 54.7 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y
取得: 1 http://josm.openstreetmap.de/apt/ alldist/universe josm all 1.5.svn12712 [10.8 MB]
取得: 2 http://ftp.jp.debian.org/debian/ jessie-backports/main libopenjfx-jni amd64 8u102-b14-1~bpo8+1 [8,174 kB]
...

$ josm で起動できました。

以下途中であれこれしたメモです。
"openjdk-7-jre" を削除しようと思いましたが、依存パッケージを削除されるのでやめました。
$ sudo aptitude remove openjdk-7-jre
以下のパッケージが削除されます:
openjdk-7-jre
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 1 個、保留: 1 個。
0 バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 666 k バイトのディスク領域が解放されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
default-jre : 依存: openjdk-7-jre (>= 7~u3-2.1.1) [インストールされません]
openjdk-7-jdk : 依存: openjdk-7-jre (= 7u151-2.6.11-1~deb8u1) [インストールされません]
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:
以下のパッケージを削除する:
1) default-jdk
2) default-jre
3) freemind
4) javahelp2
5) openjdk-7-jdk
6) simplyhtml

また、-tオプションで、 "jessie-backports" を明示的に指定しない場合は、以下のように怒られました。
$ sudo aptitude install openjdk-8-jre
以下の新規パッケージがインストールされます:
openjdk-8-jre openjdk-8-jre-headless{ab}
更新: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
27.1 M バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 100 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
openjdk-8-jre-headless : 破壊: ca-certificates-java (< 20160321~) [20140324 が既にインストール済みです]
破壊: ca-certificates-java:i386 (< 20160321~)[仮想パッケージです]
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

以下のパッケージを現在のバージョンに一時固定する:
1) openjdk-8-jre [インストールされていません]
2) openjdk-8-jre-headless [インストールされていません]

posted by 端っこなひと at 04:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う

Debian jessieで日本語と英語のキーボードを切り替えて使う設定のメモをしておきます。

具体的には、ノートパソコン(レッツノート)にモニターとキーボードをつないで利用していますが、英語配列のUSBキーボードを購入したので、場合によって英語配列と日本語配列の設定を切り替えたいと思いました。

以下の方法で簡単に切り替えることができました。

1. Gnomeの「設定」ダイアログで、「地域と言語」を選択する
2017-05-30_keyboard.png
2. 「入力ソース」の「オプション」ボタンをクリックする
2017-05-30_keyboard2.png
3. 「ウィンドウ毎に別のソースを使用可能にする」を選択する
2017-05-30_keyboard3.png
4. 閉じるをクリックする

Super(Windows)キー+Spaceキーでソースを切り替え出来ます。

コンソールでは上記の方法でうまくいかず、以下のようにして一時的に切り替えています。
$ setxkbmap -layout us

ブラウザの中での入力では対応方法を探し中です。

参考:
* Debian wiki
* UbuntuのmozcでUSキーボード入力/JISキーボード入力を簡単に切り替える方法
* TagoSuckの独習プログラム日記 たごろぐ「Debian setxkbmapコマンドでキーボードの日本語配列と英語配列を切り替える」
ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

Debian jessieでexFATのフォーマット/マウントをする

Debian jessieでSDHCカードを扱った際のメモです。
SDHCカードはexFATでフォーマットされており、exfat-fuseとexfat-utilsのパッケージをインストールすることでフォーマットやマウントすることが出来ました。

必要なパッケージをインストールする
$ sudo aptitude install exfat-fuse exfat-utils


これだけで、ファイルマネージャーのNautilusなどでアクセスすると、自動マウントされて読み書きできました。

デバイス名を確認します。今回は/dev/mmcblk0p1でした
$ sudo fdisk -l
...
...
Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/mmcblk0p1 32768 125171711 125138944 59.7G 7 HPFS/NTFS/exFAT

フォーマットします。一瞬で終わります(LABELにはラベルとして付けたい適当な名前を入れます。)
$ sudo mkfs.exfat -n LABEL /dev/mmcblk0p1

fsckは忘れていたのでやっていませんが以下のようにするようです。
$ sudo fsck.exfat /dev/mmcblk0p1


参考
How to Geek「How to Mount and Use an exFAT Drive on Linux」
ぺけみさお「Debian/UbuntuでexFATをマウントする方法」
maketecheasier「How to Format External Hard Disk to exFAT Filesystem in Ubuntu」

ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

Ubuntu14.04でsikuliをインストールする

Ubuntu 14.04(trusty)でsikuli-ideをインストールした時のメモです。
universeにパッケージ化されていましたので、そのままインストールしました。Javaなどのパッケージが大量に入ります。
$ sudo apt-get install sikuli-ide

起動しようとすると、エラーで起動できません。
$ sikuli-ide
5 02, 2016 10:36:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$1 run
INFO: Created user preferences directory.
[info] locale: ja_JP
Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: com/google/common/collect/MapMaker
at org.python.core.PyType.fromClass(PyType.java:1280)
(以下略)

launchpadDebian BTSにバグ報告されています。
Debian BTSの"Message #5"の通り、/usr/bin/sikuli-ideを変更すると、sikuri-ideが起動できるようになりました。
元の/usr/bin/sikuli-ide
LC_NUMERIC=C exec /usr/bin/java -cp "/usr/share/java/jna.jar:/usr/share/java/asm3.jar:/usr/share/java/asm3-commons.jar:/usr/share/java/antlr3-runtime.jar:/usr/share/java/libconstantine-java.jar:/usr/share/java/jython.jar:/usr/share/java/commons-cli.jar:/usr/share/java/JXGrabKey.jar:/usr/share/java/json_simple.jar:/usr/share/java/swing-layout.jar:/usr/share/java/swingx-core.jar:/usr/share/java/forms.jar:/usr/share/java/jgoodies-common.jar:/usr/share/java/mac_widgets.jar:/usr/share/java/junit.jar:/usr/share/sikuli/sikuli-ide.jar:/usr/share/java/sikuli-script.jar" -Dsikuli.console=true -Dsikuli.debug=0 -Xms64M -Xmx512M -Dfile.encoding=UTF-8 -Dpython.home=/usr/share/jython -Dpython.path="/usr/share/sikuli/Lib" -Dpython.cachedir=$HOME/.jython-cache org.sikuli.ide.SikuliIDE "$@"

変更後の/usr/bin/sikuli-ide
LC_NUMERIC=C exec /usr/bin/java -cp "/usr/share/maven-repo/com/google/guava/guava/debian/guava-debian.jar:/usr/share/maven-repo/org/jruby/ext/posix/jnr-posix/debian/jnr-posix-debian.jar:/usr/share/java/jaffl.jar:/usr/share/java/jna.jar:/usr/share/java/asm3.jar:/usr/share/java/asm3-commons.jar:/usr/share/java/antlr3-runtime.jar:/usr/share/java/libconstantine-java.jar:/usr/share/java/jython.jar:/usr/share/java/commons-cli.jar:/usr/share/java/JXGrabKey.jar:/usr/share/java/json_simple.jar:/usr/share/java/swing-layout.jar:/usr/share/java/swingx-core.jar:/usr/share/java/forms.jar:/usr/share/java/jgoodies-common.jar:/usr/share/java/mac_widgets.jar:/usr/share/java/junit.jar:/usr/share/sikuli/sikuli-ide.jar:/usr/share/java/sikuli-script.jar" -Dsikuli.console=true -Dsikuli.debug=0 -Xms64M -Xmx512M -Dfile.encoding=UTF-8 -Dpython.home=/usr/share/jython -Dpython.path="/usr/share/sikuli/Lib" -Dpython.cachedir=$HOME/.jython-cache org.sikuli.ide.SikuliIDE "$@"

(参考)エラーメッセージ全体
5 02, 2016 10:36:59 午後 java.util.prefs.FileSystemPreferences$1 run
INFO: Created user preferences directory.
[info] locale: ja_JP
Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: com/google/common/collect/MapMaker
at org.python.core.PyType.fromClass(PyType.java:1280)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java:66)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java:21)
at org.python.core.PyBuiltinMethod.(PyBuiltinMethod.java:16)
at org.python.core.PyBuiltinMethodNarrow.(PyBuiltinMethodNarrow.java:24)
at org.python.core.PyType$type___subclasses___exposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyType$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyType.(PyType.java)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java:66)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java:21)
at org.python.core.PyBuiltinMethod.(PyBuiltinMethod.java:16)
at org.python.core.PyBuiltinMethodNarrow.(PyBuiltinMethodNarrow.java:24)
at org.python.core.PyDataDescr$getset_descriptor___get___exposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyDataDescr$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyDataDescr.(PyDataDescr.java)
at org.python.core.PyBuiltinCallable$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyBuiltinCallable.(PyBuiltinCallable.java)
at org.python.core.PyObject$PyExposer.(Unknown Source)
at org.python.core.PyObject.(PyObject.java)
at org.python.util.PythonInterpreter.initialize(PythonInterpreter.java:57)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.init(ScriptRunner.java:32)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.(ScriptRunner.java:28)
at org.sikuli.script.ScriptRunner.getInstance(ScriptRunner.java:23)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.(SikuliIDE.java:664)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.getInstance(SikuliIDE.java:138)
at org.sikuli.ide.SikuliIDE.main(SikuliIDE.java:975)
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: com.google.common.collect.MapMaker
at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:366)
at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:355)
at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
at java.net.URLClassLoader.findClass(URLClassLoader.java:354)
at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:425)
at sun.misc.Launcher$AppClassLoader.loadClass(Launcher.java:308)
at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:358)
... 26 more



ラベル:ubuntu
posted by 端っこなひと at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

Thunderbird+Lightningで他のカレンダーと連携する

カレンダーがあちこちに散らばっているので、クライアント側のThunderbird+Lightningで一元化できないかを試してみました。
* Googleカレンダーと同期
* サイボウズLiveから2ヶ月分の取得
* ownCloudカレンダーとの同期

Thunderbird+Lightningを使ってみる」ではあくまでローカルで見たいだけだったのですが、古いノートPC(レッツノートW5)では動きがもっさりしていて使わなくなりました。ノートPCを変えたので再度チャレンジです。

Debian jessieでは商標の関係から"Thunderbird"は"Icedove"、"Lightning"は"Iceowl"という名前になります。
■Iceowlのインストール(Icedoveはインストール済)
$ sudo aptitude install iceowl-l10n-ja 
以下の新規パッケージがインストールされます:
calendar-google-provider{a} iceowl-extension{a} iceowl-l10n-ja

■Icedeve起動時に、新着メールを確認しないようにする
1. Thunderbirdを起動時、アカウント作成ウィザードを中止
2. メニューから[ファイル]-[オフライン]-[オフライン作業]
3. メール作成で、アカウント設定ダイアログを起動させ、
  例えばexample.comに設定(オフラインしていないと、パスワードチェックへ行くので注意)
4. 詳細設定ボタンをクリック、「サーバー設定」の[サーバ設定]で
  「新着メッセージがないか起動時に確認する」「新着メッセージがないか""分ごとに確認する」
  のチェックをオフに

■Googleカレンダーとの連携
1. 左側の「カレンダーペイン」で、カンレだーリストの空白部分を右クリックして「新しいカレンダー」を選択
2. 「ネットワークのサーバーに保存する」を選択して次へ
3. 「Google Calender」を選択して次へ
4. Googleアカウントとパスワードを入力し、認証を受ける(2要素認証でも問題なし)
5. Googleのカレンダーやタスクをアクセス許可のチェックをする

Googleの休日カレンダーも使うことにしました

■サイボウズライブと同期する
iCalendar形式で今日から前後1ヶ月の2ヶ月分のみ取ってこれる
https://help.cybozulive.com/hlpb201206181140/
「新しいカレンダー」を作成で、iCalendar形式を選択して、上記から取得したURLを設定

サイボウズLiveのカレンダーをIcedove側でエクスポート->IceDoveの別のカレンダーにインポート、をしてみましたが、問題なくできたようです(エラーは出ていましたので一部持ってこらないものがあったかも)

■ownCloudと同期する
1. ownCloudでカレンダーモジュールを有効にする
2. ownCloudのカレンダー画面で、左のカレンダー一覧で
 「DevCalへのリンクを取得」アイコンをクリック
3. Lughtning(Iceowl)で新しいカレンダーを作成でURIを指定

■表示設定
カレンダー以外不要なので、非表示にしていきます
* 右のTODOを閉じる
* 「多週」表示のタブを選択
* カレンダーツールバー非表示:メニューの表示から
* カレンダーペインを非表示/表示:メニューの表示から
* 予定などのリスト:サーチのところを☓で閉じる
 戻すには、メニューから[予定とToDo]-[予定を検索]
ラベル:Debian Lightning
posted by 端っこなひと at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Debian Jessie 64bitへのSkypeクライアントのインストール

Debian jessieの64bit版へSkypeクライアントをインストールしたメモです。
Debian Wikiにかかれている手順通りで問題なくインストールできました。
$ sudo dpkg --add-architecture i386
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude install libc6:i386 libqt4-dbus:i386 libqt4-network:i386 libqt4-xml:i386 libqtcore4:i386 libqtgui4:i386 libqtwebkit4:i386 libstdc++6:i386 libx11-6:i386 libxext6:i386 libxss1:i386 libxv1:i386 libssl1.0.0:i386 libpulse0:i386 libasound2-plugins:i386
$ wget -O skype-install.deb http://www.skype.com/go/getskype-linux-deb
$ sudo dpkg -i skype-install.deb

Skypeは32bit版しかバイナリがないので、i386のパッケージも必要になるようです

■設定ファイル/ログファイル
以前のPCから~/.Skype以下をコピー

ラベル:Debian
posted by 端っこなひと at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

VirtualBoxのイメージをエクスポート/インポート

VirtualBoxのイメージを他のマシンに移動されたいのでエクスポート/インポートしましたのでメモしてきおきます。
1. VirtualBoxマネージャーを起動
2. メニューの[ファイル]-[仮想アプライアンスのエクスポート]
3. イメージを選択して、エクスポートをクリック


■参考
* よしいずの雑記帳「VirtualBox 4.1 における仮想マシンのエクスポートとインポート」
* MARU's Blog「VirtualBoxバックアップ(仮想アプライアンス)」
posted by 端っこなひと at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

HDDがBIOSで認識されず「Can't Detect TPM Device」

デスクトップPCのHDDが突然BIOSから認識されなくなりました。

その日も普通に使っていて、シャットダウンして、続きをしようと起動した時にはすでに認識しなくなっていました。特に調子が悪いという兆候もなかったので驚きました。

"Can't Detect TPM Device"というメッセージで、進めても、カーソルが点滅するだけです。
ケースを開けてHDDを外に出してから、もう1度繋いでみましたが、電源を入れると回転音らしきものは聞こえます。

2009年購入のPCですので、そろそろHDDが壊れてもおかしくはないのですが、Seagateの"ST3500320AS"で調べるとHDDのファームウェアの不具合の可能性もあるようです。

* kan_nyo blog「SeagateHDDファームウェア不具合で認識しない」
* Gigazine「Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明」

Seagateの保証の確認ページで調べると「Out of Warranty」とのことで(予想通り)保証は切れていました。

ファームウェアを更新した記憶はないので、更新しておけば、防げたのかもしれません。
メインマシンではないので、ほとんどデータはなく、バックアップもとっていました。ただ、去年勉強会で撮影したビデオデータはバックアップしなかったのは失敗でした。

データ救出の可能性もあるのでしょうが、業者に頼むと高そうですし、私のスキルで頑張るのは難しそうなのであきらめることにしました。

ちなみに、最初はBIOSで認識されていないことに気が付かず、
「コマンドプロンプトからWindowsを復旧する4つの方法 (Vista/7/8/8.1)」などを参考に、
Windows7のインストールDVD(TechnetのISOイメージ)から調べていました。
修復する->コマンドプロンプトで、
>bootrec /fixboot
をして要素が見つかりません、と怒られて、
>diskpart
>list disk
>list volume
でメインのハードディスクがいないことに気が付きました。

出費は痛かったのですが、SSDが随分安くなっていましたので、これを機にSSDにしてみました。


ラベル:ハードウェア
posted by 端っこなひと at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

VirtualBoxでVMWareイメージを使う

数年前に利用していたVWMVare Player(Serverだったかも)のイメージをVirtualBoxで起動してみたときのメモです。
VirtualBoxで新しい仮想マシンを作って、VMDKファイルを割り当てることで利用できました。

1.VirtualBoxにて、「新規ボタン」をクリック
 メモリはVMWareで設定していた容量に合わせる(.vmxファイルに書いてある)
 「仮想ハードドライブを追加しない」にして作成する

2.ストレージの設定
 「ストレージ」タブで、コントローラーIDEを右クリックして「ハードディスクを追加」を選択する
 「既存のディスクを選択」->vmdkファイルを選ぶ
Webで調べている際にSCSIディスクを選ぶという説明をみかけましたが、IDEを選択しないとダメでした

3. その他の設定
 「システム」タブの「拡張機能」でI/O APICを有効化にチェック
  これがないと起動してこなかったです

なお、VMDKファイルを他にコピーして試した際には、ハードディスクを追加しようとすると「UUDI already exists」となって追加できませんでした。UUIDを変更すればいけるのかもしれませんが、元ファイルでうまくいったために試していません。

参考:VMware Player to VirtualBox for Windows7 移行メモ

posted by 端っこなひと at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

Vimでiso-2022-jpのファイルを編集する

Vimでiso-2022-jpのファイルを開いた時に自動的に認識せずに文字化けしました。いつも忘れてしまうのでメモしておきます。
.vimrcでは文字コードを以下のように設定していました。
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=utf-8,iso-2022-jp,euc-jp,ucs-2le,ucs-2,cp932

以下のようにすると認識して編集できました
:e ++enc=iso-2022-jp


ついでに、:help fileencodingsなどをみつつ、.vimrcの設定を見直しました。
set encoding=utf-8
set fileencodings=ucs-bom,utf-8,iso-2022-jp,euc-jp,ucs-2le,ucs-2,cp932

参考
Vimの文字コード関連
Vim: 文字コードがiso-2022-jpのときは。。。

posted by 端っこなひと at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする